« May 2014 | Main | July 2014 »

June 23, 2014

最悪の美しきホラー『かわいい闇』

 表紙イラストでネタを明かしてます。

●マリー・ポムピュイ/ファビアン・ヴェルマン/ケラスコエット『かわいい闇』(原正人訳、2014年河出書房新社、2800円+税、amazon

かわいい闇

 出版社よりご恵投いただきました。ありがとうございます。

 原著のBDは2009年に発行されました。作画担当のケラスコエットは男女二人のユニット。そのうちのひとり、マリー・ポムピュイが考えたお話に、別の作家ファビアン・ヴェルマンが参加してつくりあげたシナリオ。つまり計三人がかかわっています。

 表紙イラストをご覧ください。マンガタッチで描かれたかわいい女の子が野草の葉っぱの上に乗っかってます。野草とのバランスを見ると、この女の子はそうとうに小さい。妖精? その奥にはリアルタッチで描かれた少女が眠っている。

 いやはっきりいいますと、このリアル少女は眠っているのではありません。森の中で死んでいるのです。

 出オチじゃありません。ここからの展開がすごいったら。

 小少女の名前はオロール。死んでいる大少女の名前もオロールです。小少女は、大少女の死体から這い出てきます。すなわち小少女は大少女の生まれかわり、大少女の死せる精神が凝固して生成された妖精なのです。

 しかも。

 大少女の死体から這い出てきたのはオロールだけではありません。彼女以外にも大勢の妖精たちが現れます。頭や身体の大きさもいろいろ、性格もいろいろ。同じ姿の三人組がいたり、まるきりオモチャの人形みたいな姿の妖精もいます。つまり映画トイ・ストーリーの世界みたいなもの。

 彼女たちすべてが、死せる少女の短い人生経験から生み出された、彼女自身の精神的分身なのです。

 妖精たちは賢く見えたりバカに見えたり、大人に見えたり子供に見えたりしますが、すべて死せる少女の分身。ですからみんな精神的に子供です。子供ですから、無知で無邪気で残酷。そんな彼女たちの行動と運命が読者に衝撃を与えます。 

 この妖精たち、なんと血肉を持った生物として描かれます。最初のショックは妖精の一人が猫に食べられてしまうシーン。次は彼女たちのひとりがウジを食物にするシーン。さらに妖精たちが共食いをするシーンにいたって、読者は平静ではいられなくなるのです。

 この後、物語は森に放置させられた死せる少女の肉体がゆっくりと変化していくのを背景として、妖精たちが森の過酷な自然(鳥やネズミや虫たち)の中で生きていく、そして死んでいく姿を活写していくことになります。さらに妖精たちの内部では権力闘争もおきて……

 描かれているのは自然そのものであり、自然の営為としての捕食であり腐敗であるわけです。頭でそれはわかってるつもりなのですが、マンガ的にかわいらしい外見の妖精たちがそれにかかわると、読んでるほうはどうしても生理的にやーな感じになってしまう。

 しかしいっぽうで本書に描かれた自然、森の四季の移ろいはじつに美しい。本書は読者に対して踏み絵を強いています。あなたはこのマンガ、美しくも恐ろしい妖精物語をどう読むのか。

 わたしにとってはこれまでに経験したことのないような、最悪で最高のホラーでした。傑作。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2014

魔術師ムーアの魔術マンガ『プロメテア』

 現代最高の、というかコミックス史上最高のシナリオ作家アラン・ムーアは、これまでに膨大な作品を書いてきましたが、その作品量に比して邦訳は、少ない。

 20世紀末より10年間、ムーアはアメリカズ・ベスト・コミックスというレーベルで活動していました。邦訳もある『トップ10』や『リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン 』などの娯楽性豊かなシリーズがこれに含まれます。そしてアメリカズ・ベスト・コミックスの久しぶりの邦訳がこれ。

●アラン・ムーア/J・H・ウィリアムズⅢ『プロメテア』1巻(柳下毅一郎訳、2014年小学館集英社プロダクション、3200円+税、amazon

プロメテア 1 (ShoPro Books)

