« February 2012 | Main | April 2012 »

March 31, 2012

吉川ロカ全曲集

●「吉川ロカ全曲集」というタイトルのエントリ(2012年3月31日)でYouTubeで聞けるファドを紹介していたのですが、著作権問題でいくつかの曲とリンクできなくなっておりました。『文藝別冊総特集いしいひさいち』で、ちらっと当ブログが紹介されたのをきっかけに記事を修正していたら、ミスでエントリをまるまる消しちゃったみたいです(泣)。というわけで、記事をあらためてアップしなおしておきます。元記事と少しだけ変わってます。

     ◆

 朝日新聞連載四コママンガ、いしいひさいち『ののちゃん』の人気キャラ、吉川ロカのシリーズ、ついに終わっちゃいましたねー。そこでロカちゃんファンのわたしが、吉川ロカ史を語りましょう。

 実はマンガには彼女より先にバックバンド、というかギターデュオのふたりが早く登場しています。2009年3月のこと。ひとりはギター、もうひとりはギターラを手にしていました。ギターラというのは丸っこいポルトガルのギターのこと。まだバンド名も決まっていない状態で路上で演奏していたふたり。聞いているのはののちゃんだけ。歌ってるのも男の子ふたりです。

わたしたちの愛はろう細工のようにくずれ ああ不吉な春よ ああ不吉な春よ あの日ふたりそろって死ねるように

 何と陰気な歌詞でしょうか。モトウタはファド(ポルトガル民謡)の「Primavera(春)」です。

 もう少しで「コインロックス」というデュオ名になりそうでしたが、のちに「コインブロッカ」と名のるようになります。

 その後2009年4月になって吉川ロカ初登場。

 ギターデュオを従えて三人で路上ライブ。これも聞いてるのはキクチ食堂のばあちゃんだけ。ロカちゃんが歌い上げてるのも「Primavera」です。

Img_0002_new_3

 ロカちゃんもこのころは日本語で歌ってました。観客が少ないので「えーん」と泣き出すロカちゃん。そこへキクチ食堂のばあちゃんの的確な批評が。

『モウラーリア』は走りすぎじゃが『アルファーマ』はよぉ歌いこんどる。

 「モウラーリア Mouraria」とはこの歌。

 そして「アルファーマ Alfama」はこういう歌ですね。タイトルは両方ともリスボンの地名だそうです。

 その後、ロカちゃんはキクチ食堂でバイトをすることになります。定休日に食堂でライブをさせてもらう約束。もちろん勝手にこれを決めたのは、ばあちゃん。

 最初のころは注文はまちがうし、「ゲロゲロ」とイマドキの高校生らしく言葉づかいがなってなかったこともありました。

 そのうちに彼女はたまのの南高校に在学中の高校生三年生で、名前がロカであると明かされます。この名はリスボンにあるユーラシア大陸最西端のロカ(Roca)岬からとられてます。まさに生まれながらにファド歌手になることが定められてる?

 キクチ食堂での初ライブは2009年6月。

Img_0003_new

 彼女が熱唱したのは「Fado Amália(ファド・アマリア)」。ポルトガルの国民的歌手、アマリア・ロドリゲスが自身の名前そのものをタイトルにした歌。観客の反応は「おおお よくわからんがスゴイ!」

 ロカちゃんはキクチ食堂以外のところでもライブをやってます。あやしげな風貌、正体不明のヒゲの中村サンが近寄ってきてチケットを買いたたこうとしますが、なぜか中村さん、ポスター貼りを協力することに。ロカちゃんの人徳ですなあ。

 2009年11月の南高文化祭では事前に服装チェックがありました。ここで彼女が歌ってるのは、得意にしてるレパートリー「Primavera」です。つきそってくれたのは親友の柴ちゃんこと高一を三回やったという柴島美乃。

Img_0004_new

 文化祭には路上ライブで彼女に興味を持った地元FM局、内海FMのおじさんが聞きに来ます。

 その後も地道な活動は続き、キクチ食堂で昼時に流してた曲は彼女の「Beijo de Saudade(望郷のキス) 」。

 ライブで歌ったのは「Estranha Forma de Vida(流れ者の人生)」

Img_0005_new

 FM局に紹介された連絡フェリーの船上ライブで歌うはずだったのが「暗いはしけ Barco Negro」。フェリーが岸に着いちゃったのでお客さんみんな降りちゃいましたが。

