« November 2011 | Main | January 2012 »

December 28, 2011

ゆっくり読むべし『モンスター』

 マンガというのはいろんな方向に先端があるのだろうけど、おそらくこの作品こそひとつの方向の最先端でしょう。

●エンキ・ビラル『MONSTER モンスター 完全版』(大西愛子訳、2011年Euromanga合同会社/飛鳥新社、3200円+税、amazon

MONSTER モンスター[完全版] (EURO MANGA COLLECTION)

 出版社よりご恵投いただきました。ありがとうございます。

 1998年末、河出書房新社より突然、という感じで出版されたのがエンキ・ビラル『モンスターの眠り』でした。原書でも同年発売されたばかりの作品で、のちに「アッツフェルド四部作」と呼ばれるようになるシリーズの第一作です。

 2000年になって河出書房新社はエンキ・ビラルの旧作「ニコポル三部作」を邦訳しましたが、『モンスター』のほうは続編の邦訳はなく。だって第二作が描かれるのは2003年。完結したのが2007年というのんびりぶりでしたから。

 本年になってついに、ユーロマンガから『モンスター』が完全版として邦訳されました。いやめでたい。

 近未来、ニューヨーク上空をエアカーのイエローキャブが滑空する世界。主人公ナイキ・アッツフェルド(♂)は紛争下のサラエボ生まれ。彼は同時期、同じ病院で生まれたレイラ(♀)、アミール(♂)との再会を計画していた。三人は別々の人生を歩み世界の別の地域に住んでいたが、三人ともほぼ同時に、過激化した宗教組織オプスキュランティス・オーダーと、謎の人物ウォーホール博士の間の暗闘にまきこまれてしまう。その影には、宇宙からの信号によって発見された、アラビア半島にある砂漠の洞窟の謎がからんでいるらしい。そこに見え隠れするのは超古代に飛来した宇宙人と、人類誕生の秘密……!

 オブスキュランティズム Obscurantism とは、反啓蒙主義と訳されますが、本書でのオプキュランティス・オーダーはどうも悪の宗教組織らしい。対するウォーホール博士の名は「戦争の穴」であり、アンディ・ウォーホルのごとき芸術家。しかしその芸術は邪悪な死の芸術。

 著者自身もユーゴスラビア生まれです。紛争下に誕生した主人公が三人で、しかもひとりはイスラム名。悪の組織らしいのが宗教がらみ。というわけで本作は、民族・宗教と戦争、さらに芸術がテーマ。

 超古代遺跡+宇宙人+悪の宗教組織というネタのマンガが描かれるとして、アメコミならスーパーマンが登場するアクション、日本マンガなら妖怪ハンターでしょう。でもBDなら芸術を語ることになるのが驚きです。

 著者はなんといっても「絵」「イメージ」のひとです。まずはYouTubeでどうぞ(→)。

 鉛筆でがしがし描いたあと、いろんな画材をつかってぬりぬり。イラストを描いてるわけじゃなくて、これが実際のBD作品となります。

 自分とそっくりのレプリカントを殺すシーンがあったり、美形の悪役が登場して芸術としての殺人(部屋のあちこちに飛んだ被害者の血痕を展開図にすると、殺人者のサインがあらわれる!)がおこなわれたり、さらに「死のコンプレッション」と名づけられた全長250メートルの「芸術作品」が登場したり。

 主人公たちが彷徨するのは、そして読者の眼前に展開されるのは、悪夢的でおぞましい、しかし奇妙に美しい世界。

 著者は本作でとくに、空気を絵に描き込んでいて、ともかく背景処理がすごい。なんでもない会議のシーンでも、空中に風が吹いています。

 さらにハエやサカナや血のイメージが宙をただよい、悪夢感は強まります。さらに説明なしに提出されるSFガジェットもいっぱい。錯綜したストーリーもあって、さくさく読み進むのは困難でしょう。でもそれがBDの正しい読みかたのような気がします。

