« October 2012 | Main | December 2012 »

November 27, 2012

キンドルでマンガを読む

 買っちゃいましたよ、Kindle Paperwhite。ハヤリモノに弱くてすみません。ネットでは予約してなかったのですが、ご近所のケーズデンキに行くと、ソニーの電子書籍リーダーと並んでフツーに売ってました。

 やっぱ「E Ink」はそうとうなスグレモノ。PCやiPadの液晶画面でマンガや文章をけっこう読んできましたが、いやーキンドルペイパーホワイト楽だわ。液晶とちがって目はまったく疲れないし、暗いとこでも明るいとこでも平気という点は、紙の印刷物よりすぐれてるかも。

 実際ここしばらく、キンドルでずっと小説を読んでましたが(冲方丁『光圀伝』ね。中巻が終わって下巻にはいったところ)、ほんとすらすら読めちゃいます。それになんつっても物理的に軽いのが楽。寝っ転がって片手で持っててもまったく苦になりません。読めない字やわからない単語があれば、そこを指で押さえて反転させれば「デジタル大辞泉」がたちあがってたちどころに読みや意味がわかる! とくに時代小説みたいに難しい言葉が出てくるときにはありがたい機能です。

光圀伝 電子特別版 (上) (角川書店単行本) 光圀伝 電子特別版 (中) (角川書店単行本) 光圀伝 電子特別版 (下) (角川書店単行本)

 ただしこの本に関しての問題点は、紙の本が全一巻で1995円。キンドル版が600円、700円、700円の全三巻で計2000円。なんと電子書籍のほうがお高くなるという、一般常識とはちょっとずれた価格設定。おそらくわたしのような物好きしか買わないのじゃないか。カドカワ、売る気あるのか。まあ出版社の思惑がいろいろあるのでしょう。

 ほかの電子書籍書店と比してアマゾン/キンドルが有利なのは、洋書の充実であることはまちがいないところ。というわけで洋書も買ってみました。

●David Kunzle『Father of the Comic Strip: Rodolphe Töpffer』→amazon

61dcd0srysl__aa278_pikin4bottomrigh

 近代マンガの祖、ロドルフ・テプフェールの研究書です。もともとはミシシッピ州の大学が共同して設立した出版社から刊行された本で、アチラではこういう学術書もキンドル本として流通してるんですね。

 英文のときも単語を指で押さえると「プログレッシブ英和中辞典」がすぐ立ち上がってくれる。いやー快適、と言えるくらい英語がすらすら読めればいいのですが、それでも読んでみよう、という意欲は出ますね。

 ただしこの本、図版がけっこう多いのですが、これはもうまったくダメ。キンドル上では図版の拡大がちょっとだけしかできないので、ほとんど何やらわかりません。

 アマゾンで買ったキンドル本はクラウド上に保存され、iPadやiPhoneからもキンドルアプリを使用して読むことが可能です。これはすごく簡単で手間がほとんどかからないのが便利。

 そこでテプフェールの図版をiPadから見てみましたが、こっちもひどい。「マンガ」ですから絵と文字からできてるわけです。iPadなら図版の拡大はいくらでもできますが、あまりに画像が粗くて、絵のほうは何が描いてあるかよくわからないし、字はまったく読めない。紙の本を見てないので比較できませんが、いくらなんでもここまでひどい図版ではなかろう。キンドル本にするとき、そうとうに画像を圧縮してるようです。

 キンドル、文字はオッケーですが絵に難あり。

 というわけで、マンガも何冊か買って読んでみました。

●ゆうきまさみ『機動警察パトレイバー番外編 運用マニュアル12章』Kindle版
●荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険 第8部 モノクロ版』1巻Kindle版
●郷田マモラ『モリのアサガオ』1巻Kindle版

機動警察パトレイバー番外編 運用マニュアル12章 (カドカワデジタルコミックス) ジョジョの奇妙な冒険 第8部 モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) モリのアサガオ: 1 (ACTION COMICS)

 角川、集英社、双葉社、各一冊ずつ。

 まず、文字ではあまり気にならなかったのですが、モノクロのコントラストがちょっと不満。マンガの絵ならもっとはっきりくっきりしてほしいのですね。このあたりは紙の本や液晶と比較すると、キンドルが明らかに劣っているのがわかります。

