« 似顔絵アメコミ『ダークアベンジャー』 | Main | 続・ホノオモユルの本棚 »

July 30, 2014

ホノオモユルの本棚マンガ全チェック

 TVドラマ「アオイホノオ」おもしろいなあ。これ、わたしだけの感想じゃないみたい。うちの妻と娘は原作マンガは途中で脱落したけど、TVドラマのほうは喜んで見てます。焔燃(ホノオモユル)役の柳楽優弥くんの、眉毛と演技の濃さが気に入ったらしい。

 TVドラマが原作マンガよりも優れているところは、天才・庵野秀明によるアニメや実写作品がいかに主人公をうちのめしたか、それを映像で(コピー作品にしても)まざまざと見せてくれるところ。この部分に関しては、マンガはかないません。

 1980年前後の時代考証や細部も楽しい。まるで出崎統アニメみたいな演出とか。ちょっと違和感あるのは、あの時代、若いお姉さんはまだ茶髪にしてなかったし、ファッションは「ハマトラ」いうてやねえ…… とかいいながら見てましたら、やかましいっと家族に怒られたので、以下ブログに書くことにします。

 第一回にはホノオモユルの部屋にある本棚がちらちらと登場します。1980年ごろのマンガ家志望者の蔵書という設定。

 ひとの本棚を覗くのは楽しいものです。それはある意図を持って集められたもので、フィクションに登場する背景であっても同じこと。で、わたしが確認できた本(ただしマンガ単行本だけ)を全解説。(以下画像はテレビ画面をカメラで撮影したもの。引用のつもりです)

0001

●少年マガジンコミックス版『あしたのジョー』1巻~22巻。

 まず目をひくのがこれ。B5判雑誌形式の総集編『あしたのジョー』です。雑誌連載後、新書判コミックスより早く出版されたので、これで集めた人も多かったでしょう。紙が悪いので、しばらくするとインクがウラににじんでしまい長期保存には向きません。『あしたのジョー』連載終了は1973年なので、ホノオはわざわざ実家から持ってきたのか?

 ただし惜しいのが最終23巻が欠品。ホノオくんはジョーが真っ白に燃え尽きるシーンを持っていないことになります。ダメじゃん。

0002

●ながやす巧/松山善三『その人は昔』

 新書判ですがカラーページが多いという逸品。これも1970年代前半の作品ですね。

 続いて今はなき朝日ソノラマのサンコミックスが並んでます。

●石森章太郎『新・黒い風』1巻/全2巻
●松本零士『ミライザーバン』1・3巻/全3巻
●ジョージ秋山『ザ・ムーン』1~3巻/全6巻
●石森章太郎『闇の風』1・2巻/全2巻
●石森章太郎『ワイルドキャット』3巻/全3巻

 サンコミックスはマニアックなラインナップで人気でした。ホノオくんのマンガコレクションの特徴は、コンプリートをめざさないところ。全巻揃ってるのは『闇の風』だけ。欠けが多すぎです。途中で買うのやめても平気、どころか1巻は無視して途中の巻から買ってるし、2巻がなくて1巻と3巻だけ持ってるし。

●水島新司/花登筺『銭っ子』2~4巻/全5巻
●松本零士『スタンレーの魔女』『復讐を埋めた山』
●石森章太郎『イナズマン』2巻/全3巻
●横山光輝『鉄人28号』1巻だけ
●横山光輝『あばれ天童』1~4巻/全7巻

 大ヒット作『ドカベン』を無視して『銭っ子』を買ってるのは渋い。ただし、最初と最後が欠けてます。

 松本零士の名作、戦場まんがシリーズは、少年サンデーコミックスで全9巻。上の二冊はそのうち第1巻と第7巻にあたります。短篇集だからこういう集め方もありかもしれませんが、うーん、納得いかん。

●松本零士『銀河鉄道999』8冊

 さらに。ヒットコミックス版の『銀河鉄道999』は、左から7・8・9・10・7・10・5・6巻。おおっと、ダブリが二冊も! 貧乏学生にとってはダブリはつらいと思いますが。

0003

●石森章太郎『章太郎のファンタジーワールド ジュン』
●石森章太郎『サイボーグ009 その世界』
●手塚治虫作品集(2)『ジャングル大帝』

『ジュン』と『サイボーグ009』はともに朝日ソノラマから出た豪華本。さすがホノオは石森に傾倒してますね。箱入りの文民社版手塚治虫作品集は全4巻でしたが、『ジャングル大帝』だけでも手もとに! というホノオの欲望が見えるようで楽しい。ただしこのころはすでに安価な講談社全集版がフツーに入手可能でした。

 それにしてもホノオくん、アニメの設定集などはともかく、キネ旬やアラン・ドロンの写真集なんかも買ってたのね。

0004

●石森章太郎『ロボット刑事』全3巻
●横山光輝『鉄人28号』カバーなし、巻数見えず。
●旧講談社漫画文庫版『巨人の星』17巻まで?