 出版社よりご恵投いただきました。ありがとうございます。

 アラン・ムーアはその風貌(→)もあって、魔術師 Wizard という異名を持っていますが(マジシャンとしても活動してたらしい)、本書はまさに魔術ネタ。悪魔や魔術のウンチクが山のように出てきます。

 1999年エアカーが飛び回る現代のニューヨーク(1999年に描き始められた作品ですが、この世界ではエアカーが標準)。女子大生のソフィーは大学のレポートのため、複数のフィクションに登場する「プロメテア」という同じ名前の女性キャラクターを調べていました。

 18世紀の幻想叙事詩に登場する侍女、20世紀初期の新聞連載マンガの妖精王女、SFパルプ雑誌に書かれたファンタジーの主人公、コミック・ブックで悪漢やナチスと戦うスーパーヒーロー、そしてコミックスは作者が代わりリニューアルされ別のキャラクターが創造されていく……

 そんなとき、ソフィーが夜の街で怪物に襲われる。ソフィーを救ったのはギリシャ戦士ふう甲冑をまとった半裸の女性戦士プロメテア。しかしプロメテアはでっぷり太った中年女性だった……!?

 この後ソフィーが六代目プロメテアを襲名して、お話が転がり始めます。

 J・H・ウィリアムズ3世の絵が華麗。しかもコマ構成が特殊で、すべてが見開き2ページを一単位として、飾られたコマ枠と通常では読み進めないような凝ったコマ割りで形成されています。日本マンガ的読みやすさとは対極で、その結果読者は、暗喩とパロディに満ちた絵をひとつひとつじっくり眺めることになるのです。

 この1巻におさめられている最初のエピソードでは、『プロメテア』の世界は三重構造で成立しています。まず舞台となるのは世紀末のニューヨーク。五人組スーパーヒーローとジョーカーのような悪役が対決する、読者、そしてムーアにはおなじみの狂騒的アメコミ世界です。

 そこに魔術師ムーアの衒学によって登場する魔術世界のサタンの眷属たちと、味方となる(?)魔法使いファウスト。ウンチクや引用が満載ですが、それを大量のセリフや絵に紛れこませるのがムーア流。

 そして主人公プロメテアは「想像世界」からの使者。彼女はサブカルチャー文芸の登場人物であり、すなわちオタクの創造物=想像物。そんな彼女がこの世界の主人公で、最後には物語の力が事件を解決することになるのです。

 さらに。

 最近ではスーパーヒーローたちのベッドインやセックスも珍しくなくなりましたが、本書ではまるまる一話全部、セックスを描いてるというとんでもない章があります。もちろんエロというよりムーア的魔術世界でのセックス解釈で、いやスーパーヒーローもののアメコミでこういうものが読めるとは。

 邦訳第1巻には全36話のうち12話までが収録されています。やっぱアラン・ムーアはダントツにおもしろいなあ。もっとどんどん邦訳してくださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2014

英国人が選ぶ日本マンガベスト150(その2)

 本稿は下記のエントリの続きになります。

漫棚通信ブログ版:死ぬ前に読むべき1001冊のマンガ
漫棚通信ブログ版:英国人が選ぶ日本マンガベスト150(その1)


 ポール・グラヴェット Paul Gravett 編『死ぬ前に読むべき1001冊のマンガ 1001 Comics You Must Read Before You Die: The Ultimate Guide to Comic Books, Graphic Novels and Manga』が選んだ日本マンガ150作、後半をどうぞ。

1001 Comics You Must Read Before You Die: The Ultimate Guide to Comic Books, Graphic Novels and Manga


75 1990年 二階堂正宏 :極楽町一丁目
76 1990年 池上遼一/史村翔:サンクチュアリ
77 1990年 岩明均:寄生獣
78 1990年 相原コージ/竹熊健太郎:サルでも描けるまんが教室
79 1990年 木城ゆきと:銃夢
80 1990年 臼井義人:クレヨンしんちゃん
81 1991年 田中政志:ゴン
82 1991年 谷口ジロー:歩くひと
83 1992年 水木しげる:のんのんばあとオレ
84 1992年 竹内直子:美少女戦士セーラームーン
85 1993年 坂口尚:あっかんべェ一休
86 1993年 江川達也:東京大学物語
87 1993年 岡野玲子/夢枕獏:陰陽師
88 1994年 浦沢直樹:モンスター
89 1994年 内田春菊:私たちは繁殖している
90 1994年 古屋兎丸:パレポリ
91 1994年 松本大洋:鉄コン筋クリート
92 1994年 沙村広明:無限の住人
93 1995年 望月峰太郎 :ドラゴンヘッド
94 1995年 松永豊和:バクネヤング
95 1995年 貞本義行:新世紀エヴァンゲリオン