 「暗いはしけ」は海で遭難した夫を懐かしむ歌らしいので、ロカちゃん、船上ライブには選曲がちょっとまずいぞ。

 2010年10月の南高文化祭。ここでは「マリア・リスボア Maria Lisboa」。

Img_0006_new

 ライブハウス「みたいなもん」のオーディションでスタッフに大ウケだったのは「Laurindinha」(←よう発音しません)。

Img_0007_new

 ライブハウスの初ライブのリハーサルで歌ったのは「Rosa Branca(白いバラ、別タイトルはRosa Ao Peito)」。

Img_0008_new

 2011年5月11日には、吉川ロカと柴島美乃の関係が明らかにされました。→「ののちゃんと震災:漫棚通信ブログ版

 そして台風の日のライブでロカちゃん、ついに中央の事務所から注目されることに。このとき歌ってのが「Minh'Alma(わたしの魂)」。

Img_0009_new

 2011年10月、南校文化祭に出演予定だった彼女は、「いろいろあって」出演を取り消します。

 キクチ食堂のライブでは「Dona Rosa(ドナ・ロサ)」を歌ってポルトガルの船員さんからも大絶賛。

Nonotyan5110_2

 そして2012年になってロカちゃんにアニメの主題歌の話が舞い込みます。

 2012年1月30日、キクチ食堂でのサヨナラ・ライブ。彼女が歌った「海の歌 Canção do Mar」はこれ。

「Solidão(孤独)」はこういう歌。

 聞いていただければわかりますが、同じ曲で歌詞がちがいます。なんとマニアックな。

 吉川ロカちゃんは高校を中退して上京。厳しいレッスンのすえ、2012年3月24日ついにデビューをはたします。

Img_new

 連載内連載を終えた作者からのコメント。→「(笑)いしい商店新着マンガ No.006 ROCA

朝日新聞のコアな読者にはたいへん評判がわるかった連載内連載、いわゆる吉川ロカシリーズは3月24日付朝刊の漫画をもって終了しました。シンプルなハッピーエンドを描こうとしたのですが、確信犯とはいえ場所をまちがっていました。

これからウェブサイトで新聞ではやりにくかった部分を順不動で埋めていきたいと思います。どうぞよろしく。

 いえいえ。ロカちゃんほど読者に愛されたキャラクターはなかったと思いますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2012

カーツマン補遺

 雑誌「フリースタイル18号 特集 COLUMN IS DANCING! コラムは踊る!」(2012年フリースタイル、888円+税、amazon)で、アメリカのコミック作家兼編集者のハーヴェイ・カーツマンについて少しだけ書かせていただきました。どうぞよろしく。

フリースタイル18 特集:COLUMN IS DANCING! コラムは踊る!

 かつてカーツマンは日本でも有名でした。彼は現在も発行が続いてる有名なユーモア漫画雑誌「MAD」の創刊編集者です。またアメリカ「PLAYBOY」誌の巻末に連載されたオールカラーのエッチなマンガ「Little Annie Fanny」の作者でもありました。

 しかし「MAD」誌が日本で有名になっていろいろマネされるようになったのは1960年代で、そのころ「MAD」の編集をしてたのはアル・フェルドスタイン。カーツマンはとっくに「MAD」誌から離れてたのですね。

 カーツマン自身がマンガを描くひとで、初期「MAD」誌の表紙イラストは彼の手になるものでしたし、狂騒的な爆笑パロディマンガのシナリオを書いてたのもカーツマン。でもこれらの1950年代作品は日本ではなかなか見られません。

 もひとつの「Little Annie Fanny」のほうは「PLAYBOY」誌の顔ともいうべきマンガで、70年代に日本版「PLAYBOY」が創刊されたとき邦訳掲載されたので覚えてるひともいるかな。このマンガのスタイルを上村一夫がマネしたりしたこともありました。

 ハーヴェイ・カーツマンの名前は、アメリカのコミック表現規制史には必ず登場します。規制の対象として目の敵にされた怪奇マンガを出版してたEC社が「MAD」の出版元で、カーツマン自身も怪奇マンガのシナリオを書いていました。「MAD」を「雑誌」という形態に変更して、コミックスコードによる規制からのがれるようにしたのもカーツマンの功績と言われています。