 さらにあたりまえですが、キンドル画面でマンガ1ページは小さすぎる。キンドルペイパーホワイトは文庫本と同じぐらいの大きさなので、大丈夫かな、と思ったのですがちょっと甘かった。マンガはやっぱ大きい画面のほうがいい。

 しかしそういう欠点があるものの、キンドルには上に書いたような利点やさらなる工夫も多い。

 キンドルペイパーホワイトでマンガを読むためのツールのひとつに「横画面モード」があります。これなら見開きもオッケー、なのですが、なんせ画面が小さすぎる。これで見る見開き二ページはほとんど豆本レベル。作者が気合い入れて描いてる絵を豆本で読まなきゃならないのはつらい。

 次に「スクリーンフィット」があります。これをONにすると余白をできるだけなくした画像になり、マンガでは余白が切られ画面に合わせて大きく表示されますので便利。

 ただし縦横比が狂います。多くは横長画像に変換されちゃって、文字も人物もけっこう太ってしまうのが難点。というか、本来の絵じゃないものを読むのもなあ。

 よく使うのが拡大機能。キンドルペイパーホワイトでマンガを読んでるとき画像や文字が小さすぎてよく見えなくなると、画面をダブルタップすると画面が拡大されます。

 ただし任意の部分が大きくなるのじゃなくて、1ページが四分割され拡大され、その四か所を画面タップで移動できる方式。四分割された画面はダブっている部分がかなり広く、それぞれを移動することで1ページの全体像を理解することが可能。って、いやいやいや、これでマンガを読むのはそうとうな特殊能力が必要。

 さて実際にマンガを読んでみますと、古典的コマ構成、少年誌らしく線が比較的単純で絵が大きい『パトレイバー』はキンドルでじゅうぶん読めました。見開きは一回だけだったし。

 見開き二ページを一単位として派手なコマ構成を多用する『ジョジョ』をキンドルで読むのはきついわー、というかほとんど不可能。とかいいながらなんとか一巻分読みとおしましたけど、さらに二巻めを読む気はおきません。

 『モリのアサガオ』はコマ構成は古典的でこれもじゅうぶん読めます。ただし作者の特徴であるふるえるような微妙な描線が、キンドル画面ではまったく見えません。これでいいのか、と思いながら読んでました。

 結局わたしの意見としましては、現在のところキンドルペイパーホワイトでマンガを読むのは不可能ではないが推奨しない、というところでしょうか。

 2012年末の日本で、電子書籍としてマンガを読むにはキンドルよりもPCあるいはiPadなどの液晶タブレットのほうがいいみたいです。今後のデバイスとしてはカラーの E ink 待ちかな。

 ただし現状で残念なのは、いろんなところから発売されてるマンガ電子書籍のファイルサイズと画質がもうひとつなことです。iPadサイズ以上に拡大すると、とても読めなくなってしまうことが多い。せめて多くの作品のオリジナルであるB5判でもじゅうぶんに読めるようになればいいのですが。

 このあたりかつてDVDで発売された「手塚治虫漫画大全集」などはそうとう拡大しても問題なく画像が美しく、むしろ現代の電子書籍のほうが劣化してたりするのですね。

 しかしこれ以上蔵書を増やしたくないわたしとしましては、今後旧作マンガはできるだけ電子書籍として買い、iPadで読む方向にシフトしていきたいと思っております。とりあえずはiPadのキンドルアプリの使い勝手がいいのでキンドルストア/アマゾンでの買い物が多くなりそうな気が。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 20, 2012

アメコミ雑感

 アメコミ、なかでもメインストリームと呼ばれるヒーローものの邦訳について。近年は小学館集英社プロダクションとヴィレッジブックスによる出版が続いてます。

 一時期壊滅状態だった小学館集英社プロダクションのアメコミ邦訳ですが、2009年に過去作品の再刊などで復活。2011年ごろからは精力的に新作が邦訳されてます。ジャイブはアメコミから完全に撤退しちゃったみたいですね。その代わりという形で2009年からヴィレッジブックスがアメコミ邦訳に進出。こちらもどんどん出版されてて、この二社の邦訳をフォローするだけで財布の中身を心配しなきゃならないくらい。