極楽町一丁目 (1) (ソノラマコミック文庫)サンクチュアリ(1) (ビッグコミックス)寄生獣(1) (アフタヌーンKC (26))サルまん サルでも描けるまんが教室 21世紀愛蔵版 上巻 (BIG SPIRITS COMICS)銃夢(1)クレヨンしんちゃん (Volume1)<a href=ゴン(1) (ワイドKCモーニング (129))光文社コミック叢書SIGNAL 『 歩くひと PLUS 』 THE DIRECTOR’S CUT EDITIONのんのんばあとオレ (講談社漫画文庫)美少女戦士セーラームーン 完全版(1)あっかんべェ一休(上) (講談社漫画文庫)東京大学物語(1) (ビッグコミックス)陰陽師 (1) (Jets comics)Monster (1) (ビッグコミックス)私たちは繁殖している (1) (ぶんか社コミックス)パレポリ鉄コン筋クリート (1) (Big spirits comics special)無限の住人(1) (アフタヌーンKC (90))ドラゴンヘッド(1) (ヤンマガKCスペシャル (519))バクネヤング (ビッグコミックス)新世紀エヴァンゲリオン(1) (角川コミックス・エース)

 1990年代、2000年代になりますと挙げられる作品量が増えてきて、ぐっとブックガイドっぽくなります。池上遼一の一作が『サンクチュアリ』でいいのか。ここは『男組』か『I・餓男(アイウエオボーイ)』だと思うけどなあ。

『サルでも描けるまんが教室』の英題は『Even Monkey Can Draw Manga』ね。『ゴン』はサイレントマンガということもあって、欧米での評価がたいへん高い作品。


96 1996年 安野モヨコ:ハッピー・マニア
97 1996年 高橋和希:遊☆戯☆王
98 1996年 魚喃キリコ :ブルー
99 1996年 嶺岸信明/土屋ガロン:ルーズ戦記オールドボーイ
100 1997年 藤沢とおる:GTO
101 1997年 かわぐちかいじ:イーグル
102 1997年 尾田栄一郎:ONE PIECE
103 1997年 田島昭宇/大塚英志:多重人格探偵サイコ
104 1997年 新井英樹:ザ・ワールド・イズ・マイン
105 1998年 井上雄彦:バガボンド
106 1998年 水野純子:ピュア・トランス
107 1998年 伊東純二:うずまき
108 1998年 谷口ジロー :遙かな町へ
109 1998年 小林源文:Cat Shit One
110 1999年 花くまゆうさく:東京ゾンビ
111 1999年 高屋奈月:フルーツバスケット
112 1999年 矢沢あい:NANA -ナナ-
113 1999年 漆原友紀:蟲師
114 1999年 幸村誠:プラネテス
115 1999年 岸本斉史:NARUTO -ナルト-

ハッピー・マニア 1巻 (FEEL COMICS)遊☆戯☆王 (1) (ジャンプ・コミックス)Blue (Mag comics)オールドボーイ―ルーズ戦記 (1) (Action comics)GTO(1) (少年マガジンコミックス)イーグル (2) (ビッグコミックス)One piece (巻1) (ジャンプ・コミックス)多重人格探偵サイコ (1) (角川コミックス・エース)真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (1)巻 (ビームコミックス)バガボンド(1)(モーニングKC)Pure Tranceうずまき (ビッグコミックススペシャル)遥かな町へ (ビッグコミックススペシャル)Cat Shit One VOL.1 キャット・シット・ワン 1巻 (Web comics)東京ゾンビフルーツバスケット (1) (花とゆめCOMICS)Nana 1蟲師 (1)  アフタヌーンKC (255)プラネテス(1) (モーニングKC (735))NARUTO (巻ノ1) (ジャンプ・コミックス)

