« January 2012 | Main | March 2012 »

February 27, 2012

オヤジの秘めたる想い『鶏のプラム煮』

 マルジャン・サトラピのBD作品は日本でも商業的に成功したようです。彼女の出世作『ペルセポリス』()のアマゾンでのカスタマーレビューは、この原稿を書いてる時点で23件なのだからすごい。あの作品は第三世界を代表するマンガ、という意味をこえて世界的な普遍性を持った傑作でした。

 で、彼女の新しい邦訳作品がこれ。

●マルジャン・サトラピ『鶏のプラム煮』(渋谷豊訳、2012年小学館集英社プロダクション、1800円+税、amazon

鶏のプラム煮 (ShoPro Books)

 出版社よりご恵投いただきました。ありがとうございます。

 原著は2004年に発行。アングレーム国際漫画祭で2005年の最優秀作品賞を受賞しています。また2011年にはサトラピとヴァンサン・パロノー(別名ヴィンシュルス)の手で実写映画化されました。

 今回は『ペルセポリス』みたいな長編じゃなくて小品。サトラピの他作品と同じくモノクロで80ページちょっと。主人公はイラン、テヘランに住む音楽家のナーセル・アリ、中年男性です。時代は1958年。

 このひと、夫婦ゲンカのすえ、自分が大切にしてるイランの伝統楽器、タールを奥さんに壊されてしまう。いろんな楽器店で代わりのタールをさがすのですが、どうしてもいいものがない。というわけで人生と今後の芸術活動に絶望した彼は、自殺を決意します。方法は絶食。本作は彼が死ぬまでの八日間の物語。

 なんという繊細な芸術家の感性……っておいっ、あかんやろこれは。妻の非道なしうちのたびに夫が自殺しているようでは、人類とっくに滅んでます。主人公、なんちゅうヘタレやねん、と全世界の読者が叫ぶはず。

 この主人公に共感しろというのはムチャな話です。でも男性読者はこのひとを笑いながらも、こんな形で妻にしっぺ返しをできる彼をちょっとうらやましく思うのですよ。

 「鶏のプラム煮」は主人公が好きな料理ですが、これっておそらくフランス料理。主人公はイラン人なのに好きなのはフランス料理で、死を覚悟した彼の夢に出てくるのがなんとソフィア・ローレンの巨大なオッパイ。

 彼が死にかけているのに、幼い子どもたちは自分たちのおならで笑ってるだけ。書影イラストにあるツノをもったオバケは死の天使エズラーイールです。主人公は死の床で天使と会話しますが、それも厳粛のようで滑稽。

 彼の死はもちろん自身および家族にとって悲劇のはずなのですが、どうしても喜劇にしか見えない部分も多い。これが人生の二面性なのでしょう。

 と、上記のようなつもりで読んでいたところ、ラスト近く、あっと驚く衝撃の展開があるのですよ。お話全体をひっくり返すミステリふうのどんでん返し。伏線が回収され主人公の秘めたる心情が明らかになります。いやおどろいた、これがあってのアングレームの賞か。

 でもやっぱわたし、主人公ヘタレだと思いますけどね。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2012

植木金矢はほんとすごいと思うのですよ

 すごくひっさしぶりの依頼原稿を書いてるのですがテーマが大きすぎて迷いに迷ったすえいちおう何を書くかは決まったのだけど今書きつつあるこのネタは求められてるものとは絶対にちがうのだろうなあこれじゃ怒られそうだなあと思いながらも構成をああでもないこうでもないとひねくりまわしながらそれとはぜんぜん別のこういうブログを書いてる自分はバカですかそうですねプロのかたがたはえらいと感じる日々ですみなさまいかがお過ごしでしょうか最近買った本の中でヒットは松本晶子編『劇画師伝説 昭和の天才劇画家・植木金矢の世界』(2011年国書刊行会、2800円+税、amazon)であります植木金矢が少年誌で活躍したのは1965年まででその後すぐ青年誌に主戦場をうつしちゃったのでわたしの年代のマンガファンとしてはみごとにすれ違ってますが時代劇スターにまるきり似せたキャラクターの絵物語やマンガは尋常じゃなく絵がうまくて日本マンガ史を概観するなら絶対に無視できない作家で藤本七三夫氏の著書『俺らはコミック編集長』などを読んだあと植木金矢について少し調べたりしてたのですがあまりに資料が少なくてはっきりいってよくわかってなかったところに本年の弥生美術館の植木金矢展と本書の発行があったわけでいやもうありがたいというかなんというかこれはみなさま買ったほうがいいと思いますというか買いなさい市川右太衛門はともかくリーヴァンクリーフにはやられましたね本書および植木金矢はほんとすばらしいのでどなたかきちんとしたレビューを書いてくださいお願いします。