 以下は2010年以降の小学館集英社プロダクションのメインストリーム系アメコミラインナップ(再刊含む)。書影をクリックするとアマゾンに飛びます。

スーパーマン:ザ・ラスト・エピソード (ShoPro Books)バットマン:ザ・ラスト・エピソード (ShoPro Books)アイ・アム・アイアンマン (ShoPro Books)THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (ShoPro Books)スワンプシング (ShoPro Books)バットマン:アーカム・アサイラム 完全版 (ShoPro Books)ヘルボーイ:壱 ~破滅の種子/魔神覚醒~ (ShoPro Books DARK HORSE BOOKS)ヘルボーイ:弐 ~チェインド・コフィン[縛られた棺]/滅びの右手~ (ShoPro Books DARK HORSE BOOKS)キングダム・カム 愛蔵版 (ShoPro Books)キック・アス (ShoPro Books)マーベル・アベンジャーズ事典 (ShoPro Books)バットマン:マッドラブ/ハーレイ&アイビー (ShoPro Books)バットマン:ラバーズ&マッドメンジョーカー (バットマン)X-MEN:ファーストクラス 明日への架け橋 (ShoPro Books)マイティ・ソー:アスガルドの伝説 (ShoPro Books)グリーンランタン/グリーンアロー (ShoPro Books)カウボーイ&エイリアン (ShoPro Books)キャプテン・アメリカ:ウィンターソルジャー (ShoPro Books)THE DC ENCYCLOPEDIA DCキャラクター大事典 (ShoPro Books)バットマン:ノエルDCスーパーヒーローズ (ShoPro Books)WE3 ウィースリー (ShoPro Books)バットマン・アンド・サンバットマン:ラーズ・アル・グールの復活バットマン:ブラックグローブ (ShoPro Books)バットマン:R.I.P. (ShoPro Books)キャットウーマン:ホエン・イン・ローマ (ShoPro Books)スパイダーマン:ワン・モア・デイ (ShoPro Books)バットマンvs.ベイン (ShoPro Books)スーパーマン:レッド・サン (ShoPro Books)バットマン:笑う男 (ShoPro Books)アベンジャーズ:プレリュード (ShoPro Books)バットマン:デス・イン・ザ・ファミリー (ShoPro Books)ヴィクトリアン・アンデッド シャーロック・ホームズvs.ゾンビ (ShoPro Books)ベスト・オブ・スパイダーマン (ShoPro Books)スパイダーマン大全 (ShoPro Books)

 そしてコチラは2010年以降のヴィレッジブックス。

アストニッシングX‐MEN:ギフテッドニューアベンジャーズ:ブレイクアウトアストニッシングX‐MEN:デンジャラスバットマン:ダークビクトリー Vol.1バットマン:ダークビクトリー Vol.2X-MEN/アベンジャーズ ハウス・オブ・Mグリーンランタン:リバースデアデビル:ボーン・アゲインソー:マイティ・アベンジャー (MARVEL)ニューアベンジャーズ:セントリー (MARVEL)ニューアベンジャーズ:コレクティブ (MARVEL)グリーンランタン:シークレットオリジンシビル・ウォー (MARVEL)キャプテン・アメリカ:ニューディール (MARVEL)デス・オブ・キャプテン・アメリカ:デス・オブ・ドリーム (MARVEL)デス・オブ・キャプテン・アメリカ:バーデン・オブ・ドリーム (MARVEL)X-MEN:デッドリー・ジェネシス (MARVEL)マーベルゾンビーズ (MARVEL)DCユニバース:レガシーズ Vol.1DCユニバース:レガシーズ Vol.2 (DC COMICS)フラッシュポイント (DC COMICS)スパイダーマン・ヴォルトオールスター:バットマン&ロビン ザ・ボーイ・ワンダー (DC COMICS)アベンジャーズ:ハルク・ウェーブ! (MARVEL)フラッシュポイント:バットマン (DC COMICS)ニューアベンジャーズ:シビル・ウォー (MARVEL)スパイダーマン:ウィズ・グレート・パワー (MARVEL)

 二社の作品を並べててちょっと混乱するのが、本国でのストーリーラインが日本の出版社の枠を越えちゃってる件。たとえばバットマンのオリジンを描いたことで有名なフランク・ミラー/デビッド・マツケリー『バットマン:イヤーワン』(必読!)は現在、ヴィレッジブックスから発売されてます。