『オールドボーイ』はカンヌでグランプリをとった韓国映画の原作として有名になりました。日本人読者にとってかわぐちかいじは当然『沈黙の艦隊』であるべきなのですが、『イーグル』はアメリカ大統領選がネタなので選ばれてるみたい。『フルーツバスケット』と『ナルト』は北米でビッグセールスを記録した両巨頭。


116 2000年 花輪和一:刑務所の中
117 2000年 羽海野チカ :ハチミツとクローバー
118 2000年 浦沢直樹:20世紀少年
119 2000年 黒田硫黄:セクシーボイスアンドロボ
120 2000年 松本大洋:GOGOモンスター
121 2001年 野中英次:魁!クロマティ高校
122 2001年 CLAMP:ちょびっツ
123 2001年 荒川弘:鋼の錬金術師
124 2001年 久保帯人:BLEACH
125 2001年 丸尾末広:丸尾地獄
126 2001年 二ノ宮知子:のだめカンタービレ
127 2002年 辰巳ヨシヒロ:大発見
128 2002年 木尾士目:げんしけん
129 2003年 小畑健/大場つぐみ: DEATH NOTE
130 2003年 浦沢直樹/手塚治虫:PLUTO
131 2003年 CLAMP :XXX HOLIC
132 2003年 あずまきよひこ:よつばと!
133 2003年 こうの史代:夕凪の街桜の国

刑務所の中ハチミツとクローバー (2) (クイーンズコミックス―ヤングユー)20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)セクシーボイスアンドロボ1 (BIC COMICS IKKI)GoGo Monster魁!!クロマティ高校(1) (少年マガジンコミックス)ちょびっツ 1 (ヤングマガジンコミックス)鋼の錬金術師 (1) (ガンガンコミックス)BLEACH (1) (ジャンプ・コミックス)Ultra-Gash Infernoのだめカンタービレ(1) (講談社コミックスキス (368巻))大発見げんしけん(1) (アフタヌーンKC (1144))DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス)PLUTO 1 (1) 【豪華版】 ビッグコミックススペシャル×××HOLiC(1) (KCDX)よつばと! (1) (電撃コミックス)夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)

『魁!クロマティ高校』って英訳されてんの?と思われるかもしれませんが、はい、ちゃんと英訳されてます。『丸尾地獄』は2000年代作品として選ばれてますが、日本での初版は1988年。


134 2004年 平本アキラ:俺と悪魔のブルーズ
135 2004年 石川雅之:もやしもん
136 2005年 吾妻ひでお:失踪日記
137 2005年 間瀬元朗:イキガミ
138 2005年 しりあがり寿:ジャカランダ
139 2005年 浅野いにお:ソラニン
140 2005年 若杉公徳:デトロイト・メタル・シティ
141 2005年 よしながふみ:大奥
142 2006年 横山裕一:トラベル
143 2006年 オノナツメ :リストランテ・パラディーゾ
144 2007年 五十嵐大介:海獣の子供
145 2007年 新井英樹:キーチ!!
146 2008年 根本敬:怪人無礼講ララバイ
147 2009年 諫山創:進撃の巨人
148 2010年 鈴木翁二:マッチ一本の話

俺と悪魔のブルーズ(1) (アフタヌーンKC)もやしもん(1) (イブニングKC (106))失踪日記イキガミ―魂揺さぶる究極極限ドラマ (1) (ヤングサンデーコミックス)ジャカランダソラニン 1 (ヤングサンデーコミックス)デトロイト・メタル・シティ (1) (JETS COMICS (246))大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))トラベル (Cue comics)リストランテ・パラディーゾ (f×COMICS)海獣の子供 1 (IKKI COMIX)キーチ!!(1) (ビッグコミックス)Monster Men Bureiko Lullaby進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)A Single Match

 しりあがり寿は重要作品が多すぎるのですが、個人的希望としては『真夜中の弥次さん喜多さん』を挙げてほしかった。横山裕一作品はサイレントマンガで、やっぱ海外ではサイレント強い。

