« 不穏なエッセイマンガ『今日を歩く』 | Main | アメコミ邦訳は今どうなっているのか:バットマン編 »

March 22, 2015

『鼻紙写楽』はまちがっている

 日本でもっとも絵がうまいマンガ家にして、きわめて寡作。オビに「伝説」と書かれる一ノ関圭の新作がついに発行されました。

●一ノ関圭『鼻紙写楽』(2015年小学館、1800円+税、amazon

鼻紙写楽 (ビッグコミックススペシャル)

 連載されたのは不定期刊だった小学館の雑誌「ビッグコミック1(ONE)」。2003年から2009年にかけての連載も不定期でした。雑誌休刊とともに連載は中断されていましたが、連載一回分が描き下ろされ、2002年に描かれた10ページの短編「初鰹」を加えて単行本化されました。単行本編集・企画としてビッグコミック1の編集長だった佐藤敏章の名がありますね。

 わたしが雑誌休刊時に描いた記事はコチラ。→(

 堪能しました。超絶的な絵のうまさ、マンガ的な人物造形の色気、これでもかという考証と歴史を絡めて練られたストーリーの妙、緻密な構成と演出、どれをとっても一級品です。

 しかし。

 連載一回一回がとんでもない濃密さですばらしい仕上がりなのに比して、全体を通して読むと、このアンバランスさはどうしたことか。

 これは本作が未完であるのに、全体の構成をやや無理に改変して刊行したせいでしょう。本書の章立ては連載時とは異なり、エピソードが時系列になるように変更されています。でも雑誌連載で読んでたわたしにいわせていただければ、ここはどう考えても、発表順に読んだほうがよいと思われるのですよ。

 以下、ストーリーや謎に触れます。




























 雑誌連載第一回は「卯の吉その二」です。上方から江戸に出てきた絵師・伊三次と、威勢のいい芝居茶屋の娘が出会います。彼女には徳蔵という幼い弟がいますが、彼が誰かもわからない。背景にあるのは、寛政の改革による芝居や出版への弾圧。

 連載第二回が雑誌に掲載されたのはその半年後。本書では「卯の吉その三」。

 幼い徳蔵は五代目市川団十郞の子供であり、小海老の名を持っていることが明かされます。調べてみるとわかりますが、徳蔵が六代目団十郞ですね。徳蔵はかつて誘拐されたことがあり「心に傷」を負っている。いっぽう、伊三次といい仲になっている芝居茶屋の娘・ひわは、じつはすでに結婚しているらしいことが匂わされます。

 連載第三回の掲載はさらにその半年後でした。本書では「卯の吉その一」。徳蔵の付き人、卯の吉による回想。彼の目から見た徳蔵の姿が描かれます。

 この回で初めて、徳蔵が誘拐されたとき、男性の陰部を傷つけられたことが明らかにされます。さらに「ひわ」の名はじつは「りは」であり、五代目団十郞の娘。芝居茶屋に嫁いでいることもはっきり描かれました。

 つまり連載時には、人間関係や徳蔵の事件の真相が小出しにされ、読者の前にじわじわと明かされていったのです。これぞ構成の妙、マンガを読む楽しみ。ところが単行本化で変更されたエピソード順では、こういう事実や人間関係は冒頭の「勝十郎その一」ですべて語られています。それなのに、後の章でこういうじっくりした謎解きを読まされてもなあ。

 以下、連載では、徳蔵の役者としての才能の発露や、父親・五代目団十郞との微妙な関係、伊三次が写楽として開花していく過程がじっくりと描かれ、さてお話は過去へ。

 連載第七回ではエピソードは過去にさかのぼり、同心・綴(つづり)勝十郎が主人公となります。徳蔵の誘拐事件が描かれ、第八回で勝十郎は、田沼意次と松平定信の政治的暗闘に巻き込まれます。

