« August 2011 | Main | October 2011 »

September 29, 2011

戦闘機好きはアチラにもいる『ル・グラン・デューク』

 秋のBDまつり、第二弾のご紹介はこれ。情報があんまり出てない作品でちょっと不安だったのですが、買って良かった。

●ロマン・ユゴー/ヤン『ル・グラン・デューク』(宮脇史生訳、2011年イカロス出版、2800円+税、amazon

ル・グラン・デューク

 イカロス出版は航空ファン向けの雑誌などを出してるところ。BDの出版とは無縁と思われる出版社が参入してくるのですから、やっぱBDってブームなのでしょうか。

 第二次大戦を舞台にした戦記マンガ。ドイツ対ソ連の航空戦を描いています。

 主人公はドイツ空軍のエースパイロット、アドルフ・ヴルフ中尉。でもナチス嫌いで隊内では孤立しています。対するのはソ連軍の女性パイロット、リリア・リトヴァスキ中尉。ドイツ軍から「夜の魔女」と恐れられる存在。彼女も共産党が嫌いで、政治委員からにらまれています。このふたりの人生が東部戦線の上空で交錯する!

 わたし知らなかったのですが、第二次大戦中のソ連では女性兵士は後方支援だけじゃなく当たり前のように前線で戦闘に従事してて、実際に女性の戦車乗りとか飛行機パイロットとかも存在したそうです。

 ですから本書も、ありえたかもしれない物語。でもこういう基礎知識は解説しておいてほしいなあ。それとも戦記ファンにはあまりに常識?

 また本書には訳者略歴は書いてあっても、原著者についての情報はまったくありません。「マンガ」出版としてはどうよ、と思う不親切さなのですが、しょうがないのでわたしが代わりに。

 まずタイトルの「ル・グラン・デューク Le Grand Duc」。日本語にすると「大公」ですが、本書では書影の飛行機に描かれたミミズクのイラストにご注目。

 主人公の愛機はハインケルHe219という変わった形の双発複座戦闘機なのですが、こいつの愛称がドイツ語で「ウーフー Uhu」。日本語でワシミミズク、英語でイーグルオウル、フランス語でル・グラン・デュークというわけです(ああWikipediaの各国語横断検索は便利だ)。

 原著者のひとり、作画担当のロマン・ユゴー Romain Hugault は1979年生まれ。17歳でパイロットライセンスをとったという筋金入りの航空ファン。2005年に出版された「Le Dernier envol(最後の出撃)」というBDで注目されるようになりました。航空戦記BDの新鋭です。

 本書は2008年から2010年にかけて全三巻で出版され商業的にも成功しました。邦訳はそれを一冊にまとめたもの。

 シナリオ担当のヤン Yann については、あまりに一般的な名前なので、検索してもわかりませんでした。ごめんね。

 お話には女性のハダカもでてきますが、通俗とはちょっと違う。緊張感のある人間関係、組織と個人の関係、死と向き合う戦争の残酷さなど描かれてて、ストーリーも読ませます。

 しかし本書の魅力は、やっぱり絵。わが新谷かおるや小林源文を引き合いに出すまでもなく、戦記マンガの魅力は、メカのかっこよさと正確さです。

 読者のほとんどが戦記マニア、という特殊な世界ですから、きっとちょっとしたマチガイも許されないに違いない。その点、本書の正確さはすごい(のだと思う)。フォッケウルフFw190D-9という戦闘機のコックピットを上方から俯瞰した絵がありますが、航空ファンは泣いて喜ぶのじゃないでしょうか。

 ユゴーの描く飛行機はどれも美しい。日本プラモデルの箱絵とは方向性がちょっと違いますが、すでにそれを越えている、のじゃないかな。

 パースや構図は自由自在。下から見上げた空も上から見おろした地上もすばらしい。それに日本マンガと違ってオールカラーは強力だ。飛んでる飛行機だけじゃなくて、そこに飛行機のある風景、もいいですね。お好きなかたにはたまらんでしょう。

 最近のBDはYouTubeに動画の広告を出したりしてますので、サンプルをどうぞ。こんな絵です。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 26, 2011

殺戮と破壊の『ピノキオ』

 今年もBDがつぎつぎと邦訳されてます。

 いろんな作品を読んで思うことは、そこにはこれまで日本の読者が知らなかった豊穣な世界が広がってるのだなあと。フランスの読者が日本マンガに出会ったとき以上に、わたしたちは今、BDにびっくりしてる、のじゃないかな。

