« October 2013 | Main | December 2013 »

November 29, 2013

不幸な家族の物語『スティッチ』

 意外な作品の邦訳ですが、これも海外マンガ邦訳ブームがあってこそです。いやもうありがたいったら。

●デイビッド・スモール『スティッチ:あるアーティストの傷の記憶』(藤谷文子訳、2013年青土社、2600円+税、amazon

スティッチ あるアーティストの傷の記憶

 出版社よりご恵投いただきました。ありがとうございます。

 まず翻訳者名に注目。おおっ、あの平成ガメラシリーズのっ、ヒロイン、藤谷文子ではないですか。本書の邦訳は彼女の持ち込み企画だそうです。

 作者のデイビッド・スモールは1945年デトロイト生まれの作家/イラストレーター。本書は彼の自伝マンガで、原著は2009年に発行されました。ソフトカバー、モノクロ300ページ超。

 薄墨を使ってさらっと描いた絵で、邦訳はフキダシ内も手書き文字。一連の動きで「コマを割る」映像的な表現が多用されていて、日本人読者にも読みやすいのじゃないかな。

 父親が放射線科の医師、母親が専業主婦である主人公、デイビッドの家庭は、幼少期から暗い雰囲気に包まれていました。食事どきにはまったく会話がなく、母親はいつも不機嫌。幼い主人公は、母親から愛されているとまったく感じることができない。

 本書は家族の不幸を描いたマンガです。母親、父親、祖母、兄の自分に対するふるまいが、主人公視点で描写されます。主人公視点ですから、子どもである主人公は自分の行動に問題があるかどうかすらわからない。理解できない大人の理不尽な行動により、子どもの気持ちは振り回されます。

 本書のタイトルとなっている「スティッチ=縫い目=傷痕」とは、主人公が子ども時代に受けた手術による大きな傷痕のこと。この傷は主人公にとって現実の傷でもあり、彼と両親との関係の象徴でもあります。

 さらに本書ではラスト近く、この「傷痕」と父親の関係で、驚愕の展開が待っています。

 親子の関係は読者みんながかかえている問題です。本書も心穏やかに読み進めることができない。最初から最後まで緊張感にあふれている作品です。

 ただし不満点も少し。描写や記述がちょっと客観性に欠けます。1950年代の放射線照射装置や、1970年代に入院している母親の室内描写は、機械がその機械に見えないし、病室の医療機器もそういうふうに見えない。ネット上にも資料が多い2009年に描かれた作品としては残念な描写です。

 さらに著者が自分の手術について、片方の声帯を摘出して声を失ったと描いているところ。お話の前後を読むと、主人公は甲状腺近くの頸部手術で反回神経麻痺となり、片方の声帯が動かなくなったと理解できます。著者は自分の手術について誤解してるんじゃないかしら。

 著者は父親や母親についても客観的な描写を完全に放棄していて、それが本書の特徴でもあり、不満点でもあります。いつも不機嫌な母親の内面や、息子に対して後悔の念を持っていただろう父親の内面について、もう少し掘り下げられていればなあ。惜しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2013

絵物語の復活:小松崎茂『宇宙少年隊』

「絵物語」とは何か。定義するとなかなか面倒ですね。「挿し絵の多い子ども向け小説」とするとラノベになってしまいますから、「ラノベよりもっと挿し絵の多い子ども向け小説」でどうだ。これじゃわかんないかな。

 戦前には「誌上紙芝居」と呼ばれました。挿し絵のないラノベは存在し得ますが、絵のない絵物語はありえません。その意味ではマンガに近い。

「絵と文章が同比率で進行する物語形式。写実的な絵が多く、単色以外に二色印刷や三色印刷を特徴とした」というのはどうか。

 代表的な作家に山川惣治や小松崎茂がいます。戦後すぐにはマンガよりも人気があって、各月刊雑誌が看板作品をかかえていました。人気のピークは1955年ごろまでで、以後マンガにその座をゆずることになります。

