« 年末マンガベストテン読み比べ | Main | ベルギーの韓国人『はちみつ色のユン』 »

December 30, 2014

『描かないマンガ家』のラストはこれでいいのかっ

 すごく楽しみに読んできたマンガ家マンガが全7巻で完結。

●えりちん『描かないマンガ家』7巻(2014年白泉社、648円+税、amazon

描かないマンガ家 7 (ジェッツコミックス)

 マンガ系専門学校に通い、マンガと夢を熱く語る、器根田刃(きねだやいば)先生。言葉と態度はエラソーですが、なまけ者なのでマンガはいっさい描こうとしないという、器根田先生の物語も最終巻となりました。

 マンガ家志望でマンガについていろいろと語るけど、実際にはネームすら描こうとしない主人公。しかし彼の言動が周囲のマンガ家志望者のいろんな問題をすべてハッピーに納めるという、アクロバティックな展開がとんでもなくすばらしい作品でありました。

 マンガを描こうとしないマンガ家志望者なんか、世間にはヤマのように存在するのだとは思いますが、その「描かない」というところに、あえて価値を見いだしたのがこのマンガでした。描かないくせにエラソーに語るやつとは、オレか? オレのことか? とまあ、漫棚通信としてはちょっと冷静には読めないところもありましたしね。

 ところが、これまでの展開で追いつめられた主人公、6巻ラストでついにペンを握る。で、最終7巻のオビにあるように、この最終巻で読者の興味は最大限に高まるのでした。「描かない漫画家は、漫画を描いたのか? 描かなかったのか? 衝撃展開の最終巻!!」

 以下、ネタバレ。










 主人公は、マンガを描きます。しかもきちんとまじめに。

 マンガ家は描いてナンボだろう、という作者の主張が強く出た巻です。長編がきれいにおさまりました。しかし。それは読者の求めるものなのか。きちんとしてるけど、あまりにフツー。

 主人公はマンガを「描かない」。あたりまえですが、一般的に描かないことは悪いこと。しかしこのマンガでは、描かないことにある種の価値があるように見せてくれました。それはおそらく幻想であり妄想でギャグです。でもそれを読者は楽しみに読んでたのですよ。読者のほとんどが「描かない」ひとたちだったから。

 わたしも「描かない」ひとだからこそ、あえていわせていただきましょう。本作のオチのつけかたは何通りも考えられると思いますが、「描かないマンガ家」がマンガをマジメにかいてどうするっ。このラスト、考え得る限り、最低から二番目の展開です。最低はもちろん、描かない器根田先生が落剥して死んでしまうバッドエンディングね。

 わが家では、器根田先生が描かないまま、海外で大々的に成功するラストを予想したりしてました。海外には日本マンガとは全然別の価値観があるから、器根田先生が生きる余地があるかもしんない。成田じゃなくて羽田で、主人公が乗った飛行機を見送る友人たちが見たかった。とまあ描かない読者は勝手なことをいうわけです。

|

« 年末マンガベストテン読み比べ | Main | ベルギーの韓国人『はちみつ色のユン』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38336/60888674

Listed below are links to weblogs that reference 『描かないマンガ家』のラストはこれでいいのかっ:

« 年末マンガベストテン読み比べ | Main | ベルギーの韓国人『はちみつ色のユン』 »