 とまあ歴史上の人物で、日本マンガへの影響もあったし、その名を冠した賞もあるくらい、いろいろビッグなひとなのです。でもそれ以上に彼の作品はやたらとおもしろいので、今の日本で忘れられてるのはもったいないなあと思うのですよ。

●「Harvey Kurtzman」の画像検索結果→(
●「Little Annie Fanny」の画像検索結果→(

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 19, 2012

あれから一年

 あの日から一年。震災を語るマンガがいろいろと登場しています。

 日本で特異に進歩し広く普及した「マンガ」という形式が、日本全体を巻き込んだ大災害を題材にするのは当然といえば当然でしょう。災害はなお現在進行形で、落ち着いたわけではぜんぜんない。しかしだからこそ、これを描きたいという意欲と責任感が、作家や出版社にはあるようです。

 ただしマンガ表現としての虚実のレベルはさまざま。

●しりあがり寿『あの日からのマンガ』(2011年エンターブレイン、650円+税、amazon
●槻月沙江『震災7日間』(2011年プレビジョン/角川グループパブリッシング、1300円+税、amazon
●いましろたかし『原発幻魔大戦』(2012年エンターブレイン、660円+税、amazon
●鈴木みそ『僕と日本が震えた日』(2012年徳間書店、590円+税、amazon
●吉本浩二『さんてつ』(2012年新潮社、552円+税、amazon
●フランシスコ・サンチェス/ナターシャ・ブストス『チェルノブイリ 家族の帰る場所』(2012年朝日出版社、1100円+税、amazon
●萩尾望都『なのはな』(2012年小学館、1143円+税、amazon

あの日からのマンガ (ビームコミックス) 震災7日間 原発幻魔大戦 (ビームコミックス) 僕と日本が震えた日 (リュウコミックス) さんてつ: 日本鉄道旅行地図帳 三陸鉄道 大震災の記録 (バンチコミックス) チェルノブイリ——家族の帰る場所 なのはな: 萩尾望都作品集 (コミックス単行本)

 しりあがり寿『あの日からのマンガ』に収録されている『地球防衛家のヒトビト』は、震災に直面したとき新聞マンガがリアルタイムで何を描いたのか、その貴重な記録。今読み直しても空前の作品で、おそらく今年の手塚治虫文化賞の大本命。

 槻月沙江『震災7日間』は、仙台在住の被災者自身が描いた震災の記録。昨年四月に「pixiv」に下描きバージョンが発表されたからそちらを読んだひとも多いでしょう。

 自分が見聞したものだけを描いたという、きわめてシンプルかつ誠実な作品。震災4日目から描き始めたそうで、作品もそして作者の気持ちもまったく整理されていないのですが、そこがリアル。

 対していましろたかし『原発幻魔大戦』は、被災者以外の日本人の「リアル」。主人公は東京のサラリーマン。ラーメン屋でラーメン頼みながら、ファミレスでスパゲッティ食べながら、家のベッドに寝っ転がってビール飲みながら、ケータイを見て原発事故の経過に一喜一憂する。

 不安なまま日常生活をおくり、原発反対デモに参加し、政治家に怒りをぶつける。そこに描かれているのはわたしたち自身の姿です。作者の政治的意見は別にしても、こういう題材なのに「おもしろい」マンガになっているのはさすが。

 鈴木みそ『僕と日本が震えた日』は、取材によって震災の裏側を描きます。『あんたっちゃぶる』以来のいつものルポマンガと同じように作者自身が登場して、取材先の人間と会話しながら取材内容を絵解き。変形の学習マンガですね。震災と出版、震災とつくばの加速器、空間放射線量の正しい測定法、食品の放射線の測定法、などなど。

 このテーマの選び方とわかりやすさ。わたし、すごく感心してしまいました。全国民の必読書だよこれは。

 吉本浩二『さんてつ』も取材がもとになってます。岩手県の第三セクター三陸鉄道が、震災後五日で運行を再開した実話のマンガ化。作者自身が登場して取材。インタビューされたひとがマンガ内のキャラクターとなって彼らの回想の中でいろいろと行動することになります。

