« 吸血鬼殺人事件『白暮のクロニクル』 | Main | ふわふわでぽかぽか『彼女のカーブ』 »

February 13, 2014

バレエではすべてが美しい『ポリーナ』

 邦訳された前作『塩素の味』では、叙情をみごとに表現してみせてくれたバスティアン・ヴィヴェス。彼の邦訳第二作はバレエが題材です。

●バスティアン・ヴィヴェス『ポリーナ』(原正人訳、2014年小学館集英社プロダクション、1800円+税、amazon

ポリーナ (ShoPro Books)

 出版社よりご恵投いただきました。ありがとうございます。

 著者は1984年生まれの新鋭です。本書は邦訳BDにはめずらしくA5判ソフトカバー。モノクロ200ページの長編で原著は2011年の発行。

 6歳のポリーナ・ウリノフは私立のバレエ・アカデミーに入学し、師となるニキータ・ボジンスキー(書影イラストのヒゲの男性)と出会います。彼はまわりから古いと批判されていますが、信念を曲げず生徒に基礎的動作を教え続けている。生徒たちは彼を恐れています。ポリーナはボジンスキーに共感と反発を同時に感じながら、彼に師事します。そして彼女はバレエ劇場の付属学校やコンテンポラリー・バレエ団などを経て、人間としてバレリーナとして成長していく……

 お話の舞台がワールドワイドで、ポリーナが住んでるはモスクワかサンクトペテルブルクのようです。彼女が引っ越しする先はウクライナのキエフかな。その他にベルリンやパリも登場します。

 『塩素の味』でもそうでしたが、本書でも最も驚かされるのはその絵。筆とペンの併用(あるいはフォトショップ?)で、さらさらっとクロッキーふうに描いた絵です。

 描き込みとは遠く、むしろいかに省略するかを追求した絵です。とくにダンスのシーンは背景がまったく描かれていません。いや思いきったものです。絵がうまいからこそできるワザですね。

 作品は絵とセリフだけで構成され、漫符や擬音はほとんどありません。日本マンガに慣れた日本人読者にとっては静かな静かな作品です。内面描写はキャラクターの行動と表情とセリフ、そして風景描写によってなされます。「心の声」やキャプションが廃されているのが新鮮。

 邦訳はつるりんとしたいい紙を使ってて、グレーの部分は網点じゃなくて、何といったらいいのかな、グレーの色を塗ってあるような印刷です。その結果、黒・白・グレーの画面から受ける透明感がすばらしい。

 師弟の関係を軸にした少女の成長物語、という側面と、絵・表現・印刷がマッチして、たいへん美しい作品となっています。バレエではすべてが美しい。

|

« 吸血鬼殺人事件『白暮のクロニクル』 | Main | ふわふわでぽかぽか『彼女のカーブ』 »

Comments

 このマンガの作者とメディア芸術祭の受賞者プレゼンテーションで会いました。作品を描くのに使っているのはWACOMの液晶タブレットPCです。PhotoShopのグレースケールで、筆圧感知のペンを上手に使って、筆のようなタッチを出していました。

 グレーの濃さで奥行きを出すなど、こだわりがあるようでした。

「塩素の味』もそうでしたが、人間が動いている途中を切り取って絵にしている感じですね。日本のマンガやアメコミなどでは、動きが終わったところや、動きの途中でも歌舞伎の見得を切るようなポーズを描いたりするのですが、ヴィヴェスさんの場合、アニメを学んでいた経験が大きいのでは……などと思いつつ、ライブペインティングを拝見させていただきました。

Posted by: すがやみつる | February 13, 2014 04:45 PM

おお、やっぱフォトショップでしたか。筆で描いたような線がとても魅力的でした。

Posted by: 漫棚通信 | February 13, 2014 07:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バレエではすべてが美しい『ポリーナ』:

« 吸血鬼殺人事件『白暮のクロニクル』 | Main | ふわふわでぽかぽか『彼女のカーブ』 »