« April 2012 | Main | June 2012 »

May 26, 2012

イタリアーンなマンガ:マニウスの『金瓶梅』

 イタリアの有名マンガ家に、マニウス Magnus というひとがいます。

 本名はロベルト・ラヴィオラ Roberto Raviola、1939年生まれで1996年没。日本なら石森章太郎とほぼ同年代。Magnus とは本来ラテン語で「偉大」という意味です。「おれってグレートだぜっ」という意味を込めたペンネームみたいですね。

 イタリア語で「gn」は「ニュ」と発音する(たとえば「Bologna」=「ボローニャ」)ので、「マーニュス」と読むのがいいのかもしれません。「マンニュス」と書いてあるサイトもあります。ただしすでに、小野耕世『世界コミックスの想像力 グラフィック・ノヴェルの冒険』(2011年青土社)で「マニウス」と紹介されていますので、それにならって表記することにしましょう。

 小野耕世は『世界コミックスの想像力』に収録された「俗悪コミックスが再浮上する マニウスの『ネクロン』」の中で、ダーティ・コミックスを描いたマニウスを、芸術的エロのグィド・クレパックスと対比して紹介していました。

 しかしそれはマニウスの一面でしかありません。彼はイタリアを代表するマンガ家、しかも「カルト」であるのに第一線の人気マンガ家でした。

 1960年代、マニウスはシナリオ担当のマックス・ブンケル Max Bunker と組んで、下品で通俗、暴力とエロティックなシーンがいっぱい、でも読者をコーフンさせるマンガを量産しました。

 『クリミナル Kriminal』は骸骨コスチュームの盗賊。『サタニク Satanik』は「ジキル博士とハイド氏」みたいに薬で変身する女化学者。『アラン・フォード Alan Ford』は風刺とブラックユーモアに満ちたスパイの物語。

 これらの人気作品には直截のエロは登場しません。1975年にマニウスはマックス・ブンケルと別れ、おとな向けの作品を出していたレンツォ・バルビエリ(←この編集者がこのころのイタリアエロマンガの元締め)の出版社に移籍し、もっとエロティックでホラーな作品を描き始めます。

 そして80年代になると、マニウスはのりのりでエロでグロでビザールな作品群を描くようになります。小野耕世が紹介した『ネクロン Necron』や『紀元3000年のミレディ Milady nel 3000』はそのころのものですね。

 マニウスは1980年代末にはエロから離れ、1940年代から続くイタリアの古典的西部劇マンガ『テックス Tex』に参加します。エロはまったく出てきませんが、マンガとしてすごくおもしろい作品。これが彼の最後の作品となりました。

 とまあ経歴と作品群を追ってみても一筋縄ではいかない複雑な人物だったようです。ご本人の写真を見てもダリかと思うようなヒゲの持ち主。そうとうハッタリがきいてますな。→アマゾンの画像検索結果()。

 マニウス作品の現物を見ると、通俗にして前衛、ロバート・クラムとバットマンが同居している感じ。性器の結合とフェラチオを描いていても、彼の作品は俗悪でありながら芸術なのですね。こういう複雑さは好きだなあ。

 それでは、マニウスによるエロティックマンガの代表作をひとつご紹介。『110個の媚薬 Le 110 pillole』という作品です。

●Magnus『Le 110 pillole』(2006年Alessandro社、amazon

Magnus110pillole_2 Le centodieci pillole

 原著は雑誌に連載されたあと1986年に発行されました。エロエロの書影左が1986年発行のイタリア語版の初版、右が今流通している再版です。他にフランス語版や英語版もありますし、この作品が収録されている作品集もあります。でもAlessandro社のものは判型が大きくて良い紙、さらにマニウスのデッサンやデザインの原型、ストーリーボードなども収録した豪華版なのでオススメ。

 一応日本アマゾンにリンクしてますが、イタリアアマゾンから輸入したほうがよほどお安くなりますのでご注意を。

 何やらオリエンタルスタイルの絵ですが、じつはこの作品、モトネタは「金瓶梅」です。

 「金瓶梅」の主人公は西門慶。この名をローマ字表記すると通常は「Ximen Qing」です。本書の主人公はちょっとだけ表記を変えた「Hsi-Men Ching」。原作どおりの大金持ち。第一夫人から第五夫人までをそろえた艶福家です。