 取材者の視点と神の視点を使いわけることで、震災をフィクション化して感動させる。手法としてはぎりぎりセーフでしょうか。

 『チェルノブイリ』は2011年に出版されたスペインマンガの邦訳。原発事故でチェルノブイリを去った家族の物語が描かれます。わたしとしては、描写が情緒的にすぎるような気がしてあまり感心しませんでした。ただこれは2012年の日本人読者、という特殊な立場の人間の感想ですから、あまり普遍性がないかな。

 すでに20年前の事故ですから、この作品はもはや「事実をもとにしたフィクション」になってます。震災やフクシマもいずれこのレベルで語られるときがくるのでしょう。でもそれは今、この日本で描かれている作品とは違うものなんだよなあ。

 そしてもっとも突き抜けたフィクション作品集が萩尾望都『なのはな』。収録作品『プルート夫人』『サロメ20XX』はなんとプルトニウムの擬人化、『雨の夜 ウラノス伯爵』はウランと原発の擬人化作品。

 完全に寓話です。今、自分が描くべきは寓話なのだ、という作者の強い意思を感じさせる作品集でした。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

March 09, 2012

中国マンガあなどりがたし『小時代』

 えーと中国の文化状況にはまったくくわしくないのですが。

 中国の人気小説家に郭敬明というひとがいます。1983年生まれ、いわゆる「80後(バーリンホウ)」の代表的作家。昨年11月に発表された中国作家富豪ランキングではトップの地位を奪還し、年間2450万元(最近のレートにすると約3億1500万円)を稼いでらっしゃいます。

 20代のイケメン作家でセミヌードをブログに公開したりする中国メディア注目の人物です。さらにこのひと、パクリ疑惑がずっとささやかれてて、作品の設定が日本のマンガやゲームに似てたりするらしい。中国人作家から訴訟を起こされ敗訴したりもしてます。

 しかしそれでも超がつく人気作家であることは変わらず、自ら「最小説」「最漫画」という雑誌を編集し、連載した自作をベストセラーにしてます。

 「最小説」に連載された小説、『小時代 TINY TIMES 1.0 折紙時代』『小時代 TINY TIMES 2.0 虚銅時代』『小時代 TINY TIMES 3.0 刺金時代』の三部作は先日完結しました。最終第三巻は昨年12月に発売されたところです。初版が160万部だそうですから小説ながら日本の超人気マンガレベルですねー。今後、映画化やドラマ化もされるはず。

 さてわたしの興味はあくまで「マンガ」にあるので、マンガ版『小時代 TINY TIMES』について。

 小説版『小時代 1.0』をマンガ化したのが『小時代 1.5 青木時代』です。現在も続編の『小時代 2.5 鋒銀時代』が「最漫画」に連載中です。

 雑誌「最漫画」はA5判の月刊誌。毎月の巻頭マンガが『小時代』で、原作はもちろん郭敬明。脚本は猫某人という女性作家でしたが『小時代 2.5』からは李茜というひとに交代しています。絵を描いてるのが陌一飞という女性マンガ家。

 『小時代 1.5 青木時代』は全四巻。続編の『小時代 2.5 鋒銀時代』は第二巻が先日発売されたところ。中国書専門書店を利用すればネット通販で入手可能です。とはいえ、わたし中国語はまったくわかりません。漢字も今は簡体字ですからねー。しかし外国語マンガは気合いで読むべしっ。というわけで気合いで『小時代 1.5』を読んでみました。

Tinytimes15001_3 Tinytimes15002 Tinytimes15003 Tinytimes15004 Tinytimes25001 Tinytimes25002

 日本マンガタイプのモノクロ。ただし本は左開きでコマは左から右に読み進みます。セリフは横書きが基本ですが、もちろん中国語は縦書きも可能なのでレイアウトの自由度が高い。

 舞台は現代の上海。主人公は上海大学の四年生、ルームメイトのなかよし女子四人組、林蕭、顧里、南湘、唐宛如。彼女たちが周囲のイケメン男子とくっついたりはなれたりするという、少女マンガ系のお話。

 四人の中でも普通女子の林蕭。中国でいちばん売れてるというヴィジュアル雑誌「M.E」編集部にアシスタントとして雇われます。だっさださの服装の林蕭が、高層ビルのオフィスでびしっとキメた上司のキティ(♀)にこき使われるシーンは、映画「プラダを着た悪魔」そのままです。

