« 貸本時代のみやわき心太郎 | Main | 年末ベストテン雑感 »

December 19, 2011

俗にして前衛『リミット』

 すえのぶけいこ『リミット』が全六巻(2010~2011年講談社、各419円+税、amazon)で完結。

リミット(6) <完> (講談社コミックス別冊フレンド)

 林間学校へ向かうバスが山道から転落。クラスのほとんどが死亡、生き残ったのは数人の女子高生だけだった。山中で救助を待つ彼女たちだが、異様な状況が彼女たちの精神を暴走させる。暴力による支配と服従、そしてついに殺人が……!?

 えー、ゴールディング「蝿の王」です。

 少女マンガ、しかも別フレ連載、という制約で、こういうお話を描こうとして、しかもそれをやりとげたということに拍手。

 不満はいっぱいあります。まず、こちらを信じさせてくれるような「嘘」をつけてないところ。

 現代日本で高校のクラスが壊滅するほどの大事故。なのになかなか救助が来ない。マンガ内ではいろんな偶然が重なったと説明がされてはいます。でもすっごい山奥じゃあるまいし、現場の天候も悪くない、彼女たちもたき火の煙を出してる、はずなんですけどね。

 遭難者たちの行動もよくわかんない。どうしてそんなふうに状況を悪化させる行動ばっかりするんだー。←ただしこれはすべてのホラー、サスペンスドラマの被害者たちがそうなんですけどね。

 別フレですから、最後はハートウォーミングなハッピーエンドが義務づけられています。「蝿の王」からハッピーエンディングにもっていくのはきびしい。本作でも読者を納得させるほど成功しているとは言いがたい。

 しかも連載中に震災があったわけです。こういうディザスターを扱ったマンガは、描くのがきつかったでしょう。

 しかしそれでも。本作は意欲作です。

 現実世界でそれなりのリア充だった主人公が、現実から隔絶した悪夢的世界にほうりこまれることで、現実世界こそが悪夢であったことに気づく、という展開。これが別フレに載ってるわけですからね。

 もちろん別フレ読者にとっての悪夢とは、学校生活です。「空気を読んで」「うまく」生きていくことがすべての世界。せまい世界ですが、そこに生きている彼らは外の世界のことを知りません。学校の「外」を極端な形で見せたのが本作です。

 さて本作の別フレ的結末のつけかたは。

 けっして無垢ではない、現実世界ではむしろ加害者であった主人公は、いろんな行動や言葉で、なんとかみんなをハッピーにしようと泥臭くがんばります。テーマは前衛、しかし展開はまさに少女マンガ、子どもマンガにおける通俗の王道です。

|

« 貸本時代のみやわき心太郎 | Main | 年末ベストテン雑感 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 俗にして前衛『リミット』:

« 貸本時代のみやわき心太郎 | Main | 年末ベストテン雑感 »