 原作では第五夫人が悪のヒロインとなる潘金蓮ですが、本作でも第五夫人の金夫人が物語の鍵となります。

 主人公がある僧から手に入れた媚薬を使い、妻たちや若い芸妓、さらに男たちともエッチを重ねるうちに、媚薬のために身を滅ぼす物語です。

 モノクロで46ページ。もちろん性器や結合部分がしっかり描かれたポルノグラフィなのですが、おどろくべきはマニウスの描く中国世界のデザイン。

Img_0001_new

Img_0002_new_0001

Img_0003_new

 こんなの中国とちゃうわ、などといわないように。これこそ西洋人が考える東洋、っていう感じ。どこかイタリア風な気もする。もちろんマニウスが中国を知らずに描いてるのじゃなくて、世界中のどこにもない、マニウスの頭の中にだけある中国を再現しているのです。

 この絵の力はちょっとすごいですよ。いやー世界は広い。わたしたちの知らないマンガにあふれてる。


●こちらはマニウスについて日本語で書かれたサイト。ちょっととっちらかった日本語で、しかもエロマンガ家であるマニウスについては無視されてますが、貴重な文章なので参考にどうぞ。→(

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 22, 2012

きみは『沙漠の魔王』を知っているか!

 戦後の少年雑誌は、マンガよりもまず絵物語で始まりました。

 集英社「少年ジャンプ」の前身となった月刊誌が「少年ブック」。そのさらに前身の月刊誌が「おもしろブック」。最初期の「おもしろブック」は月刊誌ではなく、単行本のシリーズ名でした。その第一作が山川惣治『少年王者』第一巻。

 すでに紙芝居で人気だった『少年王者』を絵物語にした作品です。日本人少年がアフリカで活躍するターザンもので、これが大ヒット。少年ジャンプの源流には絵物語と紙芝居があったわけです。

 同様に少年画報社の主力月刊誌だったのが「少年画報」、その前身が「冒険活劇文庫」。その看板作品の絵物語が永松健夫『黄金バット』でした。すでに単行本が発売されておりこれも大ヒット作品。もちろん『黄金バット』も戦前からの紙芝居ヒーローですね。

 さて秋田書店の主力雑誌だった月刊「冒険王」。この前身の「少年少女冒険王」の看板絵物語が、福島鉄次『沙漠の魔王』でした。

 『沙漠の魔王』が他の作品とどこが違うかというと。

 そのアメコミタッチとも評される力強い絵や構図。そして特筆すべきは、他の絵物語がせいぜい二色であったのに比べ、四色フルカラーで描かれたこと。

 作品の一部だけがカラー、などではなく、ほとんど全ページがカラー。こういうぜいたくが本作品では許されていたのです。これってモノクロマンガばかりの現代から見ると、ちょっとすごいじゃないですか。

 名高い『沙漠の魔王』ですが、カラーであることが復刻の大きな障害になっていたそうです(なんせ高額になっちゃう)。だもんで『沙漠の魔王』と福島鉄次の業績は、日本マンガ史の大きな欠落部分でありました。かつて筑摩書房「少年漫画劇場」に収録されたことがありましたが、カラーで印刷された部分は少しだけ。

 しかしついに。

 コレクターのかたは別として、これまで特殊な図書館でしかお目にかかれなかった本作が、とうとう復刻。秋田書店えらいっ。復刻作品としては、手塚治虫『新寶島』『ジャングル大帝』クラスのビッグタイトルです。こういう話題はコミックナタリーが記事にして世間に広めなきゃダメだろ。

 秋田書店の特設ページとアマゾンの予約ページ。

『沙漠の魔王』予約限定完全復刻版、予約受付中!!

●福島鉄次『沙漠の魔王 完全復刻版』(2012年秋田書店、17000円+税、amazon

「沙漠の魔王」完全復刻版

 いつも買い物に優柔不断なわたしですが、今回はこのニュースを知った当日に、来た、見た、買った、でしたよ。「天空の城ラピュタ」のモトネタになったといわれる飛行石を目撃せよ!

