« September 2013 | Main | November 2013 »

October 27, 2013

『闇の国々』日本語版完結!

 太平に眠る日本人読者の度肝を抜いた、黒船のようなBD『闇の国々』日本語版が全四巻で完結。

●ブノワ・ペータース/フランソワ・スクイテン『闇の国々』4巻(古永真一/原正人訳、2013年小学館集英社プロダクション、4000円+税、amazon

闇の国々 (ShoPro Books) 闇の国々II (ShoPro Books) 闇の国々III 闇の国々IV

 出版社からご恵投いただきました。ありがとうございます。

 第1巻が邦訳されたのが2011年。本国で20年以上にわたって描き続けられてきたシリーズを、日本人読者はまる二年でイッキ読みできたわけで、うれしいような、もったいないような。

 ただし本国でのシリーズはまだ完結したわけじゃなくて、今後も以下続刊、だそうです。今後はわたしたちも数年単位で待つ覚悟が必要ですね。

 日本語版第4巻に収録されたのは「アルミリアへの道」「永遠の現在の記憶」「砂粒の理論」の三篇とその他の短編。

「アルミリアへの道」では、飛行船による北極探検行が描かれます。主人公となる少年フェルディナンと、都市の奇妙な工場で働く少年フリードリッヒのお話が交互に語られる。古典的な子ども向け冒険物語のように思ってたら、仕掛けがあってびっくりした。

 絵物語的な一枚絵で描かれた部分が多い作品で、奇想にあふれたスクイテンの絵を堪能できます。飛行船をはるか下に見おろす摩天楼ってちょっとすごいです。

「永遠の現在の記憶」は映画のために描かれたイメージボードがもとになっているそうです。えんえんと続く滅びゆく都市と廃墟のイメージが、現代の日本人にはきついかな。

「砂粒の理論」には、懐かしや、第1巻に収録された「傾いた少女」のヒロイン、メリー・フォン・ラッテンが再登場します(1巻書影イラストの少女と4巻書影イラストの女性が同一人物ね)。彼女は成長して怪奇現象研究家になってるのですが(!)、その彼女が、これも本シリーズではおなじみの大都市、ブリュゼルを破滅に導く怪事件にいどむ……!?

 という、諸星大二郎『怪奇ハンター』みたいなお話。長編ミステリとなっていて娯楽作品としてよくできてます。読みやすさはシリーズいちでしょう。

 で、この作品、二色で印刷されています。ページ全体にうすい緑(?)の色をつけて、オモ線は黒、でもって強調したいところだけを白抜きで色なしにするという。うわあ、なんてぜいたくな色の使い方なんだ。こういうのには日本マンガはとてもかないません。

『闇の国々』のようなBDに出会えたことは、日本人読者としてほんとに幸せでした。感謝感謝であります。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 18, 2013

歴史にして現在『有害コミック撲滅!』

『有害コミック撲滅!』読みました。

●デヴィッド・ハジュー『有害コミック撲滅! アメリカを変えた50年代「悪書」狩り』(小野耕世/中山ゆかり訳、2012年岩波書店、4800円+税、amazon

有害コミック撲滅!――アメリカを変えた50年代「悪書」狩り

 原題は「The Ten-Cent Plague: The Great Comic-Book Scare and How It Changed America」です。訳すと「10セントの悪疫:コミックブックへの恐怖がいかにアメリカを変えたか」という感じでしょうか。

 昨年の邦訳発売と同時に買って読み始めたのですが、中断してました。その理由は登場する人名があまりに多いこと。

 あ、これは読みとおすにはメモが必要っぽい、と気づいたときはかなり読み進んでしまってて、そのまま強引に読もうとして結局挫折しました。今回は最初からきちんとノートをとりながら再挑戦。いやー、勉強になりました。しかもおもしろい!

 本書はアメリカにおけるコミックス規制史についての本ですが、当然ながらアメリカン・コミックス史でもあります。

 わたしたち日本人がアメリカン・コミックス史を体系的に概観したいと思っても、まとまって書かれた日本語の本というのはほとんどありません。だからあちこちの雑誌記事から得た知識を自分の脳内でつなぎ合わせるか、洋書を買って読むしかないのですね。

 わずかに日本語で読めるものとして、ネット上では「アメコミくえすと」が「漫画で読むアメコミの歴史」を公開してくれています。これは「The Comic Book History of Comics」という作品の一部を邦訳したもの。学習マンガですが、そうとうにくわしくて正確。