 その続編としてつくられた『バットマン:ロング・ハロウィーン』と『バットマン:ダークビクトリー』もヴィレッジブックスから発売中。ところがこれらの作品のサイドストーリーとなる『キャトウーマン:ホエン・イン・ローマ』は小学館集英社プロダクションから発売されてるのです。

 タイトルからわかっちゃうんでネタバレというわけでもないのですが、キャプテン・アメリカ死す!という大きな展開前後のストーリーはおおむねヴィレッジブックスで読めます。でもそこにいたる大きな流れは、小学館集英社プロダクションの『キャプテン・アメリカ:ウィンターソルジャー』を読んでおかなきゃよくわかんない。

 マーヴェルの大きなクロスオーバー『シビルウォー』はヴィレッジブックスから刊行されていますが、その直接の続きとなる『スパイダーマン:ワン・モア・デイ』『スパイダーマン:ブランニュー・デイ』は小学館集英社プロダクションから発売、というぐあい。

 しかしここ数年、アメコミってそうとうな点数が邦訳されてて、しかもバラエティ豊か。アメコミ邦訳はいい感じの状況が続いてます。

 小学館集英社プロダクションもヴィレッジブックスも魅力的な単発作品や過去の名作を多く邦訳してて、一冊だけ買って楽しむことも可能なラインナップになってます。両社ともアメコミの裾野を広げようと努力してますねえ。

 わたしはアメコミマニアというわけではなく、たまに原書を買う程度のうすいファンですが、だからこそこういう状況は、いやほんとありがたいことです。

 というところで雑感を。

 アメコミ邦訳の歴史もすでに長くなり、各社がアメコミ邦訳にトライしてきました。知らないひとはおどろくかもしれませんが、少年ジャンプも創刊されたころにはアメコミを邦訳して掲載してたこともあるのですよ。

 しかしアメコミって日本では、マニアやファンにはともかく一般的に受け入れられてるとはいいがたい。というかアメコミ邦訳の歴史はあざなえる縄がごとし。ちょっと盛り上がっては冬の時代、ちょっと盛り上がっては冬の時代、のくりかえしなのですね。

 しかし長くアメコミを読み続けてるファンはそれなりに根性すわってて、ちょっとくらい邦訳が少なくなってもあわてません。数年たって何かが映画化されれば、出版も盛り上がるさっ、てなものです。

 アメコミが日本で受容されにくい理由はいくつか考えられます。

 まず、人物造形がちょっと、と感じるかたは多いみたいですね。古典的にアゴが張った長い顔、筋肉むきむきでタイツ姿のヒーローを、かっこいい存在として認められるかどうか。

 そして読みにくく感じてしまう。マンガとアメコミの文法におけるいちばんの違いは「コマ内の時間経過」じゃないでしょうか。アメコミはヒトコマ内での時間経過が日本マンガの数十倍ありそうな気がします。

 日本マンガが何とかヒトコマで一瞬を切りとろうと努力してるのに対して、アメコミってヒトコマに情報を詰め込んで、できるだけそのコマに読者の視点を停滞させようとしてる、みたいに見えるんですよね。

 だから日本人読者はアメコミをすらすら読めないのでいらいらしてしまう。

 そしてアメコミのシリーズ作品は数十年の歴史を持ってるのがあたりまえ。スーパーマンで70年、スパイダーマンだって50年ですからね。過去のストーリーをある程度理解した上で、途中から読み始めるのって、やっぱ入っていきにくいよなあ。キャラや悪役、多すぎるし。

 でも最近はこの状況も変わってきてます。

 アメコミの絵も日本マンガの影響を受けてずいぶん目が大きくなってるし、コマ構成も日本マンガのそれに近いものに変化してる(こともある)。ちょっとしたシーンに多くのコマを使うようになったってことですね。昔の作品に比べて日本人読者にもずいぶん読みやすくなりました。

 シリーズの寿命が長すぎるっていうのは出版社のほうも承知してるらしく、最近のアメコミは何かというすぐ「ちゃぶ台返し」してて、世界が改変されたりキャラクターの人生がリセットされたりオリジンが語り直されたり。ですから新規にファンになるのもちょっとは楽になってるのじゃないかしら。