 注意すべきは限定生産なので、アマゾンでは買い物かごにいれるだけじゃダメ。きちんと注文完了しておく必要があるみたいです。

※これまで『漠の魔王』と表記されることが多かった本作品ですが、今回の復刻版に合わせて『漠の魔王』と表記しています。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 17, 2012

イタリアーンなマンガ:ミロ・マナラの詩情

 最近、イタリアのコミックに凝っています。

 きっかけとなったのは、エロ。

 世界中のエッチでエロティックなマンガを探して日々ネットをさまよっているひと(←わたしだ)がいろいろ調べてみると、エロティックマンガ界の国際的ビッグネームにはイタリア人が多い、ことを発見することになります。

 女性を美しく描く、というのはイタリアの伝統なのかもしれませんが、とくにイタリアでエッチなマンガが発達したのには理由があるようです。

 1960年代後半から1970年代にかけて、イタリアではエロマンガのブームがあったのですな。

 これは日本の「三流劇画」ブームと似たところがあったようです。このブームの仕掛け人はレンツォ・バルビエリ Renzo Barbieri というひとりの編集者でした。

 バルビエリが始めたフュメッティ・タスカビーリ fumetti tascabili(ポケット版コミックブック)はごく普通に街角のスタンドで売られるようになります。これは悪い紙質、しかしエロとビザールにあふれた安価なマンガのシリーズとして、イタリア中で大人気となります。

 悪魔の女王、女剣士、魔女、女マッドサイエンティスト、女吸血鬼たちが、男性や女性を相手にあんなことやこんなことをしたり、逆にあんなことやこんなことをされたりするマンガ。セックスだけじゃなくて血を見ることも多い。このような「俗悪」マンガが街を席巻し、若者たちのセックス革命の一翼をになったわけです。

 イタリアの多くのマンガ家がこのエロマンガブームと関わりを持ちました。1980年代にブームは終焉します。直截のエロから解放された彼らは他の場所でさまざまな上質な作品を描き、世界的なビッグネームとなっていった、という経緯です。

 たとえば、ミロ・マナラ Milo Manara 。

 現在、英語圏でもっとも有名なイタリア人マンガ家であるミロ・マナラは1945年生まれ。彼もエロティックな(というかダーティな)ポケット版コミックブックの出身です。

 マナラの絵は明らかにメビウスの影響下にあります。マナラの流麗な線で描かれる女性は、そこに立っているだけでエロティック。

 最近マナラはアメリカメジャーのマーヴェルに請われて「X-Men」の一作を描きました。これは2009年に「X-Women」のタイトルで出版されました。メビウスがかつて「シルバーサーファー」を描いたのを思い出しますね。

 さらにアメリカのダークホースコミックスが昨年から、英語版マナラ選集を出版し始めています。ハードカバーの大判で全九巻予定というりっぱなもの。現在は三巻めまでが発売されてます。

●Milo Manara「The Manara Library 1」(2011年Dark Horse Comics、amazon
●Milo Manara「The Manara Library 2」(2012年Dark Horse Comics、amazon
●Milo Manara「Manara Erotica 1」(2012年Dark Horse Comics、amazon

The Manara Library 1 The Manara Library 2 Manara Erotica 1

 わたしはもちろんイタリア語もフランス語も読めません(えっへん)。だから英語版での発売はたいへんありがたい。えーと実をいいますと日本アマゾンから購入するよりも、アメリカアマゾンから送料を払って購入したほうが安価になることがありますので、そのあたりみなさまご検討ください。

 マナラの作品中、国際的に最も有名なのが「The Manara Library 1」に収録されている「Indian Summer」です。ではこの作品のご紹介を。

 シナリオ担当はヒューゴ・プラット Hugo Pratt で、このひともイタリアの有名マンガ家。彼についてはまた後日書きましょう。

 「Indian Summer」の原著は1983年発行。すでに世界各国でマスターピースとして認められてる作品です。

 インディアン・サマーとは晩秋に訪れる暖かい日のこと。日本語では小春日和ですね。ネイティブ・アメリカンをさすインディアンという用語はそもそもがまちがいであるし、ポリティカル・コレクトの意味もあって最近使われなくなってます。でも「Indian Summer」みたいな慣用語はどうすんだろ。タイトルや英訳文にしたかって本小文ではインディアンという用語に統一して記すことにします。

 インディアンが登場しますが、本作はいわゆる「西部劇」ではありません。舞台は18世紀初頭北米東海岸、現代のニューヨークの近くにあるニューケイナンという砦。砦に住むのはイギリスからの移民第一世代と守備隊。