 実際のところ、失われた、忘れられたメディアであり、たとえばネット上で絵物語についてまとまった文章を読もうとしても、こちらのサイトぐらいしかありません。

●「山川惣治と絵物語の世界」(なぜかウチのExplorerでは文字化けするのですが、Firefoxなら読めました)

 わたしも、絵物語はそれを紹介する本で「眺める」ことはあっても「読む」ことはあまりなかった。子どものころにきちんと読んだのは、永松健夫『黄金バット』、山川惣治『少年王者』『太陽の子サンナイン』、小松崎茂『大平原児』くらいかなあ。すべて連載中のリアルタイムでは知らない作品です。あと1984年、角川映画で『少年ケニヤ』がアニメ化されたとき、角川文庫『少年ケニヤ』が出版されてかなり評判になりました。最近なら昨年、福島鉄次『沙漠の魔王』が復刻されたのはビッグニュースでした。

 でもって、小松崎茂。

 人気絵物語作家にして、プラモデルボックスアートの巨匠、さらに東宝特撮映画のメカデザイン担当として超有名ですね。ただし画集とかで小松崎茂の絵を鑑賞することはできても、絵物語を「読む」のはちょっとむずかしかった。かつて2002年に代表作『地球SOS』が双葉社から復刻されましたが、これが唯一じゃないかな。

 そこへ復刻されたのがこれです。

●小松崎茂『宇宙少年隊』(2013年復刊ドットコム、3300円+税、amazon

Utyusyonentai

 出版社よりご恵投いただきました。ありがとうございます。復刊ドットコムの該当ページはこちら→()。

 小松崎茂の絵物語、五作品が連続して復刻される予定で、これがその第一弾。

 B5判のソフトカバー100ページの本。月報つき。

 ちょっとお高いですがすっごい凝った復刻でして、当時の少年誌そのままを再現してます。本文は単色、二色、三色カラーですが、雰囲気そのまま。ハシラ、アオリ、欄外の一行豆知識、さらに広告ページまでも当時のままです。紙質もそっくりに復元していて、当時の月刊誌カラーページのざらっとした手触り。

 装幀、修復を担当したのは、ほうとうひろし氏で、印刷はデジタル復刻で有名な図書印刷。いやすっごいわ。

 『宇宙少年隊』は光文社「少年」1957年1月号から12月号まで連載されました。作品としては、これこそ絵物語本来の魅力……というようなものではなくて、はっきりいって珍品です。

 本来の絵物語は挿し絵のように、フキダシなし、擬音なし、を特徴としていましたが、本作品は絵物語末期の作品。フキダシあり、擬音あり、さらにコマとコマの間に状況説明文あり、というマンガと絵物語の折衷作品となっています。

 前半はタコ形態の悪の宇宙人が地球を征服に来るお話。スターマンという名の正義の宇宙人が主人公たちを助けてくれます。後半はクラゲの大怪獣、ダイラをあやつって世界征服をねらう悪人のと戦い。

 構成は破綻してるし、伏線は投げっぱなし。なぜまたシリーズの第一作にこの作品を選ぶかな。でも小松崎茂のレトロ・モダンともいえる絵はとてもステキです。

 刊行予定の後続の作品、絵物語全盛期の『海底王国』や、黒赤緑の変則三色印刷や迫力の見開きを見せてくれる『大暗黒星』が楽しみ。現在忘れられつつある子ども文化史の空白を埋める貴重な資料でもあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2013

「セデック・バレ」原作マンガ『霧社事件』

 霧社事件をご存じでしょうか。霧社は台湾の中央部に位置する地名。霧社事件は、日本統治時代の1930年におこった大規模な抗日暴動事件です。武装した台湾先住民により日本人136人が殺害され、その後日本軍や警察の鎮圧作戦により、壮絶な戦いの結果、最終的に先住民1000人が死亡するという経過をたどりました。

 くわしくはWikipediaなどを見ていただくとして、この事件が2011年に台湾で映画化され、日本でも本年公開されました。今はレンタルショップにもDVDが並んでますね。タイトルは「セデック・バレ」。台湾では大ヒットして各国映画祭にも出品されています。製作にはジョン・ウーの名がありますし、日本からも俳優やスタッフが参加してます。→(映画公式サイト