 かなり古い作品である根本敬『怪人無礼講ララバイ』や鈴木翁二『マッチ一本の話』が、なぜ2000年代にはいってるかといいますと、これらの作品を表題作にした短篇集がその年にアメリカで発売されたからですね。ちなみに英題はそれぞれ『Monster Men Bureiko Lullaby』と『A Single Match』です。

 ですから本書の日本作品ラストは『進撃の巨人』です。英語タイトルは『Attack of the Titans』で、海外でもかなり売れてるそうですよ。

 さてこうやって眺めてみますと、少女マンガとギャグマンガの絶対量が少なすぎるんじゃないかとか、手塚多すぎ?とか、山上たつひこや江口寿史はどうしたとか、平田弘史と岡崎京子がないっとか、いろいろと意見が出てきそう。しかしまあ、とりあえずこれが現代イギリスでの日本マンガ評価です。

 こういうのを読んでると、これをたたき台に自分自身のベスト150を作りたくなってしまいますね。

     ◆

 さて以下の作品は番外編として日本関連作品。

149 1931年 ヘンリー木山義喬:漫画四人書生
150 1947年 ミネ・オークボ:Citizen 13660
151 1994年 バル:太陽高速
152 2000年 フレデリック・ボワレ:ゆき子のホウレン草

漫画四人書生Citizen 13660 (Classics of Asian American Literature)Autoroute du Soleilゆき子のホウレン草 (Ohta comics)


 ヘンリー木山義喬は鳥取県出身の画家で、『漫画四人書生』は日本で印刷されアメリカで販売された四コママンガ集。アメリカに留学/移民した四人の日本人青年のおこす珍騒動をユーモア豊かに描いています。

 フレデリック・L・ショットにより再発見され、アメリカで英語版が発売。その後日本でも復刻されました。時代的には『のらくろ』と同時期の作品ですが、セリフが日本語と英語のバイリンガルで書かれてて、時代を百年ぐらい先取りしてます。

 ミネ・オークボはアメリカ生まれ、日系二世の画家です。 『Citizen 13660』は第二次大戦中の日系人強制収容所での体験を絵と文章でつづった作品で、厳密にはマンガじゃありません。『市民13660号 日系女性画家による戦時強制収容所の記録』というタイトルで邦訳もあります。

 グーグル・ブックスで少しだけなら読めますのでどうぞ。→(

 バルの『太陽高速』は、かつて1990年代にフランス人BD作家が日本の雑誌「モーニング」に連載したBD。舞台は現代フランスで、日本人は登場しません。単行本は日本とフランスでほぼ同時に刊行され、あちらではアングレームで賞をとりました。

『ゆき子のホウレン草』のほうは日本在住のBD作家が、日本を舞台にして描いたBDです。これらの作品がもっと登場するようになると、国別分類はあまり意味がなくなるかもしれませんね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 09, 2014

英国人が選ぶ日本マンガベスト150(その1)

 本稿は下記のエントリの続きになります。

漫棚通信ブログ版:死ぬ前に読むべき1001冊のマンガ

 ポール・グラヴェット Paul Gravett 編『死ぬ前に読むべき1001冊のマンガ 1001 Comics You Must Read Before You Die: The Ultimate Guide to Comic Books, Graphic Novels and Manga』については、2014年6月9日発売の週刊ビッグコミックスピリッツにもコラムを書かせていただきました。

1001 Comics You Must Read Before You Die: The Ultimate Guide to Comic Books, Graphic Novels and Manga ビッグコミック スピリッツ 2014年 6/23号 [雑誌]

 ただしこの本、すごく分厚い本なので紹介しきれないところはいろいろあって、まあ1001作というのは多い多い。

 わたしはとりあえず海外作品のブックガイドとして読んでるのですが、本書は歴史書でもあります。古今の日本マンガも多く取り上げられていて、その数、およそ150作。つまり英国人が選ぶ「日本マンガベスト150」としても読めてしまうのですね。

 これが日本人読者の感覚と微妙にずれていておもしろい。では、その150作をご紹介。


1 1931年 田河水泡:のらくろ
2 1934年 阪本牙城:タンクタンクロー
3 1946年 長谷川町子 :サザエさん
4 1951年 手塚治虫:鉄腕アトム
5 1953年 手塚治虫:リボンの騎士
6 1956年 辰巳ヨシヒロ:黒い吹雪
7 1956年 横山光輝:鉄人28号
8 1956年 小島功:仙人部落
9 1956年 杉浦茂:少年児雷也
10 1959年 水木しげる :ゲゲゲの鬼太郎