 編集長はクールなイケメン男子。彼は天才美少年作家と何やら怪しい雰囲気なのですが、林蕭はボーイフレンドがいる身ながらその美少年作家から愛されてしまうことに。

 いっぽうで林蕭のボーイフレンド(大学生、もちろんイケメン)はこっそり浮気してるらしい。じつは彼女、高校時代にそのボーイフレンドをめぐってライバルだった同級生女子が、目の前で飛び降り自殺をはかるという衝撃の体験をしているのです。

 キャラが立ってるのは顧里という名のショートカットの美人さん。大金持ちでぜいたく大好き。ドルチェ&ガッバーナとかシャネルを買いまくってるうえに、そこの試着室でエッチいことをしたりしてます。彼女の誕生パーティーはすっごい豪華で、肩を出したドレスとか正装の人々がずらずら。ああ、とってもバブリー。

 ところが顧里のボーイフレンド(もちろんイケメン)は彼女のいとこであるニール(♂、ハーフでアメリカ留学帰りでイケメン)と仲良くなって、なんと男同士でキスなんかしてるじゃないですか。そのうち顧里の父親が交通事故で死亡。財閥をひきいることになった彼女は、出版社を乗っ取る野望を持ち「M.E」編集部に乗り込む……!

 残りのふたり、南湘は芸術家肌、唐宛如は体育会系。ところがこのふたりが同じ男性を好きになっちゃった。続編になるとナイフを持ち出した刃傷ざたがおこることになります。

 『小世界 1.5』のラストでは謎の新キャラが登場したうえに、天才美少年作家が胃癌で死んじゃった(!?)らしいことが暗示され、以下『小世界 2.5』に続く!

 続編になりますと、この死んだはずの天才美少年作家が整形で顔を変え、名を変えて再登場するらしいのですよ。さらに別の主要登場人物も若くして癌に……!

 とまあ、なんでもありのてんこ盛り。日本バブル期のトレンディドラマ+FOXTV系の連続ドラマ+ハーレクィン+韓流ドラマ、BL風味あり、みたいな感じ。登場人物が薄っぺらに見えてしまうのはわたしの読解力のせいかもしれません。

 でもこれだけいろんなものがつめこまれてると、人気があるのもわかりますね。

 もうひとつの大きな魅力は陌一飞の絵です。ともかく人物が美麗、みんなほんとに美男美女ばっかり。マンガらしいキャラクターながらスタイルは美しく目の大きさが絶妙。こういうの好きだなあ。

 そのかわり背景はほとんどが写真を加工したもので、日本の感覚では手抜きっぽい。おかげで人物をはめこむとパースは狂いっぱなし。マンガとしての構成ももうひとつで、最初のほうはキメの人物は美しいけど、お話の展開を三頭身キャラでつなぐ、みたいなことをしてました。ケンカのシーンでのキャラクターの表情なんかも、ダメダメでしょ。

 ところがねー、巻が進むにつれ、これがどんどんうまくなっていくんですよ、マンガとして。風景でもって心情を語らせる手法が出てきたり、遠景と近景を同一画面におさめる処理がされたり、わざと顔を描かない演出をしてみたり。

 びっくりするような表現はないのですが、日本の商業マンガは最初からある程度のレベルにあるから、こんなふうにマンガそのものが進歩していくのを見るという経験は新鮮ですねー。

 しかしまあこのレベルの作品がどんどん登場するようなら、中国マンガ、今後も楽しみですね。どこか翻訳してくれないかな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 01, 2012

三秒で完結するミステリ『3秒』

 いやこれはすごい。原著は昨年7月に発売されたばかりですが、歴史に残る作品になるのじゃないか。

●マルク=アントワーヌ・マチュー『3秒』(原正人訳、2012年河出書房新社、1800円+税、amazon

3秒

 出版社よりご恵投いただきました。ありがとうございます。

 まず本の判型が正方形。1ページに正方形のコマが9つ。この定型的コマ構成が最後までえんえんと約70ページ続きます。絵はモノクロ。フキダシや擬音がなくてサイレント。

 第1ページ最初のコマは全面黒塗り。コマの進行とともに中央にぽつんと光が見えてくる。これが拡大されていくとそれは暗い室内から見える明るい窓らしい。窓の向こう側には向かいのビルが見えてくる。そのビルの一室には書影に登場する男がいて、こちらを見ている。カメラはその男の目に寄っていく。もっと寄る。もっと近づく。