 ヒトコマヒトコマ、ゆっくりと楽しんでください。

 ちょと残念なのは判型が原著に比べてかなり小さくなってしまったこと(それでもB5判より大きいのですが)。

 かつての河出書房新社版はすっごく大きな本でハードカバー。絵のすみずみまで楽しめましたが、一巻のお値段2850円でした。もしあの大きさで刊行が続けば四巻で一万円をはるかにこえてしまう。

 ユーロマンガ版はニコラ・ド・クレシー『天空のビバンドム』でもそうでしたが、ちょっと小さめソフトカバー、だけどいい紙を使ってて、価格的にも検討しています。BD出版はいろいろとたいへんですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 23, 2011

年末ベストテン雑感

 年末ベストテンがいろいろと発表されてます。

このマンガがすごい! 2012 フリースタイル17 特集:THE BEST MANGA 2012 このマンガを読め! ダ・ヴィンチ 2012年 01月号 [雑誌] オトナファミ 2012年2月号[雑誌]

●おなじみ宝島社『このマンガがすごい!2012』の選者は、有名人、書店員、雑誌編集部、大学漫研、中学校、小学校、マンガ学部+マンガ専門学校。さらに「各界のマンガ好き」(オトコ編55名、オンナ編41名)を合わせて、計オトコ編が111名、オンナ編が81名。

 表紙には「400人以上のマンガ好きが選ぶ」とあります。それはちょっとマユツバですが、実際の選者はオトコ編オンナ編、それぞれ100人前後となり、かなりの人数です。基本的に昨年「2011」と同様の選考方法です。

 『このマンガがすごい!』は、一昨年「2010」で集票に全国アンケートを加えるという愚を犯してしまいましたが、さすがに昨年、今年とそれはやめてます。日本でダントツに売れてるマンガはここ数年ずっと『ワンピース』なんですから、それしちゃうとね、もうブックガイドじゃなくなっちゃう。毎年『ワンピース』が上位にくるに決まってますから。

 今年の『このマンガがすごい!』の結果は、オトコ編一位は『ブラック・ジャック創作秘話』、オンナ編『花のズボラ飯』という(わたしにとっては)意外な結果でした。両方とも楽しく読んだけど、ノーマークだったなあ。


●メディアファクトリー「ダ・ヴィンチ」2012年1月号のコミックランキングは読者投票です。有効投票数が約五万というからこりゃすごい。この全員がマンガにも投票してるわけではないでしょうけど、数万のアンケートですからね-。

 これだけの人数による投票になりますと、当然ながら一位は『ワンピース』、以下ずらずらと有名作品が並びます。

 「ダ・ヴィンチ」も本来ブックガイド雑誌のはずですが、コミックランキングに関しては、ブックガイドとしてはまったく機能してません。

 ま、なんつってもミステリー・エンタメランキングの11位にはあの、水嶋ヒロ『KAGEROU』がランクインしてますので、ランキング全体の信頼性はどうよ、というところではありますが。


●エンターブレイン「オトナファミ」2012年2月号(新春特大号なのに2月号とはこれいかに)には「全国3000店の書店員が選んだ」マンガランキングが掲載されてます。

 ウワサによると書店員のみなさんは、出版社からこういうアンケートを報酬なしで依頼されているそうで、ごくろうさまです。

 これがなかなかヒネった結果になってておもしろい。一位『HUNTER×HUNTER』はともかく、二位が『ドリフターズ』、三位は『鬼灯の冷徹』。なるほどそうきたか。マイナーからメジャーへ境界線を少し越えたところ、という微妙な選択なのかな?