劇画師伝説: 昭和の天才劇画家・植木金矢の世界

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 13, 2012

対極のアメコミ入門『DCスーパーヒーローズ』と『マーベルゾンビーズ』

 ここ数年、BDを含むオルタナティブ系の海外マンガの邦訳が盛んになってますが、アメコミの「メインストリーム」と呼ばれるスーパーヒーローものも着実に邦訳出版されてます。

 ただし、日本人読者にとってスーパーヒーロー・コミックスの敷居がちょっと高いのは、どの作品も数十年の歴史を持っているから、かもしれません。

 シリーズを最初から読む、なんてのは現実的には不可能。まあ言ってみれば『ワンピース』を途中から読むみたいな感じなので、今さらなあ、という気分になるのもしょうがないところではあります。

 ただしそこを乗り越えると、重層的なストーリー展開がやみつきになっちゃうんですけどね。

 アメコミ、しかもメインストリーム・シリーズを読み始めるには、まずあんまりよく知らないキャラクターとなじみにならなきゃいけない。で、入門編としてこういうのはどうか。

●ポール・ディニ/アレックス・ロス『DCスーパーヒーローズ』(石川裕人・秋友克也・沢田京子訳、2011年小学館集英社プロダクション、3200円+税、amazon

DCスーパーヒーローズ (ShoPro Books)

 出版社よりご恵投いただきました。ありがとうございます。過去に邦訳されてたものの再発売になります。

 原著は1998年から2005年にかけて全六巻で発売されたもの。すっごく大きな本でB4判よりちょっと小さいぐらい。アレックス・ロスをでかい判型で読めるというのがうれしくて、わたしも原著でこのうち五冊をそろえています(なぜ最後の一冊を持っていないかというと、原著を買うより先に邦訳が出ちゃったからですな。あいかわらずコレクターとしては詰めが甘い)。

 このうち邦訳は、2000年に小学館プロダクションから『バットマン ウォー・オン・クライム/スーパーマン ピース・オン・アース』が二冊セットで発売。2005年にはジャイブから『JLA リバティ&ジャスティス』のタイトルで「JLA:リバティ&ジャスティス」と「JLA:シークレット・オリジン」を収録して発売されました。両方とも原著ほどじゃないけどそうとう大きな本です。

 今回、未邦訳だった「シャザム!:パワー・オブ・ホープ」と「ワンダーウーマン:スピリット・オブ・トゥルース」を加えて完全版として発売されたのが本書『DCスーパーヒーローズ』です。本書はB5判より少し大きい判型で発売されましたが、ハードカバーの一巻本としてはこの大きさで必要十分じゃないか。これ以上大きいと重くて持てません。

 登場するのはスーパーマン、バットマン、キャプテン・マーベル、ワンダーウーマン、ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカのみなさんがた。彼らの出自を簡単に描いたページもあって、アメコミ入門にぴったりじゃないかしら。

 まずはアレックス・ロスの超絶絵を楽しむべきでしょう。わたしがいちばん好きなのが「ワンダーウーマン」の表紙イラストなので、その書影を。

Wonder Woman: Spirit of Truth (Wonder Woman (Graphic Novels))

 ロスの絵は眺めてるだけで至福ですなあ。

 そして本書でヒーローたちが戦う敵は、いつものヴィランではありません。彼らは、貧困と飢え、病、国際紛争と戦うことになります。わたしたち人間がそうであるように、彼らの多くもこの戦いに敗れることになります。しかしラストでけっして希望を捨てないポール・ディニのシナリオがすばらしい。

 メインストリームのアメコミの、もっとも良質な部分を表現した作品だと思うのですよ。


 で、もひとつ。

●ロバート・カークマン/ショーン・フィリップス『マーベルゾンビーズ』(市川裕文・石川裕人・御代しおり訳、2012年ヴィレッジブックス、2700円+税、amazon