 今はアメコミを読み始めるにはいい時期だと思いますよ。『ウォッチメン』や『ダークナイト・リターンズ』みたいなオールタイムベスト級の傑作も今なら入手可能だし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2012

異世界創造『闇の国々』

 超重量級のBD『闇の国々』2巻が発売され、日本人読者としては圧倒されっぱなしなわけです。

●ブノワ・ペータース/フランソワ・スクイテン『闇の国々』2巻(古永真一/原正人訳、2012年小学館集英社プロダクション、3800円+税、amazon

闇の国々 (ShoPro Books) 闇の国々II (ShoPro Books)

 出版社からご恵投いただきました。ありがとうございます。

 本シリーズは長編および番外編、計24巻におよぶ作品群から形成されています。ぶ厚い邦訳の1巻と2巻を合わせても、これまでに本国で出版された総量のまだ半分にも達していません。

 『闇の国々』の世界は、現実世界における18世紀から19世紀にかけてのヨーロッパと似た風俗を持っています。フランス語が使用され、服装などもそっくり。でも地理がちがう歴史がちがう社会構造がちがう。それぞれの都市では現実世界ではありえない奇想天外な事象が次々と起こる。ここはまったくの異世界です。

 本作は架空世界の歴史を、とくに都市と建築に注目しながらまるっと創造しようという、とんでもないチカラワザのBDです。1巻ではシリーズのそれぞれ第2・3・6作となる「狂騒のユルビカンド」「塔」「傾いた少女」の三作が邦訳されました。続いてこの2巻では「サマリスの壁」「パーリの秘密」「ブリュゼル」「古文書官」の四作が邦訳されています。

 「サマリスの壁」はシリーズ第1作。まだ『闇の国々』の全貌がぜんぜんわからない時期の作品ですが、まずオープニング、都市の鳥瞰に圧倒されます。カメラが(架空の!)都市上空をどんどん移動して、最終的にある部屋の内部をうつすまで。CGもない三十年前に描かれた超絶テクニック。

 主人公が遠く離れた都市サマリスを訪れ、その都市の秘密をさぐるお話。この秘密というのが、思いついたり小説に書いたりすることはできるかもしれないけど、実際に「絵」として描くことはムチャ大変、というシロモノ。ところが本書ではこれをどれだけ楽々となしとげていることか。その「絵」におどろかされます。

 シリーズ第5作となる「ブリュゼル」は今回の第2巻の中心となる作品。ブリュゼルはベルギーの首都であるブリュッセルがモデルとなっています。

 ベルギーは1830年に独立した若い国ですが、その首都ブリュッセルは産業革命と人口集中で環境が悪化していました。そこで独立早々に大がかりな都市再開発が計画されました。市長の指揮のもと、街の中央を流れる川の埋め立てと幹線道路の建設、古い家屋の徹底的な破壊、放射状の直線道路による幾何学的な街の創造などが計画実行されたのですが、これらは当時から批判されていました。都市整備が歴史的景観を破壊するだけでなく、出費が膨大なものになっていったからです。市長交代のあともブリュッセルの都市計画は混乱を続けていくことになります。

 といった史実を下敷きにして、架空の都市「ブリュゼル」でも都市の再開発がなされています。めざすのは摩天楼が空中回廊で結ばれたSF的未来都市。

 主人公は、ブリュゼルに住むプラスティックの植木屋さんです。植木がプラスティックでできてたら水も肥料もいらない、というのが彼の革新的考え。彼が新規開店しようとしていると都市再開発で店が壊されそうになってしまう。役所に向かった身体の弱い主人公が出会うのが、再開発を推進する企業家、電気生理学の天才発明家、反都市計画地下組織に属する美女など。彼が街と大病院の中をさまよっているうちに、都市はゆっくりと破滅に向かう……

 書影に描かれてるのが、主人公と計画された都市の模型です。

 奇想に満ちたストーリーですが、最大の魅力は街や建築物や飛行船のデザイン、そして「絵」ですね。こういうふうに架空の異世界をまるっと創造してしまおうというマンガですから、日本マンガとはずいぶん絵がちがう。どこがちがうかというと、背景がちがいます。