 秋のBDまつり、第一弾のご紹介はこれ。

●ヴィンシュルス『ピノキオ』(原正人訳、2011年小学館集英社プロダクション、3000円+税、amazon

ピノキオ (ShoPro Books)

 出版社よりご恵投いただきました。ありがとうございます。

 著者のヴィンシュルスは、アニメーション化されたマルジャン・サトラピ『ペルセポリス』で、サトラピと共同監督をしたヴァンサン・パロノーの別名。アニメはカンヌで審査員賞を受賞しましたね。

 だれもが知ってる『ピノキオ』。19世紀イタリアの作家、カルロ・コッローディ(コルローディその他の表記もあり)による児童文学です。現代のわたしたちには1940年のディズニーアニメーションのイメージがすり込まれちゃってます。アニメのほうもピノキオの耳が伸びるシーンとかけっこうブラックな味わいがありますが、原作小説ではピノキオがしばり首にされて死んじゃったりしてもっとブラック。

 しかし本書はさらに極悪な作品です。こういうのがアングレームでは賞を取っちゃうんだよなあ。フランスはふところ深いわ。

 本作のピノキオは木でできた操り人形のように見えてじつは、ゼペットが発明した軍事用スーパーロボット。彼は皿洗いもできる兵器、として開発されました。

 ところがピノキオは、体内にしのびこんだコオロギならぬゴキブリのジミニーのせいで回路がおかしくなってしまい、破壊と残虐の限りをつくすことになります。

 ゼペットは失踪したピノキオを追って旅に出ます。もちろん愛のためではなく金のため。ピノキオとゼペットはそれぞれの旅の途上で、さまざまな不幸なキャラクターと邪悪な事件に出会い、それらが黒い笑いとともに描かれるのです。

 たとえば七人のこびと。冷凍保存した白雪姫をかわるがわる屍姦しているこびとたちは彼女を生き返らせるために、ある殺人鬼から生きた心臓を買い取ります。

 たとえば原作にも登場する足の悪いキツネと盲目のネコ。本書で彼らは人間として登場しますが、ネコは宗教に目覚めキツネに復讐し、ついにはテロリストとなります。

 原作やアニメではロバになってしまうピノキオの友人たちは、本書では狼に変身してクーデターに参加します。彼らは原作やアニメでは被害者ですが、本書では圧政の加害者となります。

 最大の違いはピノキオ自身。本書のピノキオは心を持っていません。意思もない、目的もない、ひとにあやつられるままの破壊兵器です。ピノキオが何を暗示しているかは明らかでしょう。

 絵はロバート・クラムふうというか、かつてのアンダーグラウンドコミックな感じ(→出版社のサイト)。

 いろいろなエピソードやキャラクターがきれいに落ち着くところに落ち着いて、ラストに集約します。しかしそのラストはいつわりの安息のように見えますがどうでしょうか。

 暗喩に満ちていて、いくらでも深読みできてしまう作品です。とくに日本の読者なら、「かわいらしい外見を持った」「スーパーロボット」で「破壊兵器」でもあるピノキオを見ると、どうしてもあの作品を思い浮かべてしまいます。わたしはずっと「裏アトム」と思いながら読んでました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 23, 2011

わたしの「COM」

 手塚治虫の虫プロが月刊マンガ誌「COM」を刊行したのが1966年12月のこと。わたしが初めて買った「COM」は創刊三号めの1967年3月号です。

 表紙には「まんがエリートのためのまんが専門誌」というコピー。表紙イラストは石森章太郎の描く『ジュン』でした。買ったわたしはまだ小学生。

 今「エリート」なんて言葉を使いますと、エリート=エリートサラリーマン=スノッブ、みたいな感じでちょっとキザでやーな語感がありますが、当時はそうでもありませんでした。桑田次郎/平井和正のSFマンガ『エリート』が1965年です。SFヒーローをエリートと名づけたのは、この言葉がそれほど世間に出回ってなかったから。そして本来の意味であるところの「選良」という意味が優位だったからです。当時の日本では「エリート」はまだ「いい言葉」だったのですよ。

 でも小学生の自分には、エリートという言葉の意味すらよくわかってなかったと思います。

 マンガは手塚治虫『火の鳥』、石森章太郎『ジュン』、永島慎二『青春裁判』、ゲスト作家がみやわき心太郎で、アニメ『悟空の大冒険』のコミカライズを出崎統が描いてました。