 白人たちと周囲に住むインディアン部族は緊張感を持ちながらも互いの存在を認め、同居する状態が続いていました。

 秋のある天候の良い日、海岸を散歩するひとりの白人少女。彼女が出会ったのはふたりの若者。ひとりはインディアンでひとりはインディアンふうの衣装を着たオランダ人。

 彼らは少女をレイプしてしまいます。

 それを離れた砂丘から見ていたのが別の白人の若者、アブナー。彼は銃でインディアンとオランダ人のふたりを撃ち殺し、少女を自分の家に連れ帰ります。

 アブナーは母親、ふたりの兄弟、妹の五人で、砦とは離れた森の一軒家に住んでいました。アブナーの一家はこの周辺では特殊な存在でした。母親はほおに「L」の焼き印をされており「魔女」とみなされていました。妹は森の精と性的感応を結ぶような行為をしています。

 レイプされた少女は砦の牧師の姪でした。彼女を取り戻すため守備隊が森の家へやってきます。そしてインディアンが同胞の死を知ったとき、白人とインディアンとの微妙な政治的バランスは崩れ、戦いと悲劇の幕が開く……!!

 過酷な冬を前にしたインディアン・サマーという特殊な天候が若者たちを暴挙に導き、それが大事件に発展していく、わけです。

 お話はたった二日間の出来事を描いています。白人対インディアンの戦いが進行する裏側で、「魔女」である母親の過去や、兄弟たちの出生の秘密、牧師の悪行などがつぎつぎと明らかになっていく。いや複雑かつ、よくできたお話です。

 ヒューゴ・プラットは自分が絵を描く作品でも会話を多用する作家ですが、今回も途中はまるで会話劇。この緊張感いっぱいだけど静的なシーンを読ませるのが、マナラの描く人物像です、演劇のようなコマごとのポージングがすばらしい。

 いっぽうでアクションシーンは無音で表現されることが多く、オノマトペはごく少ない。これも全体のトーンに影響を与えています。

 本書のマナラの絵はまさに絶品で、自然はあくまで美しく、女性はあくまでエロティック。そしてアクションシーン、とくにモブシーンがすごい。

Img_00033_2

Img_00011_3

Img_00022_3

 大勢のインディアンが砦を襲うクライマックスは、日本マンガや他の世界マンガが描いたことがないシーンです。しかもそれが残酷でなく詩情にあふれているという不思議。

 いやー、ええもん見せてもらいました。マナラの他のエッチな作品についてはまたいずれ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 10, 2012

アマゾン恐るべし

 日本アマゾンがサービスを開始する以前からアメリカアマゾンで洋書を購入してきた自分としましては、現在の状況はまさに隔世の感ですね。最近イタリアマンガ史の勉強をしようとしてヨーロッパのアマゾンをふらふらとさまよってたのですが、以前とは状況がずいぶん変わってます。

 まず現在のアマゾンの状況から。こういうのはアマゾン本社がすべき広報だと思うのだけどねー。

 2012年5月現在、アマゾンはアメリカ、カナダ、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、日本、中国に存在します。

 日本在住の読者としては、英語の本は日本アマゾンでもそこそこ入手することができますが、やっぱり不十分。さらに英語以外の本は日本アマゾンでは決定的に扱いが少ない。

 それぞれの国のアマゾンの品揃えにはかないません。というわけで日本からも各国アマゾンに注文することになるわけですが、じつはそれはすごく簡単な状況になってます。

 ちょっとした問題は、英語表示であるアメリカアマゾンはともかく、ドイツアマゾンやフランスアマゾンに、住所やクレジットナンバーを記入するのは敷居が高い、という点。ところが、私も驚きましたが、今はこれって簡便化されてるのですよ。

 アメリカアマゾンでメールアカウントや住所、クレジットカードナンバーを登録しておけば、なんと、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、フランスでは、住所やクレジットナンバーなど、同じ情報を共有できてしまうのです。ちょっと恐いような簡単すぎるなような。

 わたしがかつてしていたように、アメリカとフランスで同じ住所や数字をちまちまと登録する必要はないのです。知らないうちにずいぶん簡単になってるじゃないか。

 残念ながら、日本と中国に関してはこのサービスはなされてません。日本アマゾンと中国アマゾンではアカウントその他を手動入力する必要があります。アマゾン世界から見ると、日本と中国は別世界なのですね。

 さて海外通販を使用すると気になるのが送料。

 いちばん使いやすいのがアメリカアマゾンで、発送ごとに2.99ドル(240円)、1品ごとに2.49ドル。カナダからは発送ごとに9.99カナダドル、1品ごとに5.49カナダドル。カナダドルはアメリカドルとほとんど同じですからかなり高額になってしまい、利用する価値はあまりありません。