●「フリースタイル」17号の特集は「THE BEST MANGA 2012 このマンガを読め!」でした。選者55人。こちらの特徴は、選者の年齢がそうとうに高いところ。60歳以上、50歳以上がずらずらと。でもとんがってるのはこっちです。

 一位はいがらしみきお『I 【アイ】』。

 「このマンガを読め!」と「ダ・ヴィンチ」のランキングを見比べていたのですが、なんとベストテンは一作もかぶっていない。どころか、それぞれを20位まで見ても、一作もかぶっていません。ちょっと驚いた。これはまったくのベツモノですなあ。

 「このマンガを読め!」の今年の特徴は、海外マンガが20位以内に二作、40位まで広げると五作もランクインしたところですね。確かに昨年末から本年にかけての海外作品邦訳ラッシュはすごかった。海外作品プッシュの漫棚通信としては、喜ばしいことです。

 わたしも末席ながら「このマンガを読め!」のアンケートに参加させていただいてます。よろしくどうぞ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 19, 2011

俗にして前衛『リミット』

 すえのぶけいこ『リミット』が全六巻(2010~2011年講談社、各419円+税、amazon)で完結。

リミット(6) <完> (講談社コミックス別冊フレンド)

 林間学校へ向かうバスが山道から転落。クラスのほとんどが死亡、生き残ったのは数人の女子高生だけだった。山中で救助を待つ彼女たちだが、異様な状況が彼女たちの精神を暴走させる。暴力による支配と服従、そしてついに殺人が……!?

 えー、ゴールディング「蝿の王」です。

 少女マンガ、しかも別フレ連載、という制約で、こういうお話を描こうとして、しかもそれをやりとげたということに拍手。

 不満はいっぱいあります。まず、こちらを信じさせてくれるような「嘘」をつけてないところ。

 現代日本で高校のクラスが壊滅するほどの大事故。なのになかなか救助が来ない。マンガ内ではいろんな偶然が重なったと説明がされてはいます。でもすっごい山奥じゃあるまいし、現場の天候も悪くない、彼女たちもたき火の煙を出してる、はずなんですけどね。

 遭難者たちの行動もよくわかんない。どうしてそんなふうに状況を悪化させる行動ばっかりするんだー。←ただしこれはすべてのホラー、サスペンスドラマの被害者たちがそうなんですけどね。

 別フレですから、最後はハートウォーミングなハッピーエンドが義務づけられています。「蝿の王」からハッピーエンディングにもっていくのはきびしい。本作でも読者を納得させるほど成功しているとは言いがたい。

 しかも連載中に震災があったわけです。こういうディザスターを扱ったマンガは、描くのがきつかったでしょう。

 しかしそれでも。本作は意欲作です。

 現実世界でそれなりのリア充だった主人公が、現実から隔絶した悪夢的世界にほうりこまれることで、現実世界こそが悪夢であったことに気づく、という展開。これが別フレに載ってるわけですからね。

 もちろん別フレ読者にとっての悪夢とは、学校生活です。「空気を読んで」「うまく」生きていくことがすべての世界。せまい世界ですが、そこに生きている彼らは外の世界のことを知りません。学校の「外」を極端な形で見せたのが本作です。

 さて本作の別フレ的結末のつけかたは。

 けっして無垢ではない、現実世界ではむしろ加害者であった主人公は、いろんな行動や言葉で、なんとかみんなをハッピーにしようと泥臭くがんばります。テーマは前衛、しかし展開はまさに少女マンガ、子どもマンガにおける通俗の王道です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2011

貸本時代のみやわき心太郎

 みやわき心太郎が亡くなって一年。ハートウォーミングな青春マンガから、人間の心の闇をえぐる作品まで、端正な絵で描かれた多様な作品群が残されました。

 わたしはかつて虫プロ「COM」に掲載された作品を愛読していました。長く活躍され上質の作品を多く残したのに、麻雀マンガや「THE レイプマン」をのぞいて入手できる単行本が少ないのが残念でした。

