« July 2014 | Main | September 2014 »

August 31, 2014

色があったりなかったり

 現代日本マンガは、おもにモノクロで描かれモノクロで印刷されています。 

 日本でもかつては、主流ではないにしろマンガが四色三色二色で印刷されていた時代もありました。しかしマンガ週刊誌時代となり、安価で粗雑な紙で分厚い雑誌+モノクロ印刷、という選択をした結果、日本マンガは多くのページを獲得し、特殊な発展を遂げます。

 コマ構成の複雑化、大ゴマの多用、スクリーントーンなどのモノクロ表現の先鋭化、ひとつのシーンに多くのコマを使用する演出、などです。これにより日本マンガは長大なページ数で大長編ストーリーを展開することが可能になったのです。

 そして新書判ブームが到来します。かつて雑誌で読み捨てられていた多くのマンガは、新書判単行本としてよみがえりました。しかし、そのとき、雑誌連載中の「色」は捨てられることになりました。

 雑誌連載マンガにも少しは四色ページや二色ページがありましたが、それは新書判単行本で再現されることはなく、モノクロで印刷されました。雑誌同様、単行本でも安価な商品を多く売ることをめざした日本マンガは、原作品の色を捨て、以後いつのまにか、読者も出版社もそれを当然として受け入れていったのです。

 しかし最近は、ネット上の作品では色があってあたりまえです。海外のカラーマンガの邦訳を目にすることも多くなり、日本でもカラー作品が増えてきたように思います。日本マンガが長らく忘れていた「色」は復権しつつあるのじゃないか。

 ところが出版社の意識はあいかわらず低い。この春まで朝日新聞に連載されていた安野モヨコ『オチビサン』は、カラーであることが売りでしたが、2010年11月14日掲載ぶんは岡山・四国版にかぎって、カラー掲載じゃなくてモノクロ掲載されました。

 岡山・四国版を印刷していた印刷機の能力が低くて、この日は広告をカラーにした結果、『オチビサン』をモノクロ印刷にせざるを得なかったそうです。他の地域と同じ新聞代金を払っている読者としては、どうも納得できない話ではあります。マンガなんかモノクロでいいじゃないか、という考えかたが透けて見える。ちなみにこの回は「紅葉」がテーマの作品でした。

 また朝日新聞に連載された怪獣小説、宮部みゆき『荒神』の挿絵はこうの史代が担当していました。この挿絵、原画はすべてカラーで描かれていましたが、連載中はほとんどモノクロ掲載され、たまーにカラー印刷される程度。

 まあしょうがないかなあ、と考えておったのですが、なんと挿絵を全収録した『荒神絵巻』が発売されちゃったじゃないですか。

●こうの史代/宮部みゆき『荒神絵巻』(2014年朝日新聞出版、1200円+税、amazon

荒神絵巻

 つまりそれを買えば、全挿絵がカラーで見られる。これって新聞連載小説の読者は「色のない」不完全版を見せられてたってことです。完全版が見たければ単行本を買え。これも何か納得できない。

●村上もとか『フイチン再見』3巻(2014年小学館、552円+税、amazon

フイチン再見! 3 (ビッグコミックス)

 村上もとか『フイチン再見』は3巻ハルピン編になって、おもしろさのギヤが一段上がった感じです。

 この巻には友人のツルが上田としこをモデルにして描いた肖像画が出てきます。

 ところが雑誌連載ではカラーであっただろう美しいこの絵(写真?)、物語の中でも重要なエピソードであるこの部分が、日本マンガ単行本の慣習に従って、みごとにモノクロ印刷なのですね。こちらは逆に「色のある」完全版が見たければ、雑誌を買えってことなのか。ふんっ。

●唐沢なをき『オフィスケン太』3巻(2014年中央公論新社、800円+税、amazon

オフィス ケン太3

 四コママンガ『オフィスケン太』は読売新聞夕刊にカラー連載中。それをまとめた1・2巻は中央公論新社から、約140ページ、オールカラーで発売されました。

 ところがっ、第3巻はっ、同じ造本、同じデザイン、同じページ数、お値段据え置きでっ、カラーは16ページだけ。ほとんどがモノクロ印刷となってしまいました。

 うわぁ、びっくりした。おかげで、カラーを利用した渾身のネタ、お正月にちぎり絵でマンガを描こうとしてさあ大変、とか、節分の鬼に仮装しようとしてまるで高木ブー、などがワケわからなくなってる。