のらくろ喫茶店 [カラー復刻版] (のらくろ 幸福(しあわせ)3部作)タンク・タンクローサザエさん (1)鉄腕アトム(1) (手塚治虫文庫全集 BT 1)リボンの騎士(1) (手塚治虫文庫全集 BT 13)限定復刻版 黒い吹雪鉄人28号 原作完全版 1  希望コミックス小島功美女画集―画業満六〇年 喜寿記念少年児雷也 (1) (河出文庫)墓場鬼太郎 (1) (角川文庫―貸本まんが復刻版 (み18-7))

 まず最初に登場するのが『のらくろ』。日本人としてはまず、樺島勝一『正チャンの冒険』を挙げてほしいところではあります。『タンクタンクロー』が英語圏で有名なのは、日本のプレスポップ・ギャラリーが発売した英訳版のおかげですね。

 手塚の初期作品として『鉄腕アトム』『リボンの騎士』の二作は妥当でしょう。英語圏で辰巳ヨシヒロの人気が高いのは青林工藝舎のおかげかな。小島功『仙人部落』は世界最長連載を更新中なので。

 原著で『ゲゲゲの鬼太郎』は1959年なのに少年マガジン版の書影が掲載されてて、1959年なら「ゲゲゲ」じゃないだろう、とちょっと文句もいいたくなるところです(鬼太郎は紙芝居に始まり貸本版を経て週刊少年マガジンに掲載。その後1968年のアニメ化のとき「ゲゲゲの鬼太郎」というタイトルに変更されました)。


11 1964年 白土三平:カムイ伝
12 1964年 石森章太郎:サイボーグ009
13 1965年 園山俊二:ギャートルズ
14 1965年 川崎のぼる/梶原一騎:巨人の星
15 1966年 桑田次郎:バットマン
16 1967年 赤塚不二夫 :天才バカボン
17 1967年 ちばてつや/高森朝雄:あしたのジョー
18 1967年 モンキー・パンチ:ルパン三世
19 1967年 手塚治虫:火の鳥
20 1967年 永島慎二:フーテン
21 1968年 滝田ゆう:寺島町奇譚
22 1968年 永井豪:ハレンチ学園
23 1968年 つげ義春:ねじ式
24 1969年 藤子・F・不二雄:ドラえもん
25 1969年 さいとう・たかを:ゴルゴ13

カムイ伝全集―決定版 (第1部1) (ビッグコミックススペシャル)サイボーグ009 (第1巻) (Sunday comics―大長編SFコミックス)ギャートルズ1肉の巻巨人の星(1)バットマン The BatManga Jiro Kuwata Edition (復刻名作漫画シリーズ)天才バカボン (1) (竹書房文庫)あしたのジョー(1)ルパン三世 (1) (双葉文庫―名作シリーズ)火の鳥 1フーテン(全) (ちくま文庫)寺島町奇譚 (ちくま文庫)ハレンチ学園 1 (キングシリーズ 小池書院漫画デラックス)つげ義春コレクション ねじ式/夜が掴む (ちくま文庫)ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス)ゴルゴ13(1)

 F先生の『ドラえもん』があって、二人合作の『オバケのQ太郎』がないのはちょっとなあ。A先生作品もいれてほしかった。桑田次郎なら『8マン』を外せないはずなのですが、『バットマン』が選ばれてるのはこの有名作品がまずアメリカで復刻されたから。

 原著で『ギャートルズ』の書影が『はじめ人間ゴン』になってるのはご愛敬。『ギャートルズ』は日本でも昨年復刻出版されましたので、お好きなかたはどうぞ(上の書影クリックでアマゾンに飛びます)。