 しかし最近になって、佐藤秀峰の主催する「漫画 on Web」で、みやわき心太郎の貸本劇画時代作品を購入・閲覧できるようになっています(→)。

 「漫画 on Web」のシステムはデータを購入するのじゃなくて一年の期限付き閲覧許可です。ですから、ネット環境のないところでは読めない。PCのビューワでは画像拡大ができない(iPadで読むときは可能です)。さらに価格がやや高価。ポイントシステムで300円ごと、500円ごと購入なのでぴったりと使い切れない。などなど読者としてはいろいろと不満が多い。でも初期のみやわき作品が手軽に読めるのなら、ここはしょうがないか。

●わたしの愛するおばかさん

 これは1982年に駒絵工房から発行されたB6判の短編集。以下の作品が収録されています。

 ○わたしの愛するおばかさん(1964年「青春9号」
 ○顔(1959年「街29号」第15回新人コンクール入選作
 ○尼崎家の女中(1959年「街34号」)
 ○君(1961年 1964年「青春3号」)
 ○23年(1965年 1967年「破(ブレイク)1号」)
 ○あいつ(1964年 1965年「青春12号」)

 このうち『顔』がデビュー作なのかな。11ページの短編スリラー。貸本短編誌「街」に掲載された投稿作品だと思います。第二作(?)の「尼崎家の女中」も殺人事件を扱った作品。この二作にはまだ著者の本領は出ていません。(『顔』がデビュー作、『尼崎家の女中』は第三作でした)

●みやわき心太郎短編集1

 ○赤い夕日がしずんだ時(1960年「街」42号)
 ○折鶴(1973年「トップコミック」12月12日号)
 ○鐘鳴る宵に~盲目の彼~(1961年「新劇画ヒットシリーズ」)
 ○オタンコナスのイカレポンチのウスラトンカチ!!(1961年 1964年「青春4号」)
 ○ボイーン(1964年「青春8号 7号」)

 1960年の『赤い夕日が沈んだ時』は前年の二作から見て大きな進歩が見られます。題材も市井の若者の生活からとられるようになり、なんつっても絵がむちゃうまくなってます。女の子がかわいいのがみやわき作品の魅力ですからね。

 おもしろいのがこの作品のトビラに「尼崎くらぶ駒画作品 特別賞受賞第一回中編作品」とあること。「駒画」とは松本正彦が自身の作品を称した言葉。すでに1959年には「劇画工房」が発足していましたが、この時期でも松本以外の作品に「駒画」が使用されたことがあったのですね。

 ヒロッペ(ヒロ子、五月洋子)という女性主人公が登場するのが『オタンコナスのイカレポンチのウスラトンカチ!!』と『ボイーン』。前者は高校生ヒロッペと同級生の増田次郎くんの、後者は中学生ヒロッペとボクシング部の男子高校生との間の、ほんとどうでもいいような恋愛感情を描いた作品。

 でもこれがねー、むずがゆくってねえ、ああ、いい、とてもいい。でも恥ずかしい。わたしなんかには、これぞ、みやわき心太郎! なのですけどね。

●みやわき心太郎短編集2

 ○ニューパパ(1960年 1964年「青春6号」)
 ○おとめ(1961年「街別冊1.2.3」10号)
 ○ごきげんななめ(1964年「青春8号」)
 ○ウフフフッ(1964年「青春35号 10号」
 ○マイザブトンボーイ(1960年 1965年「青春14号」)

 わたしの記述に「?」マークが多いのは、サイトの初出紹介があやしく思われるから。作品トビラに記述されてる年代とずれてるし、著者の画風や作品内容から考えてもどうか。書誌的にはこれちょっと信用できません。(コメント欄で教えていただいた飯田耕一郎氏のサイトを参考に修正しました)

 『貸本マンガRETURNS』(2006年ポプラ社)には「一九六三年、辰巳ヨシヒロの第一プロから『青春』という短編誌の刊行が始まる」という記述もあり、これを信用するなら本サイト上の「青春」の発行年や号数はまったくでたらめということになります。