 すると男の瞳に男が持ってるスマートフォンが映ってるのが見えてきます。どうも今メールが来たところらしい。そのスマホがアップになり拡大されていくと、さらにはスマホのレンズに映った男の部屋の様子がわかってくる。

 というわけで本作の仕組みは、カメラが対象に近づいてるのじゃありません。固定されたカメラのレンズによって、無限にズームインがおこなわれているのです。

 読者の視線は見かけ上、まっすぐまっすぐ映像の奥に向かっていきますが、その途中には鏡となるべきもの(手から滑り落ちるコンパクト、電球、腕時計、イヤリングなどなど)が存在するように工夫されているので、実際の視線は鏡の表面で反射する。

 言い換えると、読者はあらかじめ設定された「視線」に沿って、ほとんど光速のスピードで対象物に近づいていく。対象物は必ず鏡なのでそこで反射して別の対象物に光速で向かっていく。これがくり返されます。

 というわけで本作をイッキに読みとおすと、視線は室内やご近所だけじゃなくて、上空の飛行機、試合中のサッカー場、さらには宇宙の彼方にまで進んでいきます。

 こういうマンガはまさに空前。これまでに経験したことのない映像体験です。

 この形式だけをとりだすと本作はアートに分類されてしまうでしょう。しかしじつはそれだけじゃない。本作は、なんとサッカー界の不正をめぐる、ミステリとなっているのです。

 最初に「視線」が書影の男がいる部屋を通るとき、読者が見る室内の状況が危機的。書影の男の真後ろには彼の後頭部を拳銃でねらっている男が立っているじゃないですか。もうひとり、メガネの女性がいて、この状況を見て驚いた彼女、コンパクトを落としている。

 「視線」はあちこちを旅したあと、反射をくり返して再度この部屋に帰ってきます。すると少しだけ時間が経過していて、すでに拳銃からは銃弾が発射されている。銃弾はまだ空中にあるところですね。

 さらに「視線」があちこちをさまよったのち、再々度この部屋に帰ってきたとき、また少しだけ時間が経過。状況は変化していてこのシーンがオチとなります。これがタイトルとなる「3秒」で、本作は三秒間の事件を描いたもの。

 ただしさらっと読んだだけでは、三秒間でこの部屋とそのご近所、上空の飛行機、サッカー場、別のビルの一室などで、何がおこっているのかは一応わかったとしても、彼らが何者で、何の事件に巻き込まれているのかはまったくわかりません。

 最後まで読んだあなたが何をするべきかというと、鏡と虫眼鏡を用意しましょう。これは各コマに何が書かれているかをこまかく見ていくのに必要なのです。これらを用意して読み直し。

 各部屋にあるTVではサッカーの試合が中継されていますが、時間経過で少しずつ変化するその状況もヒント。コマのすみずみに登場するこまかく、かつ鏡像になってる新聞の字やコンピュータ・モニタ上の字、これを読み解くことで、登場人物が誰か、そして事件の概要がやっとわかってくる、という趣向です。

 三秒間の事件ですから、名探偵による親切な謎解きがついているわけではなく、解決編のないミステリみたいなもの。だから、わたしの推理をここに書きたい、ったらないのですが、さすがにそれは自重しておきます。

 わたし自身はメモをとりながらくり返し読んで、一時間くらいかかってやっと真相らしきものにたどりつきました。それがめんどうなかたは、出版社のサイトに行きますとかなり親切な解説がありますのでそちらをどうぞ(本書を買うとついてくるパスワードが必要)。そちらでは本作をアニメーションとして構成しなおしたバージョンも見られます。

 斬新なアートであり、推理を楽しむ娯楽作品でもあります。緻密な仕掛けがたまりません。

 しかしこの作品、「マンガ」なのかどうかと疑問に思うかたがいるかも。

 連続したコマがあって読む順番が決まってる。コマの進行とともに三秒とはいえ時間経過があって状況の変化が語られる。まぎれもなく古典的分類のマンガですね。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« February 2012 | Main | April 2012 »