Marvel Zombies

 これを入門編として紹介すると怒られるかも。いやもうすっごい変化球、というかゲテモノ。

 日本マンガもゾンビ・ブームみたいですが、本家アメリカではもっと大流行してて、小説も映画もTVもアメコミも、あふれるほど出てるそうです。本書はタイトルどおり、マーヴェルのスーパーヒーローたちがゾンビになる、という出オチみたいな作品。

 本書のアイデアは、マーク・ミラー(『キック・アス』のひとね)が考えついたらしいのですが、シナリオ担当がゾンビ大好き、『ウォーキング・デッド』のロバート・カークマン。

 舞台はどこか別の宇宙にある地球。ゾンビ・ウイルスの流行のため、地球にいるのはゾンビ化したスーパーヒーローたちばっかりとなっています。彼らは食い物となる人間を食べ尽くしてしまったため、空腹でたまりません。本書の前日譚で、ゾンビ化したファンタスティック・フォーは異次元の地球を侵略しようとするのですが、それを阻止したのがただひとりゾンビ化していないマグニートー。

 本書はこのエピソードの直後から始まります。

 最初っから世界は荒廃してて、足のちぎれかけたスパイダーマン、脳みそをこぼしてるキャプテン・アメリカ、胸に大穴のあいたデアデビルたちがマグニートーを追いかけ回した上、食っちゃう(!)のがオープニング。

 いやもうグロいったら。スパイダーマンなんか、ちょっとお腹がふくれて理性が戻ると、メリージェーンとおばさんを食べちゃったことをグチってばかりいます。ギャグですか? きっとギャグです。

 ついに食べるものがなくなったスーパーヒーローたちの次の獲物は……!? これがもう、ある程度アメコミキャラを知ってるひとなら大笑いの展開。

 モダン・ゾンビものって、生きながら食われる恐怖とか、集団に襲われる恐怖とか、愛するひとがゾンビと化す恐怖とか、生き残った人間のほうが実はこわいとか、定番の展開があるじゃないですか。ところが本書ではそういうところはすべてすっとばして、ゾンビものの新しい魅力を見せてるんですね。グロで悪趣味だけど。

 ショーン・フィリップスのシャープな絵はおそろしくもかっこいいです。アーサー・スイダムのカバーイラストも絶品。

 本編を知らないひとにパロディをおすすめするのもアレですが、登場するヒーローが多くてお得感があるし、アメコミになれてない日本人読者でもあっさり読めちゃうのがいいですね。アメコミ入門編としてこういうのもありかな、と。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 09, 2012

小ネタ集

 小ネタはツイッターで書けばいい、というものではありますが140字ではきついので。

●今期のアニメ「モーレツ宇宙海賊」の主題歌『猛烈宇宙交響曲 第七楽章「無限の愛」』は、クセになりますなあ。ニコ動ノリがたまりません。

 第五話ではヤマトの「バカめ」が出てきて驚きました。そういう系の作品だったか。

 で、無重量の船内でミニスカ娘たちのパンツがなぜ見えないのか、という点はさておき、あの髪型はどうやってまとめているのか。現実の宇宙ステーション内の映像によると、無重量状態では搭乗してる女性たちのロングヘアはいっつも爆発してて、視聴者はちょっとびっくりするじゃないですか。あれを見て宇宙世紀に宇宙で生活する女性は大変だなあとつねづね思っていたわけですが、現代のアニメでもそこまでリアルには描けないのね。

●アニメ「偽物語」第五話で笑ったのが、ニセ壱万円札。福沢諭吉の髪型が主人公の阿良々木暦のそれで、中央にでかでかと「赤瀬川」。現代に赤瀬川原平の千円札裁判がネタとして通用するのかどうか。

●大友克洋の画集「KABA 2」を眺めていたら、アニメ「MEMORIES」のロゴの一部に、『闇の国々』の作者フランソワ・スクイテンが参加してると書いてありました。でも「KABA 2」で採用された表記はスクイテンじゃなくてシュイッテン。やっとスクイテンで決まりかと思ったのだけどなあ。外国人名の日本語表記はいつまでも落ち着くことはないのでした。

●今日、2月9日は手塚治虫の命日。わたし、ちょうど二階堂黎人『僕らが愛した手塚治虫≪激動編≫』を読みすすめているところです。

 本シリーズも三作目。でね、わたしは著者とほぼ同年代でマンガ大好き人間ですが、なぜ著者ほどの手塚マニアにならず、マンガ一般をなんでも読む人間になってしまったのか。

 きっとこれは60年代手塚絵に対する評価の違いじゃないかと思うのですよ。つまり、手塚の中期代表作である『W3』『バンパイヤ』『どろろ』さらには「なかよし」版『リボンの騎士』をどう感じるか。