26 1970年 ジョージ秋山:アシュラ
27 1970年 手塚治虫:きりひと讃歌
28 1970年 小島剛夕/小池一夫: 子連れ狼
29 1970年 安部慎一:美代子阿佐ヶ谷気分
30 1970年 林静一:赤色エレジー
31 1972年 手塚治虫:ブッダ
32 1972年 手塚治虫:奇子
33 1972年 永井豪:マジンガーZ
34 1972年 上村一夫:同棲時代
35 1972年 上村一夫/小池一夫:修羅雪姫
36 1972年 楳図かずお:漂流教室
37 1972年 池田理代子:ベルサイユのばら
38 1972年 永井豪:デビルマン
39 1973年 中沢啓治:はだしのゲン
40 1973年 矢口高雄:釣りキチ三平
41 1973年 手塚治虫:ブラック・ジャック
42 1974年 萩尾望都:トーマの心臓
43 1975年 いがらしゆみこ/水木杏子:キャンディ・キャンディ
44 1976年 竹宮惠子:風と木の詩
45 1976年 青池保子:エロイカより愛をこめて
46 1976年 手塚治虫:MW(ムウ)
47 1976年 有吉京子:SWAN 白鳥
48 1976年 美内すずえ:ガラスの仮面
49 1977年 松本零士:銀河鉄道999
50 1978年 高橋留美子:うる星やつら
51 1978年 大島弓子:綿の国星
52 1979年 福谷たかし:独身アパートどくだみ荘

アシュラ (上) (幻冬舎文庫 (し-20-2))きりひと讃歌 1 (ビッグコミックススペシャル)子連れ狼 第1巻 愛蔵版 (キングシリーズ)美代子阿佐ケ谷気分赤色エレジー (シリーズ昭和の名作マンガ)ブッダ 1奇子 1新装版 マジンガーZ オリジナルver.(1) (講談社漫画文庫 な 2-33)同棲時代第1巻 (fukkan.com)修羅雪姫 (上巻) (単行本コミックス)漂流教室 1 (ビッグコミックススペシャル)ベルサイユのばら(1)デビルマン (1) (KCデラックス (435))はだしのゲン 1釣りキチ三平(1)ブラック・ジャック (1) (少年チャンピオン・コミックス)トーマの心臓1 萩尾望都Perfect Selection 1 (フラワーコミックススペシャル)キャンディ・キャンディ (1)  講談社コミックスなかよし (222巻)風と木の詩 (第1巻) (白泉社文庫)エロイカより愛をこめて 1MW 1SWAN 白鳥 愛蔵版 1ガラスの仮面 1 (花とゆめCOMICS)銀河鉄道999 (1) (少年画報社文庫)うる星やつら〔新装版〕(1) (少年サンデーコミックス)綿の国星 1 (白泉社文庫)独身アパートどくだみ荘 1 (グループゼロ)

 きら星のごとき傑作が集中しているのが1960年代から1970年代にかけて。とくに70年代は豪華な作品が並んでます。

『子連れ狼』の英語版は『Lone Wolf And Cub』というなんだかなあというタイトルですが、以前からオールタイムベストとして扱われてます。萩尾望都は個人的には『ポーの一族』を挙げたいところですが、BLの母として『風と木の詩』と『トーマの心臓』が並べて語られるのも歴史書ならでは、かな。あと、『ポーの一族』は残念にもいまだに英仏訳がありません。

『独身アパートどくだみ荘』は、なぜかフランスでえらく評価されてます。仏語版タイトルは『トーキョー・バガボンド』。


53 1980年 山岸凉子:日出処の天子
54 1980年 高橋留美子:めぞん一刻
55 1980年 大友克洋:童夢
56 1980年 あだち充:タッチ
57 1981年 高橋陽一:キャプテン翼
58 1982年 大友克洋:アキラ
59 1982年 宮崎駿:風の谷のナウシカ
60 1982年 日野日出志:地獄変
61 1983年 手塚治虫:アドルフに告ぐ
62 1983年 弘兼憲史:課長島耕作
63 1983年 原哲夫/武論尊:北斗の拳
64 1984年 鳥山明:ドラゴンボール
65 1984年 星野之宣:2001夜物語
66 1985年 つげ義春:無能の人
67 1985年 吉田秋生:BANANA FISH
68 1985年 北条司:シティーハンター
69 1986年 いがらしみきお:ぼのぼの
70 1986年 永野護:ファイブスター物語
71 1987年 荒木飛呂彦:ジョジョの奇妙な冒険
72 1988年 杉浦日向子:百物語
73 1989年 士郎正宗:攻殻機動隊
74 1989年 三浦健太郎:ベルセルク