 イギリスアマゾンからは発送ごとに4.99ポンド(650円)、1品2.99ポンド。アメリカと同じ英語圏ですが、イギリスで印刷発行される作品がありますから、ちょっと目が離せない。

 わたしがよく使うフランスアマゾンは発送ごとに13ユーロ(1340円)、1品ごとに1.9ユーロ。イタリアアマゾンは発送ごとに10ユーロ(1030円)、1品ごとじゃなくて1kgごとに5ユーロ。洋書でも英語の本に比べて、フランス語やイタリア語の本はやっぱり高価になってしまいます。

 ただし英語圏とは異なる作品が多くて、これはこれで見のがせない。フランス、イタリア、スペインでは同じ作品を扱ってることが多く、それぞれで検索が必要。わたしなどはどの言語も不自由なので、いちばん安価な本を探して各国アマゾンをさまようことになります。

 さらに現在のドイツアマゾンとスペインアマゾンは、日本への発送ごとに14ユーロ、だけ。ちょっとびっくりするような価格設定です。今なら何品注文しても同じ価格なのですよ。この二か国のアマゾン、ヨーロッパ書籍の輸入にはいろいろと利用できそうな気がしますね。

 最後に中国書に関して。日本から中国アマゾンに注文しようとしますと、かなり送料が高い。現在のところ、ものにもよりますが中国書を専門に扱ってる日本の書店に注文したほうが安価なようです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 03, 2012

この表紙イラストがスゴイ『シャーロッキアン!』

 日本マンガがいつのまにか絵よりストーリーを重視するようになったのはおそらく、絵がヘタでもやたらとおもしろい作品が実際に存在しえたからでしょう。

 それでも最近はみんなそうとうに絵がうまくなってるし、ヘタでもそれなりに味のある絵を描くひとが多い。しかしまあこの表紙カバーイラストはどうか。

●池田邦彦『シャーロッキアン!』3巻(2012年双葉社、600円+税、amazon

シャーロッキアン!(3) (アクションコミックス)

 ホームズ作品のウンチク+日常系ミステリを人情話で落とすシリーズの三巻目。この著者の作品は好きでそろえてるのですが、この表紙イラストにはまいった。

 どこかおかしい、ような気がする。

 作者は消失点が画面奥と画面下にある、という複雑な絵を描こうとしてます。斜めに描かれた書架のパースがすごいですね。しかし消失点が両方ともずれてる、パースの付け方が決定的に変。と見えるかもしれませんが、もしかするとそういうふうに奇妙にねじって作られたポストモダンの建築物なのかもしれません。

 女の子の髪型はあり得ないような気もしますが、マンガだからそこは問いません。現代の大学生としてその服はどうよ、と思いますが、不思議の国日本では何でもありだし。

 女の子が体をこちらにひねって左手ではしごをつかんでます。左ヒジの関節はかなりきつそうですが、こういうこともありうるでしょう。

 右膝が読者方向から見えてる。それなのに右のカカトも読者から見えるように描かれてる。右の下腿は90度ねじれていて人体としてはありえないような気もしますが、アクロバティックなことが可能なひとも存在するから。

 女の子、そうとう大きく左足を上げてます。しかも書架があるのは二階で、その階は透明な手すりで囲まれてるじゃないですか。そう、このポーズでは一階のフロアからパンツが丸見えなのです。

 いやしかし、これは長めのショートパンツ(昔でいうところのキュロット?)。しかも下には見せパンを履いてるに違いないから、なんら問題なし。

 女の子と大学教授が楽しそうに書架の本を取り出しているシーンのはずですが、謎なのが女の子の視線。

 教授の視線は女の子の後頭部。あるいは背中に見えるブラジャーの線か。しかし女の子は教授を無視して、遠く一階のフロアにある何かを見て笑っています。

 その先にいるのは友人か恋人か。教授より大切な人物であることはまちがいないでしょう。楽しそうだけどじつは不穏なイメージが秘められている。

 わたしがいちばん気にしているのは、じつはこの建物のレイアウトです。

 二階のこんなところにでかい書架を置いてると、本の重さで二階が崩れるぞ。さらに地震のときはどうなるんだ。

 そして。はしごに登って本を引っぱり出してる最中に、もしバランスをくずしたりすると、一階まで真っ逆さま。

 このような危険な書架は、わたし許しません。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

« April 2012 | Main | June 2012 »