 手塚治虫の絵は年代によって少しずつ変化しますが、どの年代の手塚絵が好きかはひとによってずいぶん違うようです。わたしは50年代の手塚絵をこよなく愛する者であります。

 60年代に手塚マンガを読みだしたはずのわたしが、なぜ50年代手塚マンガを懐古できたかといいますと、カッパコミクスとか小学館ゴールデンコミックス版手塚全集というのがありまして、手塚作品だけは当時から旧作と新作を同時に読むことができたからですね。

 60年代、70年代手塚絵が最高というかたもいらっしゃいますが(きっと田中圭一氏とか)、わたし、あれダメです。手塚マンガの絵は1950年代末に完成し、あとは劣化していった、というのがわたしの感想。つまりわたしが手塚作品を読み出した60年代には、手塚治虫はストーリーはともかく絵に関してはもうすでにどうか、と感じる存在だったのです(※あくまで個人の感想です)。

 でも今はもうこれは少数意見みたいですね。まあ最初に読んだ作品が刷り込まれちゃってるのかもしれません。世間一般のマンガ評価もそういうものなのかも。

OTOMO KATSUHIRO ARTWORK KABA2 僕らが愛した手塚治虫≪激動編≫

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 02, 2012

後衛はこれだ『恐怖博士の研究室』

 マンガにしても何にしても、前衛ばかりが注目されるようではいけません。どんな分野にも後衛というのがあるわけで、おそらく商業マンガでもっとも後衛を歩んでると思わせる作品がこれ。

●根本尚『恐怖博士の研究室 あやしい1コマ漫画屋がやってきた!』(2011年秋田書店、714円+税、amazon

恐怖博士の研究室 あやしい1コマ漫画屋がやってきた! (Akita Essay Collection)

 えー書影で軽く笑いをとってます。秋田書店サンデーコミックスは、書店でこそあまり見かけなくなりましたが、今も現役で新品が買えます。すごいですねー。本書のデザインはそのサンデーコミックスのフォーマット。ただし新書判じゃなくてA5判ですけど。

 すみません、このマンガ、買ってくるまでその存在も知りませんでした。オビの紹介文より。

この作品は「ミステリーボニータ」という少女まんが雑誌に10年以上連載されていた物です。読者人気はおおむね14位。「どこがおもしろいかわからない」などという厳しいご意見をいただくこともありますが、ごく一部の方の熱烈な支持により続いてまいりました。

 というわけで、連載11年目にして初単行本化。おめでとうございます。

 作品は「○○の恐怖」と「恐怖博士のドンとこい人生相談」の二本立て。ヒトコママンガというのとは微妙にちがう、ラジオの投稿コーナーを絵解きした感じのマンガ。

 たとえば「夏の恐怖」。「プールに鼻水が浮いている」というキャプションでヒトコマ。「まちがえて黄色いスイカを買ってしまった」でヒトコマ。「朝のアニメ再放送を見のがす」でヒトコマ。

 たとえば「家庭の恐怖」。「テスト後 猛勉強を始める兄」「母が小さくなった石けんを固める」。

 笑いというか何というか、脱力を目的にしてますか? これがえんえんと続くわけです。

 「人生相談」のほうはこんな感じ。

Q/授業中に屁が出てしまいました クラス中の突き刺さるような視線を浴びています(小6・男)
A/イスの脚を鳴らしてごまかすのだ

Q/「兄弟みたいに仲がいい」とか言いますけど兄弟って仲悪いですよ(19歳・学生)
A/それもそうだな

 ジャンプ放送局の読者が怒ってきそうです。

 一発芸じゃなくて、これを10年以上続けているのですから「ミステリーボニータ」はえらい。ある種、ひらきなおった伝統芸能みたいなものでしょうか。それが証拠に10年間のうちには同じネタの使いまわしがあって、これって、落語でそのマクラ、前にも聞いたぞ、というのに似た感じなのかしら。

 絵は古賀新一(←黒井ミサの作者ね)を劣化させたような感じで、いかにも古い。21世紀とか平成とかから遠く離れたどこか別次元のマンガです。

 もっともうしろを走ってるのはまちがいないのですが、それが周回遅れで先頭に出てるような気がしてくるから不思議です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2012 | Main | March 2012 »