 そこへ本書の登場です。

 記述はほぼ交互に書かれてて、まずある時期までのアメリカン・コミックスの歴史が語られ、そしてそれを規制しようとするひとびとの反応が描写され、またアメコミ史、また規制史、というふうに話が進んでいきます。

 コミックス業界のひと、コミックスを規制したひと、単に読者だったひと、それぞれに膨大なインタビューをおこない、新聞や雑誌記事、議会の記録などを調べに調べた労作。人名が多いのは仕方のないことで、それを除けばじつに読みやすい本でした。

 本書に書かれてるアメリカン・コミックス史を簡単に記しておきますと、『イエロー・キッド』に始まる「コミック・ストリップ」と呼ばれる新聞連載マンガのブームがまずありました。これが1900年前後から。初めのころはユーモアものが中心でしたがその後、『ターザン』や『ディック・トレーシー』などのアクションもの、長いストーリーを持ったものが登場して、これら新世代のコミック・ストリップが人気を得るようになります。

 「コミックブック」という形式ができたのが1933年です。最初はコミック・ストリップを再録・再編集したものでしたが、そのうちにオリジナルのコミックスが掲載されるようになり、『スーパーマン』のようなビッグヒットが生まれます。

 コミックブックは質・量ともに成長し、多種多様な作品が登場し、いろんな流行がありました。1942年からは犯罪コミックスの大流行があり、1947年にはロマンス・コミックスが誕生してそのピークは1950年ごろ。そして1950年には最初のホラーコミックスも登場します。

 いっぽう、コミックス批判は早くも1906年ごろから雑誌記事として書かれ始め、1940年にはある批判記事が全国の新聞に転載されます。以後カトリック団体がコミックブック禁止運動を開始、ついで1948年からは警察が動き、政治家が動き、販売禁止が相次ぎ、全国的な焚書運動が始まり…… と、俗悪なコミックスから「子どもを守る」運動がアメリカ全土を席巻することになります。

 この時代も、コミックスが青少年の犯罪を増加させる、という客観的データあったわけではありません。単に大人にとって「不快」なコミックスの存在がマス・ヒステリーをひき起こしただけです。

 悪名高きフレデリック・ワーサム博士が最初にマスコミに登場するのが1948年。これも悪名高き「無垢なる者たちへの誘惑」の出版が1954年。彼は犯罪コミックスやホラーコミックスだけでなく、ヒーローコミックスも攻撃の対象としました。コミックスは青少年を堕落させる。

 1950年以後、議会によりコミックスの害悪についての全国的な公聴会がくり返し開催されるようになります。本書のクライマックスとなるのは1954年の公聴会。ホラーコミックスや「MAD」を発行していたビル・ゲインズが証人として登場して政治家たちと対決しますが、残念ながら自爆。この公聴会はTV中継され、ジャック・カービーたちマンガ家も注目していたのに!

 この時期にコミックス業界で働いていると明かすと、隣人や見知らぬ人たちから非難の言葉を浴びせられたという体験談が悲しい。以後本書は、業界が自己検閲としてコミックス・コードを制定し、その結果マンガがまったく魅力をなくして、市場が縮小してしまうまでを書いています。その結果、アメリカン・コミックスは多様性を失ってしまったと。

 1950年代のコミックス追放運動の結果、コミックス業界から離れ、以後戻ってこなかったアーティスト、ライターたちは800人以上。本書にはその全員の名も記されています。

 日本でも1950年代を中心に悪書追放運動があり、手塚マンガも非難されました。しかし本書を読んでいて思い浮かぶのはそういう過去の話ではなく、現在まで連綿と続く日本のマンガ規制の動き。「非実在青少年」という言葉が創造されたのは2010年ですが、児童ポルノ禁止法改正案は今も国会で継続審議となっています。

 アメリカン・コミックス史に興味があるひとにも、現代日本のマンガ表現規制に興味があるひとにも、必読の書でありましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2013

ミロ・マナラのバカエロマンガ『ガリバリアーナ』

 エロティックマンガの世界的巨匠、ミロ・マナラの作品が初邦訳されました。

●ミロ・マナラ『ガリバリアーナ』(鵜野孝紀訳、2013年パイインターナショナル、2200円+税、amazon

ガリバリアーナ

 出版社からご恵投いただきました。ありがとうございます。でかいA4判ハードカバーでオールカラー60ページ超。ただし居間に本を置いてたら、高校生の娘が見るやないかっと妻からえらいこと怒られました。いやまあ性器ほりだしのマンガですから。