 監督/脚本のウェイ・ダーションは、霧社事件を扱った一冊のマンガとの出会いがこの映画を作ることになったと語っています。それじゃそれはどんなマンガなのか。じつはこの本、かなり以前に邦訳されているのです。

●邱若龍(チョーローロン)『霧社事件 台湾先住民(タイヤル族)、日本軍への魂の闘い』(江淑秀/柳本通彦訳、1993年現代書館、1700円+税、amazon

51fnzz9xvql__sl500_

 原著の台湾での出版は1990年。著者は1965年生まれですから25歳のときの作品。ふらふら放浪しているときに霧社の原住民の家に居候することになり、その後五年間くりかえし霧社に通って本書を描き上げたそうです。モノクロ250ページ超の長編。日本マンガと同じく右から左に読み進む右開きです。

 わたしだけじゃなくて、みんな日治時代の台湾についてよく知らないのじゃないかしら。わたしも映画「非情城市」くらいの知識しかありません。ですから本書を読むと知らないことばかり。

 日清戦争終了後、1985年の下関条約によって台湾は清朝から日本に譲渡されました。以後台湾の日本統治が始まるのですが、台湾人の抵抗は激しく、初期の8年間で殺害されたのは当時の人口の1%、3万2000人に及ぶと。

 霧社事件直前の1930年には武力のよる鎮圧は終了していましたが、反乱計画が発覚したり小規模な衝突はくり返しおこっていました。先住民族の多くが、父や兄を日本軍との戦いでなくしているという状況でした。

 いっぽうで先住民族であるタイヤル族の文化はかなり特殊。【映画ではセデック族となっていますが、本書が描かれたころはセデック(セイダッカ)族はタイヤル族の支族と考えられており、タイヤル族という総称が使われています】

 彼らは、山岳に住み、狩猟と農耕で自然とともに生きています。そしてなんといっても入れ墨と首狩りのひと。

 男子も女子も、資格を得て入れ墨をいれてやっと一人前と扱われる。女子ならうまく機織りができること。男子の場合、敵の首を狩って持ち帰ることでその資格を得ることができる。

 この場合、敵とは同じ山岳に住む他の民族、あるいは他の集落の男です。このように台湾先住民には20世紀になっても首狩りの文化が残っていたのです。自然とともに暮らす戦いを恐れぬ誇り高きひとびと。

 このような状況で、お話は統治する日本警官と、支配されるタイヤル族との軋轢をこまごまと描いていきます。労役監督者の暴力、農産物販売での搾取、同化政策としての日本人巡査とタイヤル族女性の結婚、さらに女性への強姦など。強大な軍事力を背景にする日本に対し、タイヤル族ががまんにがまんを重ねる描写が総ページの半分まで。

 そしてついに複数の集落が協力して武装蜂起、霧社事件がおこります。運動会を舞台にした大虐殺。首狩りの文化があるところでの戦いですから描写はスプラッタ。

Left_3Right_2
(クリックで拡大)

 思いうかぶのはいろんな娯楽作品の構図です。良いヤクザ対悪い暴力団。そして、耐えに耐えてついに殴り込み。というより、自然と共に生きる良いインディアン対悪い白人。アパッチ対第七騎兵隊。

 つまり、悲惨で苛烈な歴史を前にして申し訳ないのですが、娯楽作品としてのカタルシスがある。しかしここは日本人が悪役なのですから、日本人読者としてはずいぶん複雑な気持ちになります。

 後半は、日本軍や警察による鎮圧作戦になりますが、史実を追うのにいそがしく、キャプションの文字が多くなって、マンガ的にはもうひとつ。マンガの描写がぶつ切りになってますね。

 ただし事件の経過はさらに重い。日本軍は蜂起しなかった親日の山岳民族を戦闘に参加させ「蕃人をもって蕃人をうつ」作戦をとります。台湾人同士の争いは新たな遺恨を生むことになります。

 タイヤル族の抵抗は頑強で、日本軍と警察は大砲、航空機、毒ガスまで使用、鎮圧まで50日を要しました。蜂起したタイヤル族の多くが殺害され、あるいは自害し、さらに投降後にも殺害され、その人数は1000人におよびました。

 マンガとしてはかなり未熟なところが多いですが、事実の重みもあってたしかにひとの心をゆさぶるチカラを持っている作品です。映画になるのも納得できる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 05, 2013

『湯けむりスナイパー』最終巻?

