« December 2012 | Main | February 2013 »

January 29, 2013

吉田竜夫の評伝『世界の子供たちに夢を』

 毎朝、日テレのショートアニメ「おはよう忍者隊ガッチャマン」を見てから出勤しているわけですが、ガッチャマン、実写映画化されるそうですね。キャシャーンとかヤッターマン、あとスピード・レーサーの前科があるからなあ。不安ながら楽しみなことではあります。

 ガッチャマンの魅力はいろいろあれど、やっぱ第一はキャラクターの顔、スタイル、コスチュームを含めたあのデザイン。やっぱ初期タツノコプロのデザイン、吉田竜夫の絵はかっこいい。

 日本マンガのようでそうでなく、アメコミのようでそうでない。ポーズはジョジョのごとくキレキレでキメキメ、男性キャラなのに色っぽい。ステキな絵です。

 吉田竜夫は早逝したので、生前のきちんとしたインタビューはひとつだけだそうです(「ファントーシュ」1977年8/10号。わたし持ってます、えっへん)。彼の足跡を知るためにまとまった本としてはこれまで、笹川ひろしの自伝『ぶたもおだてりゃ木にのぼる 私のマンガ道とアニメ道』(2000年ワニブックス)とタツノコプロ40周年を記念して出版されたインタビュー集『タツノコプロインサイダーズ』(2002年講談社)が存在するだけでした。

 そこへ今回発売されたのがこれ。

●但馬オサム『世界の子供たちに夢を タツノコプロ創始者 天才・吉田竜夫の軌跡』(2013年メディアックス、1500円+税、amazon

世界の子供たちに夢を~タツノコプロ創始者 天才・吉田竜夫の軌跡~

 著者からご恵投いただきました。ありがとうございます。

 吉田竜夫は京都でセミプロとして新聞の挿絵画家や紙芝居描きとしてそのキャリアを始めます。上京して絵物語作家として雑誌デビュー。絵物語で有名となり、のち売れっ子マンガ家に。

 最近ならマンガショップ/パンローリングから吉田竜夫のマンガ作品がいろいろと出版されてます。マンガ月刊誌時代の最期に間に合ったわたしなどは、じつになつかしい。

 吉田竜夫は「巨人の星」で人気作家となる以前の梶原一騎と組んだ作品が多く、梶原一騎からは(一方的に)嫉妬の炎を燃やされてますが、そのあたりについてはわたしもブログ記事にしたことがあります。

漫棚通信ブログ版:吉田竜夫と梶原一騎

 アニメに関してはまったく素人のタツノコプロが「宇宙エース」を制作して、放映開始したのが1965年。手塚治虫に遅れること二年。以後、吉田竜夫はアニメーション制作会社の社長、プロデューサー、デザイナーとして八面六臂の活躍。しかし病に倒れ、1977年没。45歳の若さでした。

 わたしが熱中した「ガッチャマン」「キャシャーン」「破裏拳ポリマー」「テッカマン」などは吉田竜夫がまだ生前の作品だったのだなあと再確認しました(失礼ながらタイムボカンシリーズには興味なくってすみません)。

 本書は吉田竜夫に関する初めての評伝です。主に二部に別れてて、アニメ制作以前、以後ですね。

 わたしの興味は主に前者にあるのですが、かつての書籍ではこのあたり書誌的にけっこうズボラでした。公認書籍のはずの「タツノコプロインサイダーズ」はすみずみまで気を配ったたいへんケッコウな本なのですが、吉田竜夫の初期絵物語については不確かな記述がされてたりします。本書で著者は国会図書館で当該雑誌に直接当たっていろいろ確認されていてすごく細かい。

 すでに当時の物故者も多く、アニメ以前の吉田竜夫については、こういう地味な文献確認作業と現在も息災な関係者への取材しかないわけで、本書はじつに健闘してます。

 なかでもおもしろかったのが、当時アシスタントだった望月三起也の証言で、「あの人はこれだから」と天を指さす。天才だといってるのですね。あの、望月三起也にして吉田竜夫とはこういう存在だったのです。

 あと、同時期に国分寺駅をはさんで南にタツノコプロ、北に劇画工房があって、ほとんど交流がなかったというのも笑った。

 後半のアニメ制作以降については、前掲二書に多くを依っています。もちろんタツノコプロの関係者にはあらためて細かくインタビューされていて資料性も高い。

 本書には吉田竜夫の知られざる絵物語時代のイラストが多く収録されていて楽しい。ただし残念ながらアニメ時代の図版、とくによく知られるはずのキャラクター図版などが少なくて、当時を知らない読者にはちょっと不親切かな。