 ミロ・マナラが最初に日本に紹介されたのが、エロが控えめで世界中で傑作とたたえられてる『インディアン・サマー』でも『エル・ガウチョ』でもなく、アレハンドロ・ホドロフスキーと組んだ『ボルジア』でもなく、アメリカから請われて描いたX-MENシリーズの一篇『X-Women』でもなく、バカエロマンガ『ガリバリアーナ』であったという。いやー、ミロ・マナラらしくていいじゃないか。

 漫棚通信ではこれまで、ブログやミニコミ誌「漫画の手帖」でミロ・マナラ紹介につとめてきました。現在、英語圏でもっとも有名なイタリア人マンガ家であるミロ・マナラは、1945年生まれ。イタリアのエロティックでダーティなポケット版コミックブックの出身です。1983年の「Click!」というバカエロ作品がありまして、これが絵はメビウスなみの美麗さだけど、心は中学生、というアンバランスさで評判になり、以後マナラはエロティックマンガの世界的巨匠となりました。

 だって「Click!」って、リモコンのスイッチをオンにすると淑女が突然に衆人環視の中で欲情したり、肛門から麻薬をいれられた女性が超能力を発揮したり、屹立する巨大なクリトリスを見た五万人の荒くれ男たちがそれにひれ伏したりするようなマンガなんですよ。わが田中圭一と同じじゃないかっ。

 本書『ガリバリアーナ』は「ガリバー旅行記」の女性版です。小人国に流れ着いた半裸の若き女性ガリバリアーナが小人たちに緊縛されたり、巨人国では酒に酔わされて巨人になぶられたり。

 小人国で下半身裸のガリバリアーナが、大股を開いて立ってる下を小人国の軍隊が行進します。指揮官が「見上げてはいかん!」 ああバカエロマンガだ。

 ミロ・マナラの顔にはもうひとつあって、その卓越した画力で詩情あふれたマンガも描いてるのですが、それらはいずれ翻訳されることもあるでしょう。ここはもうおバカなエロを楽しんでください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2013

1968年のまんが道『男の条件』

 マンガに関するお話のはずなのに、タイトルが「男」とはこれいかに。

●川崎のぼる/梶原一騎『男の条件』(2013年集英社、1500円+税、amazon

男の条件 (復刻版コミックス)

『巨人の星』のコンビによるマンガ家マンガの復刊です。

 あいかわらず初出を書いてないんだよなあ。『男の条件』は「少年ジャンプ」が創刊された年、1968年10号から連載が始まりました。まだ月二回刊の時代ですね。次の11号では、永井豪『ハレンチ学園』と本宮ひろ志『男一匹ガキ大将』が同時に連載開始されます。

 『男の条件』の連載終了は一年後の1969年19号。翌20号からジャンプは月二回刊から週刊になります。川崎のぼるはすぐに『どうどう野郎』という『いなかっぺ大将』タイプのギャグマンガの連載をはじめています。

 この時期、川崎のぼるは空前の売れっ子マンガ家でした。週刊少年マガジンの『巨人の星』は、大リーグボール1号と2号が登場するという最高に盛り上がってたころ。

 週刊少年サンデーでは『アニマル1』から『歌え!!ムスタング』への移行時期。この二作は終了即連載開始、どころの話ではなく、六週間にわたって二作同時連載というムチャなことをやってます。働かせすぎ。

 さらに月刊の「少年ブック」に『スカイヤーズ5』、小学館の学年誌には『いなかっぺ大将』を連載。

 これにジャンプの『男の条件』や『どうどう野郎』が加わるのですから、川崎のぼるが「吐きながら仕事をしていた」という噂はホントだったかもしれません。筆圧強そうだし。

 で、そういう当代一の人気マンガ家によって描かれた「まんが道」が『男の条件』。原作を担当した梶原一騎節、全開の作品であります。なぜ「まんが道」のタイトルが「男」なのかというと、これはもう梶原一騎だから、としかいいようがなくて、ちょっとこじつけっぽい。

 8人以上のアシスタントがいる人気マンガ家、青山春夫の仕事場を訪れた旋盤工見習いの少年、旗一太郎。彼は写実的な絵に関しては天才で、バーのゆかに自分の血で旋盤機械を描いてみせる。一太郎は青山の仕事場で出会った、実力はあるが売れないマンガ家・男谷草介を師と仰ぎ、ふたりで壮絶な「まんが道」を歩いてゆくことになる……!?