日出処の天子 第1巻 完全版 (MFコミックス)めぞん一刻〔新装版〕(1) (ビッグコミックス)童夢 (アクションコミックス)タッチ 完全復刻版 1 (少年サンデーコミックス)キャプテン翼 (第1巻) (ジャンプ・コミックス)AKIRA(1) (KCデラックス 11)風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判)【バーゲンブック】 地獄変 マジカルホラーシリーズ5アドルフに告ぐ 1課長 島耕作(1) (モーニングKC (43))北斗の拳【究極版】 1 (ゼノンコミックスDX)ドラゴンボール 完全版 (1)   ジャンプコミックス2001夜物語 (Vol.1) (Action comics)つげ義春コレクション 近所の景色/無能の人 (ちくま文庫)BANANA FISH(1) (フラワーコミックス)シティーハンター ―Complete edition (Volume:01) (Tokuma comics)ぼのぼの 1 (バンブー・コミックス)ファイブスター物語 (1) (ニュータイプ100%コミックス)ジョジョの奇妙な冒険 (1) (ジャンプ・コミックス)百物語 上之巻攻殻機動隊 (1)    KCデラックスベルセルク (1) (Jets comics (431))

 1980年代になると、若い読者が読んだことがある作品も多くなってきます。サンデーの高橋留美子、あだち充、ジャンプの『北斗の拳』や『ドラゴンボール』などのビッグヒットが顔を出してきます。そしてマンガ表現を変えた大友克洋の登場。

 それにしても星野之宣作品があって諸星大二郎がないのはちょっとどうかと思うぞ。

 ここまでで約半分。まだまだ多いので後半の作品につきましては、以下次回

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 07, 2014

「東京人」のガロとCOM特集

 雑誌「東京人」買いました。

●「東京人」2014年7月号(都市出版、861円+税、amazon

東京人 2014年 07月号 [雑誌]

 書影にあるように特集は「ガロとCOMの時代 1964-1971」。すみませんねえ、いつまでも1960年代と1970年代をひきずってて。でも、日本マンガはこの時代抜きには語れませんのですよ。

 なかなかステキな仕上がりで、「ガロ」と「COM」の書影や誌面の写真がいっぱい。わたし当時の雑誌そのものをかなり持ってますが、ぼろぼろになった実際のページよりもきれいに見えちゃうなあ。

 インタビューされてる(カッコ内がインビュアー)のが、つげ義春(川本三郎)、真崎守(霜月たかなか)、竹宮惠子(西原麻里)、諸星大二郎(斎藤宣彦)。

 文章を寄稿してるのが、川本三郎、しりあがり寿、四方田犬彦、亀和田武、矢作俊彦、養老孟司、御厨貴、木全公彦、夏目房之介、さらに林静一、あがた森魚ですよあなた。いや豪華なひとたちが登場してますし、どれも興味深い。

 この特集、どっちかというとCOMに重点が置かれてる感じがするかな。

 COMについては、2011年に霜月たかなか・編の『COM 40年目の終刊号』という本が出版されました。そして個人的なことですが、わたしがCOMに投稿したマンガが、2012年に手もとに戻ってきました。

 でもって雑誌「spectator」に2009年から断続的に連載されていた、赤田祐一による「証言構成 『COM』の時代 あるマンガ雑誌の回想」が2013年に完結。これも貴重な証言がいっぱいなので、早く一冊にまとめてほしいですね。

 これでなにか一段落した感じがしてたのですが、今も「東京人」のような特集が組まれてる。みんな言い足りないことがいっぱいあるようで、まだまだ終わったわけではないんだなあ。

 さらにガロに関してはもっとつっこんだ検証と再評価が望まれるところです。各誌編集のみなさん、どうぞ企画をよろしくお願いします。

COM 40年目の終刊号Spectator 20From Oregon With DIYSpectator 22スペクテイター〈23号〉スペクテイター〈24号〉スペクテイター〈25号〉スペクテイター〈27号〉 小商いスペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2014 | Main | July 2014 »