 通読して感じたのは、吉田竜夫ってなんていい人だったんだ、ということ。成功した有名人、早逝したとはいえ、ちょっとは悪口も出てきそうなものですが、それがまったくない。著者による取捨もあるかもしれませんが、これは他の本を読んでも同じ印象なんですよね。

 このあたりが手塚治虫とまったくちがうところです。とか書くと差し障りがありそうですが、そうなんだからしょうがないじゃん。なんつっても涙なくしては見られないアニメ「みなしごハッチ」をつくったひとですし。

 吉田竜夫は本書のタイトルどおり「世界の子どもたちに夢を」というのを座右の銘にしていて、最終的にはディズニーのように遊園地開園を夢みていたそうです。

 吉田竜夫はマンガ、アニメ、さらにそれを越えた大きな構想を持っていたらしい。つくづく早逝が悔やまれます。亡くなってすでに30年以上。この時期になっての伝記制作はいろいろと大変だったようです。労作。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 23, 2013

遺稿にして埋もれた名作『地上の記憶』

 双葉社はいい本を出したなあ。

●白山宣之『地上の記憶』(2013年双葉社、1200円+税、amazon

地上の記憶 (アクションコミックス)

 2012年に早逝した著者の遺稿集として編まれた短篇集です。安部慎一、泉晴紀、大友克洋、さべあのま、鈴木翁二、高寺彰彦、高野文子、谷弘兒、谷口ジロー、平田弘史、ほんまりう、山本おさむがメッセージやイラストを寄せていて、カバーデザインは大友克洋。

 収録されているのは1979年から2003年までに描かれた短編五作。1979年『Tropico』はロベール・アンリコの映画「冒険者たち」みたいな、しゃれた感じの活劇。

 2003年の『大力伝』は平田弘史のマンガ『怪力の母』を、別人を題材にしてリメイクしたような作品。絵や語り口も平田タッチに似せるというムチャをしてて、しかも成功しているのがすごい。

 おどろいたのが2001年『ピクニック』。関ヶ原の戦いを「物見遊山」として見物する農民たちを描いた作品。おそらくこういう視点で描かれた時代劇は、小説、映画を含めて前代未聞じゃなかろうか。

 そして1991年『陽子のいる風景』、1992年『ちひろ』にはやられた。山本おさむの解説にあるようにマンガで描いた小津安二郎映画。

 説明的なセリフを完全に廃し、動線や漫符をできるだけ使わず、小さなコマにいたるまできっちりと背景を書き込む。日本を舞台にした典型的な日本マンガなのに日本マンガじゃないみたい。これ、描くのにすごく時間かかってるよなあ。

 劇的なことは何も起こりませんが、この胸に迫る読後感はどうだ。この埋もれていた二作を読むだけでも本書の価値があります。ほんとに出版してくれてありがとう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 11, 2013

海外マンガを買う話

 えーと子ども時代からずっと日本マンガを読んできた自分ではありますが、海外にもマンガが存在するらしい、しかもそれがなかなかおもしろいらしい、ということをなんとなく知ったのが小学生のころ。

 それは小野耕世のコラムで読んだ、ような気がします。虫プロの雑誌「COM」1968年4月号から連載開始された「海外まんが紹介」の第1回は「スーパー・アンチ・ヒーロー『スパイダーマン』」でした。海のむこうでは何やら新しいことが起こっているらしい。

 1968年には「少年ジャンプ」が創刊され、創刊号からアメコミ邦訳が掲載されました。これで日本でのアメコミ人気が爆発、というようなことはありませんでした。少年ジャンプのアメコミ邦訳は、人気マンガ家をそろえられなかったための穴埋め企画でした。

 講談社はもっと意欲的で、池上遼一による日本版『スパイダーマン』が「別冊少年マガジン」に連載開始されたのが1970年1月号から。西郷虹星による日本版『ハルク』が「週刊ぼくらマガジン」に連載開始されたのが1970年11月24日号から。

 そして「SFマガジン」で小野耕世のコラム「SFコミックスの世界」が始まったのが1971年のこと。

 このあたりでわたしの頭に、世界のマンガには日本のそれ以上にすぐれたものがあるらしい、というのが刷りこまれてしまったようです。いいなー、おもしろそうだなー、読んでみたいなー。

 以後、光文社とかスターログとか小学館プロダクションとかメディアワークスとか、断続的に海外マンガの小さな邦訳ブームが訪れては消えていきます。

 そのころのわたしは邦訳された海外マンガを買っていただけでしたが、インターネットの普及で状況が変わりました。

 ADSLとか光とかはまだ出現していませんでしたが、海外でネット通販が盛んになり、日本からも注文できるようになったのです。居ながらにして世界の本(わたしの場合もちろんマンガですが)が手にはいる!?