 熱血、友情、恋、貧乏、売血、紙芝居、ライバルの陰謀、大出版社と貧乏出版社、とまあ、いろいろとてんこ盛りの作品。ただし、良いヤクザと悪いヤクザの抗争はノイズだなあ。いらない。

 本書では梶原一騎、あるいはこの当時のマンガ編集者が現状をどう考えていたかがわかります。結局、彼らの理想とするモデルは佐藤紅緑「あゝ玉杯に花うけて」などの戦前の少年小説なんですね。

 編集者のこういうセリフがあります。

「現代の少年少女たちにとって むかしの小説にとってかわるべきまんがの 質のわるさ 安っぽさ 魂のひくさ」

 これがこの当時、一部の現状認識として共有されていたのでしょう。では梶原一騎の理想とするマンガはどういうものであったか、これが本作に実例として出てきます。タイトルは以下。

●男の花道:旋盤工が主人公の熱血友情感動マンガ
●おれたちの旗、下町行進曲:下町の少年たちが主人公の生活マンガ
●青春よ 風にさからって歩め:ヤクザの息子をモデルにした紙芝居
●非情の街:社会生活に敗北しドヤ街に転落した青年が、非情さを身につけて実業界で成功する話。
●ある無名まんが家の戦い:主人公の自伝マンガ。

 うーん、いかにも梶原一騎的、なのかな。意外にも永島慎二が選びそうな題材のような気もします。『柔道一直線』で決別し、相いれなかったはずの梶原一騎と永島慎二は、もしかすると同じ方向を向いていたのかもしれません。

 じつはわたしこの時期のジャンプ、リアルタイムでずっと読んでたので、絵も含めてずいぶんすみずみまで覚えてました。とくに川崎のぼる絵が絶品。背景や自然描写は写実的なのにデザイン化されてて、好きだなあ。

 ちょっと驚いたのは川崎のぼる、てっきりGペン派だったと思ってたのですか、作中にはカブラペンしか出てきません。そうだったのか。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 03, 2013

手塚治虫が翻訳した「スーパーマン」

 以下の文章は『原作スーパーマン』という本の訳者あとがきの冒頭です。

映画からノヴェライズされた小説は、欧米でもそんなに珍しくはない。たとえば有名なクラークの『スペース・オデッセイ2001』は、あきらかにキュブリックの映画のための構成をもとに同時にノヴェライゼーションの企画をたてられたものであるが、キャッチフレーズとして映画で難解な個所は事前に本書を読めば納得できることを強調している。映画が映像的ノヴェルティを強調するなら、物語的興味は文章に委ねるほかなく、またこの映画ではある程度成功しているといってよかろう。

 著者はエリオット・マッギン Elliot S! Maggin というひと。アメコミの脚本家として知られてますが、本書は小説です。原著は「Superman: Last Son of Krypton」というタイトルで1978年に出版されました。

 もちろん1978年に大ヒットした大作映画、クリストファー・リーヴ主演の「スーパーマン」に合わせて出版されたものです。『原作スーパーマン』はその邦訳で、映画が日本公開された1979年6月に講談社から出版されてます。

 内容は映画原作でも何でもなくて、映画とは別ストーリーの小説。

 で、この本のおもしろいところは「手塚治虫・訳」であるところなんですね。表紙には著者の名よりも、手塚治虫の名が大きく印刷されています。

スーパーマン―原作 (1979年)

 奥付にもしっかりと「© Tezuka Production Inc. 1979」とコピーライトが。

 いやいやいや。いくら超人・手塚先生でも長編小説の翻訳は、時間的能力的に無理でしょう。もちろんゴースト翻訳者がいるはずです。

 で、冒頭の訳者あとがきになるのですが、この文体、手塚治虫の文章を読んだことのあるひとならわかると思いますが、どう考えても手塚自身の文章ではありません。

 小説本文だけじゃなくて、訳者あとがきもゴーストのかたが書いてるんですね。じゃこれは誰が書いたかといいますと、これはもうあとがきの最後にきちんと表明されてます。

私にとってはじめて翻訳者に名をつらねるなど、たいへんおこがましい出来ごとで、高名なSF翻訳者の先生がたには、顔もむけられないくらいである。本書も、ほとんどの部分、浅倉久志氏のご援助をいただいた。厚顔無恥な新米から、ベテランへ、心からお礼を申し上げたい。

 すごくかしこまった文章ですが、この部分、書いたのは手塚治虫か浅倉久志か。どっちにしてもちょっと笑ってしまう。SFの書誌関係のかたはこの作品も浅倉久志の翻訳書としてカウントしてあげてください。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« September 2013 | Main | November 2013 »