 出版不況で大変なのはわかりますが、こういう出版は、読者、作者、出版社、三者ともに不幸になるからやめましょうよ。日本の貧しいマンガ状況はまだまだ続いているのね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 24, 2014

スーパーヒーローのセックス『ミラクルマン』

 現代最高のコミックス・ライターであるアラン・ムーア。彼のイギリス時代の初期代表作品が、『Vフォー・ヴェンデッタ』と『ミラクルマン』です。

 彼はこの二作で有名になりアメリカに招聘され、ついにあのオールタイムベスト『ウォッチメン』を書くことになるのですね。

『Vフォー・ヴェンデッタ』のほうがウォシャウスキー兄弟によって映画化され、ガイ・フォークス仮面も時代を超えて生き残ってるのに対し、『ミラクルマン』は長らく幻の作品でした。

 もともとイギリスで『マーベルマン』というタイトルで発表されていたところ、マーベルから抗議を受けることになり、さらに発行誌が倒産してしまう。権利がアメリカの出版社に売られ『ミラクルマン』というタイトルに変更されますが、さらにその出版社も倒産して、宙に浮いた権利をトッド・マクファーレンとニール・ゲイマンが争って泥沼状態に。結局この間『ミラクルマン』は再版されることなく、名のみ高い作品として読者の前から消えた作品となっていたのです。

 しかし近年、権利関係がマーベル・コミックスに収斂され、ついに本年5月『ミラクルマン』がアメリカで復刊されました。で、即、邦訳されたのがこれ。

●ザ・オリジナル・ライター/ゲイリー・リーチ/アラン・デイビス『ミラクルマン』1巻(市川裕文・秋友克也訳、2014年ヴィレッジブックス、2600円+税、amazon

ミラクルマン BOOK ONE:ドリーム・オブ・フライング (MARVEL)

 著者名がアラン・ムーアじゃなくてザ・オリジナル・ライター(ザじゃなくてジだろうというツッコミ多数)という謎の人物になってるのは、原著でも同様です。ムーアは以前からマーベルとケンカしてて、今度も自分の名前を出すのがよっぽどいやだったらしい。

 作品の成り立ちから語りますと、アメリカでマンガ『スーパーマン』が誕生したのが1938年。そのパチモンである似たようなマンガ『キャプテン・マーベル』の誕生が1940年。やせっぽちの少年が「シャザム」と魔法の言葉を唱えることで、筋骨隆々たる無敵の超人キャプテン・マーベルに変身する物語でした。

『キャプテン・マーベル』は1945年にイギリスに輸入され大人気となります。ところがアメリカでは『スーパーマン』側から似すぎてないかいと訴訟になり、結局『キャプテン・マーベル』は1954年に終了。アメリカでは昔からねんじゅうこんなことやってますね。

 あわてたイギリスの出版社では、さらにパチモンを制作。『キャプテン・マーベル』の登場人物をそのまま踏襲した作品を制作し始めます。これが『マーベルマン』でした。設定はまるきり同じで、登場人物名やコスチュームがちょっと違うだけ。空も飛べるし、時間も超えられる。悩むことのない古典的スーパーヒーローです。

 この牧歌的世界のヒーロー、マーベルマンも1963年には終了します。これを復活させたのが、1982年のアラン・ムーアによる『マーベルマン(ミラクルマン)』でした。あー、説明がめんどくさいったら。

 さて過去作品のちゃぶ台返しが大好きなアラン・ムーアによる新生ミラクルマンは。

 しょぼい中年男として普通の生活を送っていたマイク・モランは、ある日自分が無敵の超人ミラクルマンに変身できることを思い出します。復活した彼の最初の敵は、かつての仲間、キッド・ミラクルマンでした。ミラクルマンがいなくなった世界で唯一の超人であるキッド・ミラクルマンは、自分が世界を征服することも可能な存在であることを悟っていました。ミラクルマン復活を知ったキッド・ミラクルマンは……!?