 わたし喜んでアメリカアマゾンやバーンズアンドノーブル、ファンタグラフィックス社にネット注文するようになりました。アメリカアマゾンの記録を見ると、わたしが初めてアメリカアマゾンに注文したのが1997年のこと。

 最初に買ったのが、フランク・ミラー『ザ・ダークナイト・リターンズ』、それとアラン・ムーア/デイヴ・ギボンズ『ウォッチメン』、チャールズ・アダムスの画集、士郎正宗『攻殻機動隊』の英訳本、計四冊を注文してます。

 その次の注文では、アレックス・ロス/マーク・ウェイド『キングダム・カム』と、アメリカのコミック・ストリップの研究書と、『オーバーストリート・コミックブック・プライス・ガイド』(毎年発行されてる、アメコミ古書の相場が書いてある本)を買ってますね。十数年前も今も、やってることがいっしょですな。

 北米大陸横断はトラック、太平洋は船便。注文から到着するまで一カ月超はあたりまえ。送料もそこそこかかります。それでもそれだけの価値がありました。

 同時期に日本でも紀伊國屋がネット書店をオープンしていて、洋書注文窓口の選択肢が増えていました。でも品揃えはやっぱアメリカアマゾンのほうが上でしたね。

 そして2000年になって日本アマゾンがオープン。一冊の価格はアメリカアマゾンより高くなるのですが、送料がほとんどかからないし、なんつっても届くのが速い。アメコミを本国での発売とほぼ同時に購入することも可能になったのです。

 ただしその後もアメリカアマゾンの利用は続けてます。日本アマゾンで買うより、送料を足してもそうとうお安くなることがあって、そういうときは到着に時間がかかるのは覚悟の上でアメリカアマゾンで買ってます。あとエッチ系コミックスは日本アマゾンじゃ扱ってないので、本国に注文することになりますね。

 フランス語、スペイン語、イタリア語のマンガに関しては、アメリカアマゾンじゃなくてフランスアマゾンやイタリアアマゾンで買ったりできるようになりました。ヨーロッパ言語の本はヨーロッパで買うほうが品揃えがいいです。ただし送料は高めなのはしょうがないですし、これも船便でやってきます。

 中国語マンガに関しては、今のところ中国アマゾンの海外への送料がやたらに高いので、中華本を専門にしてる日本の書店のほうがずいぶんお安くなりますね。

 とまあ現代では、日本にいてもやる気(と語学力)さえあれば世界のマンガのトレンドをリアルタイムで観察できるわけです。いやー、こういう時代がくるとは。

 さてこれからは電子書籍でしょう。少なくとも古いマーヴェルコミックスなどは、相当な量が電子書籍化されてますし、新作のグラフィックノヴェルも紙の出版と同時に電子化されることが多いみたいです。時代はどんどん変わってるなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2013

明けましておめでとうございます

 年初の雑談でございます。

 小原篤『1面トップはロボットアニメ:小原篤のアニマゲ丼』(2012年日本評論社、1600円+税、amazon)読了。朝日新聞記者が朝日新聞デジタルに連載したオタクエッセイ。

1面トップはロボットアニメ: 小原篤のアニマゲ丼

 楽しく読みましたが、奥付を見てちょっと驚いた。コピーライト欄で「© The Asahi Shimbun Company」と記載してあるじゃないですか。

 著者はもちろん「小原篤」です。コピーライトのところには著者の名前も併記してあるのが当然、のように思いますがそうはなってない。著者が著作権者じゃないのですね。

 新聞社の記者が自分のところの新聞に業務で文章を書くときは、著作権は放棄しちゃうのかな。著者として将来自分の文章に手を入れたくなっても、朝日新聞の許可が必要。将来自分の文章を少しコピペしたくなっても、それをすれば盗作あつかい? なんかこう奇妙な感じですね。

     ◆

 邦訳されたアメコミはほとんどすべて読んでおります。最近はアメコミ映画が多いので、スーパーヒーロー・コミックもいっぱい邦訳されてます。日本人読者にとってアメコミはどうしても読み慣れないので、今年のベストはこれ! と手ばなしで推薦するのはちょっとむずかしいのですが、年末に出たこれはすごくいい! 