 架空世界=風景=背景です。背景こそ作者が描きたいもの。本作ではほとんどのコマに、背景がきちんと描き込んでありますが、この線が整理されている。最近の日本マンガの写真を模写したような背景とはちがいます。これはカラーの仕上がりを予測した絵だからでもあるでしょうが、どこに絵の重点を置くのか、いわば思想がちがう。

 そして第2巻の大きな魅力が色です。1巻はほとんどがモノクロで描かれた作品ばかりだったのですが、2巻は多くがカラーですよカラー。BDの色づかいはエルジェ以来の伝統なのか、中間色を多用していて他国のマンガより格段にアベレージが高い。とくに本書は書影に見られるようにおちついたカラリングで統一されていて、渋いっ、うまいっ。

 「パーリの秘密」は未完成作品ですが、現実のパリとの重なっていて『闇の国々』世界の謎を解く鍵になるような部分もあり。注目すべき「古文書官」はシリーズの初期に描かれた番外編です。

 現実世界の図書館員が『闇の国々』に関する資料を発見し、論文を執筆するお話。一枚絵とそれに対する考察、という形式で進みますが、まだ描かれていない作品の設計図、プレゼンを読んでる感じ。正編となる作品群と対比して読むといろいろと楽しい発見があります。

 『闇の国々』邦訳2巻が刊行され、これで正編となる長編のうち第1・2・3・5・6作が読めるようになったわけです。物語が蓄積されてくると、作品をまたいで登場するキャラクターも複数登場してきますし、世界の謎も次第に明かされていきます。

 物語が進むにつれて世界の成り立ちが読者の眼前に現れてくる。これだけ先が気になってわくわくする作品もちょっとないです。まちがいなく歴史に残る傑作。

 今後も続編が邦訳出版されることがアナウンスされました。本国で三十年にわたって描かれた名作が日本で一気に読めることになるわけで、いやーほんとにこれからが楽しみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2012

現代社会は生きにくい『地球の放課後』

 『地球の放課後』最終6巻が発売されてたことを見落としていました。で、最近買ってきたわけです。

●吉富昭仁『地球の放課後』全6巻(2010~2012年秋田書店、各552円+税、amazon

地球の放課後 6 (チャンピオンREDコミックス)

 文明崩壊モノと呼べばいいのかな、天変地異、宇宙人襲来、核戦争、パンデミック、ゾンビ、原因になるものはいろいろ考えられますが、その結果、文明が崩壊し、主人公たちだけが世界に取り残されるというお話。

 当然ながらほとんどの作品が、ディザスターをメインにしたり、ホラーやサスペンスを前面に押し出した作りになるわけですが、本作は違った。

 ファントムという怪物に襲われて人類が滅亡した世界。生き残ったのが少年ひとりと美少女三人。文明は崩壊してるけど、世界はそれほど荒廃しておらず、けっこう清潔で食事にも困らない。レジャーもけっこうあったりするし。

 ファントムが襲ってきたり、謎の事件がときどき起こったりするけど、それなりにおちついててのんびりした日々が続きます。最終巻では伏線はきちんと回収され、世界の謎は明らかに。SFとして破綻なく終了します。

 文明崩壊モノとしてはありえないほどのお気楽さ。そこがたんたんとしてて楽しかった。男ひとりに女の子三人のハーレムマンガでもあります。エロといえるほどの描写はなくて、そこものんびり。

 ちょっと似た感じの作品に「ゾンビランド」という映画があります。ゾンビのために荒廃した世界に生き残った、ひきこもりのオタク青年が主人公。彼はこの文明崩壊後の世界で、旧世界では絶対出会えなかったような自分を愛してくれる女性(エマ・ストーンかわいい)とたくましく生きていくことになります。

 本来、文明崩壊後の世界はヒトが生存するにはとんでもなく過酷であるはずなのですが、これらの作品ではそこには目をつぶり、現世をリセットしたある種のユートピアとして描かれます。

 つまり逆にいうと、現世がどれだけつらいところか、生きにくいところか、ということですね。現代人にとってこの世に生き続けるくらいなら、文明崩壊後の世界の方がまし、なのかも。

 アメリカでなぜゾンビがブームになってるのかは正直よくわからないのですが、日本の文明崩壊モノにはそういう気分がきっとあると思うのですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2012 | Main | December 2012 »