『巨人の星』は1970年代に出版されてた旧の講談社漫画文庫ですね。ただしこの旧版も全19巻なので、全巻揃いかどうかちょっとあやしい。

0005

●永島慎二『漫画家残酷物語』

 ホノオの机の向こうに一冊だけ挟まってるのがこの本。ただしこれがちょっと謎なんですよ。

 永島慎二の名作『漫画家残酷物語』はいくつかの版が出版されてきましたが、この時代に入手可能だったのは、新書判サンコミックス版全3巻と小学館文庫版全4巻だけだったはず。これ、どっちでもなさそうなんだよなあ。どなたかわかるかたがいらっしゃれば、教えてください。

0008

●横山光輝『バビル二世』1巻~
●大都社「コミックヒーロー ビッグヒーロー8大全科」
●秋田書店「別冊プレイコミック ビッグまんがBOOK 帰ってきたヒーロー特集号」

「コミックヒーロー」は、季刊雑誌の形で刊行されてた古いマンガのアンソロジー。手塚治虫『火の鳥』、赤塚不二夫『天才バカボン』、松本零士『光速エスパー』などが再録されてました。

「ビッグまんがBOOK 帰ってきたヒーロー特集号」のほうは新作。雑誌プレイコミックによる「帰ってきたヒーロー」という連載企画を一冊にまとめたもの。

 終了した過去のマンガヒーローがいろいろと登場して、帰ってきた伊賀の影丸とか、帰ってきたストップ!にいちゃんとか、楽しい企画でした。目玉作品は、石森章太郎による帰ってきたサイボーグ009と松本零士の帰ってきた宇宙戦艦ヤマト。こりゃホノオは買うよなあ。

●手塚治虫『鳥人大系』
●手塚治虫『紙の砦』
●手塚治虫『日本発狂』
●聖悠紀『忍者キャプター』巻数不明/全2巻

 手塚の三冊はすべて大都社版。ホノオくん、大都社ファンです。聖悠紀『忍者キャプター』はTV特撮番組のコミカライズ。

 まあホノオが持ってる単行本は、1980年ごろのマンガというよりおおむね1970年代マンガが多いですね。もちろんホノオは、「今」のマンガは雑誌で追っかけてるわけです。

     ◆

 さて、ホノオの本棚にないものを少々。まず少女マンガが見あたらない。1980年ごろ、萩尾望都ブームは一段落してましたが大島弓子は『綿の国星』連載中。

 さらに当時はいわゆる「三流エロ劇画」がブームでした。ひとり暮らしの大学生、しかもマンガ家志望者の部屋に「エロトピア」「エロジェニカ」「大快楽」の一冊ぐらいあってもいいと思うぞ。

 そしてマンガ史的に1980年代はニュー・ウェーブの時代。舞台が関西なんだから「漫金超」は持っててもいいよなあ。そしていしいひさいちも。

 雑誌なら、オルタナティブの雄「ガロ」は彼らにとってどうだったんだろ。あとSFとマンガがすごく近かった時代なので「スターログ」も読んでたのじゃないかしら。

(この項続く)

|

« 似顔絵アメコミ『ダークアベンジャー』 | Main | 続・ホノオモユルの本棚 »

Comments

こんにちは。

あの『漫画家残酷物語』、気になってしょうがないので調べてみましたが、結論は出ませんでした。途中経過だけ報告しておきます。

> この時代に入手可能だったのは、新書判サンコミックス版全3巻と小学館文庫版全4巻だけだったはず。

これは

『漫画家残酷物語1~3』 朝日ソノラマ(サン・コミックス) 1967~68
『漫画家残酷物語1~4』 小学館(小学館文庫) 1976

のことですが、他にもう1種類ありました。

『シリーズ・黄色い涙 漫画家残酷物語(全)』 朝日ソノラマ 1975.12

分厚い1冊ものです。さっき気づいたんですが、小学館文庫版が出たのはこのすぐ後なんですね。これじゃ朝日ソノラマはたまりませんね。

件の本は箱入り?のように見えます。でも上記の1冊ものは箱入りだったという記憶はないし、厚みも一致しない。また件の本で使われている字体が、永島慎二本らしくない気もします。自前のレタリング?

もう1冊候補がいます。

『永島慎二遺作集 漫画のおべんとう箱』 青林堂 1974.1

という巨大な本があります。この本は限定500部で人気があったせいか、四分冊の版ですぐに再発されました。

『永島慎二傑作集 漫画のおべんとう箱 1~4』 青林堂 1974.4~12

その第1巻に漫画家残酷物語から雪、狂人、陽だまり、遭難の4作が収録されています。この本の箱の背に自前でレタリングしたのでは?とも考えましたが、厚みがやや違うし、漫画マニアはそんな乱暴なことしそうにありません。

で、結局残った可能性としては、サンコミックス版の1冊にカバーをかけて(売り物のカバーを紛失したから?)、あるいは箱に入れて、その背に自前でレタリングした、というのが一番ありうるケースのような気がします。それは実際に島本氏がそうしたエピソードがあったのか、制作側のスタッフが勝手にそうしたのか、わかりませんが。

コピーで作った私家版などの可能性もありますが、これ以上は制作側にじかに訊くしかないような気がします。いずれにしても、あの字体は永島本らしくない。

参考:
・WOがキライ!by Keisho > 漫画家別コレクション(COMIC) > 永島慎二・コレクション
http://www9.plala.or.jp/keisho/nagashima.html

Posted by: orubhatra | August 11, 2014 11:02 PM

>orubhatraさま
くわしい書誌、ありがとうございます! やはり背表紙の書体があやしすぎますね。ドラマではあまりにこっそり置かれてますし、存在しない本かも。

Posted by: 漫棚通信 | August 16, 2014 09:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ホノオモユルの本棚マンガ全チェック:

« 似顔絵アメコミ『ダークアベンジャー』 | Main | 続・ホノオモユルの本棚 »