 本年二月、実業之日本社「漫画サンデー」が2013/3/5号で休刊したとき、『湯けむりスナイパー』も最終回を迎えました。わたし、雑誌でその最終回は読んでたのですが、年末にあたり今年発売されたマンガを再チェックしていて、夏の終わりに出た単行本を買いのがしていたことに気づいてしまいました。

●松森正/ひじかた憂峰『湯けむりスナイパー Part 3』3巻(2013年実業之日本社、619円+税、amazon

湯けむりスナイパーPART3 (3) (マンサンコミックス)

 連載開始が1998年秋ですから15年前。短期間の連載で1998年末にはいったん終了しましたが、人気があったのでしょう、すぐに1999年春から連載再開。これが長期連載となり、第一部終了が2004年で全16巻。第二部が2005年から2006年で全2巻。第三部が2007年から2013年。第三部も長期連載となりましたが月イチ連載だったので、単行本としては全3巻です。

「湯けむりスナイパー」は2009年からTVドラマ化されたことでその寿命が延びたように感じてましたが、こうして連載期間と見比べてみますと、まったく違うのですね。作品自体のチカラが連載を延長させたのです。

 主人公、源さんは引退した殺し屋。東北の山奥に存在するであろう、秘境の温泉宿・椿屋の従業員としてひっそりと生活しています。湯治客としてやってくる悪人たちを、源さんが元・殺し屋の能力を駆使して懲らしめる……ようなお話ではまったくありません。

 いや、そういう要素も少しはあるのですが、基本的に源さん、何もしません。というか、温泉宿の従業員としの行為以外、何もしないことが多い。彼の前にはいろんな客が現れますが、源さんは従業員として彼らをもてなし、彼らの人間性を観察しているだけなのです。

 源さんは独特の価値観、美意識を持って生きています。権力と群れるのが嫌いですが、人間の欲望は基本あるがままに肯定する。

 細かく描写されるのは、温泉街や山に住む住人たち。全員が過去を持ったはぐれ者。元ストリッパー、山にこもってマツタケを採ることだけで社会と接する男、海の家を経営するシングルマザー、ヤクザな兄を持って苦労しながら自分も老境に入った番頭さん、などなど。彼らと源さんのつかず離れずの交流が、15年かけて描かれたのですね。

 本作は劇的なストーリー展開があるわけではなく、はぐれ者たちのキャラクターや人間関係を見せる作品。ひじかた憂峰=狩撫麻礼作品はこのパターンが多いのですが、本作では徹底しています。これを支えたのが、松森正の美麗な絵。彼の絵があってこそ、キャラクターに命が吹き込まれました。それにしても源さんのような下ぶくれの顔を持った主人公は、空前のマンガキャラデザインでしょう。

 15年かけて永劫回帰のストーリー展開をくり返してきた本作ですが、掲載誌の休刊という事態を受けて、最終巻ではついに人間関係に変化が起きます。源さん、ついに元ストリッパーのトモヨさんと結婚しちゃったんですね。

 トモヨさんの初登場が第一部の3巻。ジャージ姿で酔っぱらってる太った「醜い」中年女として登場しますが、プロとして女体盛りのお仕事をきちんとこなす。この時点で彼女が全編のヒロインになろうとは、作者を含めて誰も想像しなかったはず。最終回は源さんとトモヨさんの東京でのデートですよ。

 15年間、楽しませていただきました。ありがとう。しかし希有なキャラクターマンガですから、ひょっこりどこかで再開しちゃいそうな気もしますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2013 | Main | December 2013 »