 描き下ろしとして描かれた部分を含めたこの三回、「勝十郎その一、その二、その三」はミステリとしても読める、もっともおもしろい部分です。とくにこの部分で主人公となる勝十郎は、御家人からドロップアウトして芝居小屋で笛を吹いているけど、腕も頭も切れる男。時代劇ヒーローとして完成されてますね。連載時、彼の姿は雑誌表紙も飾りました。

『鼻紙写楽』は実質、描き下ろしの「勝十郎その三」で未完のまま終了しています。勝十郎が主人公の部分を冒頭に置くという単行本の構成では、読者は主人公らしい主人公である勝十郎が出てこないまま(一瞬だけちらっと出てきますが)、時間的にはその後となるエピソードをずっと読み続けることになります。時系列としては正しいが、マンガの構成としては、やっぱりこれはおかしい。未完なんだから未完のまま、読者にあずけてもいいのじゃないか。

『鼻紙写楽』を読むかた、読み直されるかたは、ぜひとも、連載時と同様の順番で読み、最後に七代目団十郞の出生の秘密を明かす短編「初鰹」を読むことをおすすめします。

 本書では語られなかったいろいろなこと、写楽がいかに写楽になっていくか、六代目団十郞がどのように成長していくか。わたしたちはそれらを読める日が来るのか。読者としては気長に待つだけです。

|

« 不穏なエッセイマンガ『今日を歩く』 | Main | アメコミ邦訳は今どうなっているのか:バットマン編 »

Comments

 圧倒されました。画力、ストーリーテリング、そして、登場人物の造形(外見、性格全て)の素晴らしさ。続きが読みたい。読める日がかならず来る。そう信じたいところです。
 ご指摘通り、なんで勝十郎を先に持ってきたのか。寫楽の登場をヒキたかったからでしょうか。

Posted by: 藤岡真 | April 04, 2015 at 09:54 AM

読みました。
単行本の時系列の順序だと勝十郎は「前半の主人公」扱いで「後半の主人公」は徳蔵と写楽に思えます。
ですから作中の白眉といえる場面は、元旦の徳蔵の踊り(P.326~)に感じます。実はそれはそれで悪くない。
踊りの「動きの迫力」をこれだけ描けた絵はひさしく見たことがありません。直前にライバルの小紅の可愛らしい踊りをそこそこ上手に描いておいて、その後に荒事のように迫力満点の踊りの描写。まるで団十郎の名跡を継ぐ徳蔵の布石のようです。
連載での順序はストーリーテリングの妙といって差し支えないでしょう。
単行本化にあたって、この掲載順に変えたのは六代目団十郎と写楽の成長と短い活躍を描きたかったのではないかと。まさに芸事の花が咲いてぱっと散るかの如く。
元は芝居小屋の笛吹にして、前身はキレモノの見習い同心、今は芝居茶屋の主、寝取られ「勝十郎」は最後の最後に大トリを取るべくキレモノ振りを発揮して再登場するのではないでしょうか。
ともあれ続きを読みたくてこの後を十年単位でやきもきしなくてはいかんのですねえ。

Posted by: トロ~ロ | April 11, 2015 at 08:02 PM

突然失礼します。手塚賞受賞の情報が載ってませんでしたので。

R25というHPに、「「手塚治虫文化賞」は『よつばと!』と24年ぶりの最新作“幻の漫画家”が描く『鼻紙写楽』ってどんな作品?」というタイトルで。2016.05.01

4月27日、「手塚治虫文化賞」第20回受賞作が決定。今回のマンガ大賞は、『鼻紙写楽』(著:一ノ関圭)と『よつばと!』(著:あずまきよひこ)の2作品だった。

小学館によると、(『鼻紙写楽』)現在、続編の執筆が進んでおり、『ビッグコミック増刊号』で秋ごろ掲載される予定とのこと。

・・・楽しみに待ってます。

Posted by: 吉田精一 | September 09, 2016 at 10:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38336/61319874

Listed below are links to weblogs that reference 『鼻紙写楽』はまちがっている:

« 不穏なエッセイマンガ『今日を歩く』 | Main | アメコミ邦訳は今どうなっているのか:バットマン編 »