●マーク・ミラー/ブライアン・ヒッチ『アルティメッツ』(光岡三ツ子訳、2012年小学館集英社プロダクション、3200円+税、amazon

アルティメッツ (ShoPro Books)

 邦訳アメコミとしては破格にぶ厚い本です。映画「アベンジャーズ」のモトネタですが、映画よりヒネくれまくってるのが特徴。登場するヒーローたちがみんな、黒い心の持ち主か、バカ。

 スーパーヒーローたちが演ずる嫉妬と不倫と悪意と家庭内暴力の世界。いやーさすがに『キック・アス』のマーク・ミラー。ヒネてるわ-。正当派アメコミファンはひくでしょうが、アメコミは単純だからなー、というヒネたあなたにぴったり。

     ◆

 もうひとつアメコミで注目作品が、これ。

●『フラッシュポイント:バットマン』(2012年ヴィレッジブックス、3300円+税、amazon

フラッシュポイント:バットマン (DC COMICS)

 この中に収録されてるブライアン・アザレロ/エドゥアルド・リッソ「BATMAN: KNIGHT OF VENGEANCE(バットマン:復讐の騎士)」が絶品。

 アメコミでは「IF」の物語がよく展開されますが、本作も「もしブルース・ウェインとその両親が強盗に出会ったとき、殺されたのが両親じゃなくてブルースだったら」という「IF」の世界です。

 この世界でバットマンになるのは、ブルース・ウェインじゃなくてその父親のトーマス・ウェイン! という衝撃の展開なのです。だったらその世界でゴードン本部長やペンギンやジョーカーはどうなってるか、という物語。

 一種のパロディですが、オールタイムベスト級の作品。ちょっとすごいですよ。惜しいのは、この作品が「フラッシュポイント」という変則的なクロスオーバーの中の一篇であること。本書に収録されてるほかの作品を理解するには前作『フラッシュポイント』を読んでおく必要があります。

 でも本作だけならひとつの作品として成立してるんですよねー。ぜひともひとにすすめたい傑作、だけどコストパフォーマンス的にはなあ、という悩める作品なのです。

     ◆

 近藤ようこ/坂口安吾『戦争と一人の女』(2012年青林工藝舎、1000円+税、amazon)については、紙屋研究所さんのレビューがありますのでまずはそちらをどうぞ。

戦争と一人の女

 戦争と個人との関係はいかなるものなのか、を深く考えた意欲作です。ただしわたしは内容とはちょっとちがったところが気になりました。

 本作は坂口安吾の「戦争と一人の女」「続戦争と一人の女」「私は海をだきしめてゐたい」の三作を原作としています。

 「戦争と一人の女」は三人称ですが男の視点で書かれた小説。これに対して「続戦争と一人の女」は、同じ男女の物語を女の一人称で書いた小説。

 「私は海をだきしめてゐたい」は上記二作と同時期に書かれた作品。戦争への直接の言及はありませんが、ここに登場する女は、かつて娼婦であり不感症であるという点で上記二作と同じ題材なんでしょう。これは男の一人称で書かれています。

 近藤ようこはこれらの作品を再構築して、戦時下の男女の性愛を描きました。

 で、本作ではマンガ内のエピソードの進行とともに、女のモノローグと男のモノローグが交互に、あるいは同時に出てくるのですね。それぞれはフキダシの形が異なるので区別できます。

 ここで女のモノローグはすべて一人称なのですが、男のそれはモノローグというより厳密には男視点で書かれた三人称。ただし原作どおりに男の内面を書く一人称も混じることになります。ここがひっかかるところ。

 すらっと読ませるためには、男のモノローグも原作を離れてすべて純粋な一人称に統一すべきでしょう。著作権切れてるから、セリフなどを改変しても怒ってくるひとはいないはず。しかし近藤ようこは坂口安吾のオリジナル文章を書き直すことをしなかった。

 読みやすさを捨てて、あえてオリジナルを尊重。その結果、読むのにひっかかるけどそのぶん読者にとって作品の理解が深くなる、という結果になってるのじゃないか。脚色とはどうあるべきか、マンガにとって読みやすさは第一なのか、とかいろいろ考えさせる作品でありました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2012 | Main | February 2013 »