 とまあアラン・ムーアによるヒーロー世界は、彼のキャリア最初っからこんな感じ。フィクションの産物であるスーパーヒーロー、あるいは彼らが存在する世界を、もういちどリアル世界から考察しなおすと、能天気な世界観とは遠く離れたものにならざるを得ない。結局1980年代以降のアメコミは、すべてムーアと同じことをしようとしてるわけで、ムーアがどんだけ時代に先行してたか。

 本書ではミラクルマンの変身についても設定が変更されました。前後で肉体の質量が異なる「変身」は、異次元の自分との肉体交換とされました。となると、マイク・モランとミラクルマンは記憶を共有する同一人物のように見えて、肉体的には別人物、らしい。

 でもってですね、本書でマイク・モランはミラクルマンに変身中に妻とセックスして、妻は妊娠してしまう。

 さて、この子はマイク・モランの子なのか、ミラクルマンの子なのか。遺伝子的にはどうなのか。マイク・モランである自分は生まれてくる子を自分の子供として受け入れるべきなのか。

 うっわぁ、何だろ、スーパーヒーローにしてこの現代人的小市民的悩みは。

 これこそアラン・ムーアです。現代的スーパーヒーローの物語。第2巻はアメリカでも本年10月発売予定ですから、本書はできたてのほやほやといえなくもない。第1巻での作画担当はゲイリー・リーチ。『ウォッチメン』のデイブ・ギボンズもそうでしたが、アラン・ムーア作品には堅実で地味、正確な描写が合うような気がします。こういう絵は現代の日本マンガにはあまりないので、かえって新鮮です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2014

十一周年

 わたしがネットで漫棚通信と名のって文章を書き始めて、本日でまる11年となりました。

 11年前といえば、ちょうどネット上でウェブログがブームになりだしたころ。今、ブログはツイッターやフェイスブックにおされて勢いがなくなってますが、ある程度まとまった文章を書くには、このサービスはなかなか捨てがたいです。とりあえずココログはスパムコメントをブロックするもっとよいシステムを作るように。

 持ち家を手に入れて書庫を作ったのと、仕事が少しヒマになったのをきっかけに始めたネット上の文章書きが、ここまで続くとは思いませんでした。ビッグコミックスピリッツにもコラムを書かせていただいたしね。ちょっと感慨深い。

 最近、私生活上はここ10年でいちばん忙しくなっています。ただしこれをブログ更新回数が減った理由にしてはいけませんね。わたしの人生でいちばん仕事が忙しかった25年くらい前、夜中まで仕事して、その後ドラクエ(初期1・2・3をイッキにプレイしてました)をえんえんとやって、睡眠三時間でまた仕事、てなことをくり返してた時期もあるわけですし、忙しければ忙しいほど、ほかのことをしたくなるのは人間のサガのはず。

 11年もやってますとやっぱり変化があるわけで、一番の問題は読書スピードががっくりと落ちました。理由は老眼です。

 若いかたには想像もつかないと思いますが、老眼はほぼ全員に、ある日突然やってきますので覚悟しておくように。文庫サイズのマンガは読めません。新書判でもきつい。小畑健なんかとんでもない。

 さらに年齢のことを考えると、積ん読になってるいろんな作品にそろそろカタをつけてやらなきゃならない。しかし最近もわたしがマンガにつかってる金額と購入量は以前とほとんど変わりません。どうすんだこれ。いつまでもあると思うな親と読む時間。

 この先もいろんなことがあるでしょうが、このブログは、だらだらと続けていくことになると思います。今後もお気が向いたときにのぞいてみてください。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 07, 2014

続・ホノオモユルの本棚

(このエントリは「ホノオモユルの本棚マンガ全チェック」)の続きとなります)

 ドラマ内の山賀博之の部屋には雑誌「POPEYE」しかないんですよね。彼はアニメやマンガ関連の本を全然持ってなくって、こういう細部もおもしろいっす。

 さてTVドラマ「アオイホノオ」も第2話、第3話と放映され、ホノオモユルの本棚の詳細も明らかになってきました。まあどうでもいいネタなんですが、乗りかかったフネといいますか、わたし以外に調べてる人もいないみたいなので。

 ホノオの本棚は三つ。机の右にある背の高い青色のスチール本棚と、ベッドの頭方向にある大きな木の本棚。さらに青の本棚とはテレビをはさんでに右にある背の低い三段の本棚。

 このうち青い本棚にあるマンガはかなり判明してきました。

0001

●横山光輝『バビル2世』1~10巻、12巻/全12巻
●永井豪『マジンガーZ』全4巻揃い
●石井いさみ『750ライダー』4冊

 画面に映ってる下の段の左の方はすでに前回のエントリに描きました。右にあるのはこれ。

●コンタロウ『1・2のアッホ!!』2~6巻/全10巻

『マジンガーZ』は全巻揃いですが、『バビル2世』は11巻だけが欠け。惜しいなあ。ホノオのマンガの集め方がよくわからん。

(※ おおっと、この「バビル2世」12巻は平成7年=1995年初版で、このドラマの時代には存在しなかったことをコメント欄で教えていただきました。オーパーツかっ!?