 それにしてもサイトの記述者もこれはちょっとおかしいと思わないかなあ。

 このうち『ごきげんななめ』(「ハートコレクションNo.7」というシリーズ名がはいってます)『ウフフフッ』『マイザブトンボーイ』の三作は、ひきつづき高校生ヒロッペと増田次郎くんの、どうでもいい恋愛のシリーズ作品。ああむずがゆい。

 この作品群では、時代の最先端を行く中流家庭の描写がすばらしい。この時代、このマンガに登場するようなモダーンな家がつぎつぎと建築されつつあったんですよね。

●みやわき心太郎短編集3

 ○灰色の雲のすきまの青空(1961年 1962年「街」63号)
 ○男の叫び(1965年 1966年東京トップ社「東京残酷物語1」 「青春残酷詩1」
 ○日曜日の九(1961年 1964年「青春別冊1号」)
 ○雨(1965年「青春15号 16号」)
 ○その顔大好き(1965年東京トップ社)

 『灰色の雲のすきまの青空』は、父親の死で遺産相続トラブルにまきこまれた少女の悲劇。あとがきに「このシナリオは、五年近くあたためていたものです」とありますが、いやいやいや、五年前なら著者はまだ13歳のはず。

 しかしこの話、よほどお気に入りだったと見えて、そのまま『男の叫び』という作品でリメイクされています。ページ数は倍増。このころにみやわき心太郎のマンガは早くも円熟の境地にはいっていて、完成度高し。著者の代表作のひとつでしょう。

●みやわき心太郎短編集4

 ○もてない奴 その1、その2(1965年「別冊青春3号」)
 ○箱師 成金の三平(1965年「刑事48 日本チャリンコ銘々伝1」)
 ○逃げる二人(1965年「刑事49 日本チャリンコ銘々伝2」)
 ○ニューママ(1960年 1964年「青春5号」)

 『もてない奴』は絵がつたなすぎるし、内容も日活アクションの焼き直し。1965年作品とは信じがたい。(実際に1965年が初出のようです。どうも旧作を掲載したらしいですね)『逃げる二人』は「手錠のままの脱獄」を若い男女に変更して描いたものです。みやわき心太郎の絵がもっとも少年マンガに近づいていたころの作品。こういう絵、好きです。

 しかしみやわき心太郎の、すっごくむずがゆい青春マンガだけを集めてどこかで出版してくれないかしら。わたし買いますけどねー。

 【追記】コメント欄のご指摘にしたがって、飯田耕一郞氏のサイトを参考に作品の発表年、およびわたしの文章を修正しました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

December 05, 2011

『ののちゃん』とマリーザ

 朝日新聞に連載中のいしいひさいち『ののちゃん』に登場する高校生シンガー、吉川ロカ。

 彼女は、ののちゃんちのとなりのキクチ食堂でアルバイトをする代わりに、店の定休日にはライブを開かせてもらってます。彼女が歌うのはポルトガルの民謡、ファドです。

 ファドをエネルギッシュに歌い上げる吉川ロカは、中央の音楽シーンも注目する知る人ぞ知る存在、と言いたいところですが、じつは彼女のことはののちゃんちのご近所だけじゃなくて、日本中、数百万の読者がそれを知ってるわけですね。

 わたし、吉川ロカが歌うファドの歌詞が登場するたびに、モトウタを特定しようとしてたのですが、今日の(2011年12月5日5110回)はわかりやすかった。

Nonotyan5110_2

 ファドの新星、マリーザの歌うところの「Dona Rosa」ですね。

 吉川ロカは以前にも、マリーザも歌ってるファド「Beijo de Saudade」をレパートリーにしてましたが、こうなるともう、吉川ロカのモデルはマリーザで決まりだな。

 極東で数百万部も発行されてる新聞で、ポルトガルのシンガーがモデルとなるキャラクターが描かれてて、しかもそれがほとんど誰にも知られてない、というこの不思議。日本におけるマンガとは何か、という話にもなるわけですが、それはそれとして、ロカちゃん、かわいいっ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2011 | Main | January 2012 »