 石井いさみの『750ライダー』は「ナナハンライダー」と読みます。最初はケンカマンガだったのですが、そのうちにほのぼの恋愛喫茶店うだうだマンガに変化して長期連載となりました。『1・2のアッホ!!』はホノオの蔵書としては珍しくギャグマンガ。1970年代はギャグマンガが隆盛した時代だったのですが、ホノオくん、そっち方面のマンガが少ない。

0002

●石森章太郎『マンガ家入門』

 下段にある『マンガ家入門』は、ドラマ本編でもトンコさんが振り回してましたね。

0003

●横山光輝『マーズ』全5巻揃い
●あだち充/やまさき十三『ああ!青春の甲子園』1・2巻/全7巻

 最上段にあるのは横山光輝『マーズ』。珍しく全巻そろってます。その右はあだち充が「週刊少女コミック」に描いた野球マンガ。じつはこういうタイトルのマンガは存在せず、1・2巻には『初恋甲子園』が収録されてます。その向こうには『ああ!青春の甲子園』の続巻が並べているみたいなのですが、はっきり見えません。もしそうならやはり少女コミックに連載された『泣き虫甲子園』が収録されている部分となります。

0004

 ベッドの枕元、木の本棚には前回のエントリで書いたように講談社文庫版『巨人の星』が並んでます。

 その下段、左にはこれ。

●石森章太郎『サイボーグ009』

 すっごくわかりにくいですが、複数の場面からこれは秋田書店サンデーコミックス版『サイボーグ009』と見ました。サンデーコミックスは後年まで続巻が発売されたうえ、今でも買えてしまうのがすごい。

●手塚治虫『鉄腕アトム』
●手塚治虫『ビッグX』3冊/全4巻

 右の方にあるのはサンコミックス版の『鉄腕アトム』。手塚のまえがきマンガが描き加えられた、当時の決定版です。ただしもちろん全巻揃いではありません。その右は秋田書店サンデーコミックス版の『ビッグX』。

 その右の2冊はすみません、本を特定できませんでした。さらにその右はB6判くらいなのかなあ、『宇宙戦艦ヤマト』が2冊。

 松本零士のマンガ、サンデーコミックス版でもなく、ひおあきらのサンコミックス版でもなく、マンガじゃないようにも思います。これもよくわかりませんでした。

●水島新司『ドカベン』

 その下段には週刊少年サンデーが並んでますが、その右にあるのは少年チャンピオンコミックス版『ドカベン』。やはりこの時代を代表する作品。

0005

●月刊「マンガ少年」

 そして少年サンデーの下段に並んでいる雑誌は、朝日ソノラマの月刊誌「マンガ少年」です。

 手塚治虫やトキワ荘グループが寄稿して日本戦後マンガを牽引した学童社「漫画少年」、それと同じ名前を冠したこの雑誌は、手塚治虫『火の鳥』を連載するために創刊されたと言われています。

 1976年から1981年まで刊行。当時のマンガファンなら無視できない雑誌で、ドラマでは漫研の部室にも置いてありましたね。じつはわたしも全冊コンプリートしてました。実家の物置に置いておいたところ、「虫がわいた」という理由で全部母親に捨てられたのもいい思い出です(なわけないだろっ)。

0006

 背の低い三段の本棚の中段には講談社少年マガジンコミックス版B5判の『あしたのジョー』がならんでます。これは前回のエントリに書きました。最下段には平積みで、月刊マンガ少年、週刊少年チャンピオン。その右方にも月刊マンガ少年、週刊少年マガジン。ホノオくんの嗜好が少年サンデー系であったことがよくわかりますね。

 ただし注目すべきは上の段。

 TVドラマ第1話では『銭っ子』の3冊が並んでいたのに、この画像を撮影した第3話ではなぜか『ザ・ムーン』1・2・3巻に差し替えられている!?(前エントリの画像と比較してみてください。→) その左にも『ザ・ムーン』の1・2・3巻がありますから、結果ホノオくんは『ザ・ムーン』全6巻のうち、1・2・3巻をダブりで所有していることになります。

 うーん、フィクション内登場人物としてのホノオの行動様式としても奇妙だし、『ハイスコアガール』じゃあるまいし、どこかからのクレームで差し替えたとも考えにくいなあ。謎です。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« July 2014 | Main | September 2014 »