 こう書き出してみると、うわあ、全員が故人になってる。あと、手塚の名作『フィルムは生きている』の総集編が載ってました。

 マンガのラインナップからわかるように、初期の「COM」は想定する読者対象として小学生も含めていました。ただそれにしてはマンガおよび雑誌そのものが実験的、先鋭的でした。

 子どものわたしに衝撃だったのは永島慎二『青春裁判』でしたね。永島慎二はすでに少年画報で梶原一騎と組んだ『挑戦者AAA(トリプルエース)』を読んでましたが、それとはぜんぜん違う絵とストーリー。

 またそれまでのマンガ雑誌の文章記事といえば、探偵小説や戦記物語、科学記事、オカルト記事などが定番でしたが、「COM」では「まんがブームの正体!?」という各マンガ雑誌編集者による座談会とか、「マンガ界ルポ」みたいな情報ページがある。草森紳一による赤塚不二夫研究や、手塚治虫や藤子不二雄によるマンガについてのエッセイあり、同人誌の紹介まで。

 情報があふれた現代とは違います。なにこれ、こんな雑誌、読んだことがない。つまり「COM」は創作・評論・研究・情報誌を兼ねた、まさにマンガ総合誌として創刊されたのです。

 さらに「COM」の大きな柱として、読者の投稿マンガを添削批評する「ぐら・こん まんが予備校」がありました。

 当時これに類する企画はありませんでした。多くのマンガ家が「ぐら・こん」出身、あるいは投稿の経験があるというのは、有名な話。多数の少女マンガ家を育てることになる「別冊マーガレット」の「別マまんがスクール」も「ぐら・こん」をまねて始まったものです。

 小学生だったわたしは「COM」を断続的ですが定期的に買い始めます。「COM」は1971年末に一応の終末を迎えますが、最後のころはわたしも中学生。そのころは意識的に毎月買い続けてました。その後、欠落してる号をひとからゆずってもらったり古書として購入したりして、全冊をそろえることになります。のちになってミニコミ誌「漫画の手帖トクマル」3号(2009年)に『みーんな「COM」に投稿していた』という記事を寄稿させていただいたこともあります。

 さて、こういう本が刊行されました。

●霜月たかなか・編『COM 40年目の終刊号』(2011年朝日新聞出版、amazon

COM 40年目の終刊号

 米澤嘉博が2006年に亡くなり、それがきっかけに出版された霜月たかなか『コミックマーケット創世記』(2008年朝日新書、amazon)で、「COM」の休刊と「ぐら・こん」の終了が、コミック・マーケットの開催につながった、という当時の事情が明らかにされました。

 その後2009年に京都国際マンガミュージアムで、2010年には東京ビッグサイトのコミティア93で、COM関係者座談会が公開開催されました。

 本書はその座談会の採録を中心に、当時掲載されたマンガの再録、マンガ家のコミックエッセイ、編集者の回想録などからなるものです。

 全冊のインデックス、登場したマンガ家の記録、「ぐら・こん」投稿者一覧などは資料性が高いですし、霜月たかなかによるCOM史の総括、関係者による「ぐら・こん」の軌跡については読み応えがあります。

 座談会に出席した真崎守によりますと、「ぐら・こん」の参考にしたのはまず「漫画少年」の「漫画つうしんぼ」。これは寺田ヒロオが選者と評を担当していました。そしてもうひとつ、貸本短編誌「街」の投稿欄。ここでは辰巳ヨシヒロが選者をしていたと。

 「漫画少年」から「COM」への流れは有名ですが、そこに「街」もはさまっていたとは。これはおどろき。辰巳ヨシヒロが後世に与えた影響はこんなところにも。

 書影イラストは和田誠。和田誠はCOMの表紙をもっとも多く描いたひとで、当時のCOMはまさにこういう感じの本でした。背表紙も当時と同じデザイン。

 矢代まさこ「COMな頃」と樹村みのり「COMの頃」という、タイトルも似たコミックエッセイが掲載されてます。

 矢代まさこが岡田史子・やまだ紫・樹村みのりのマンガの模写をして、樹村みのりが岡田史子・やまだ紫・矢代まさこのマンガの模写をしている。お互い申し合わせたかのようにそっくり。つまり当時の少女マンガの最前線はこの時期、この雑誌にあった。その認識を当時の作家たちが共有していた、ということなのです。

 「COM」は漫棚通信にとって原点といえる雑誌です。マンガ評論に出会ったのも「COM」が最初ですし、自分が読んだことのない昔のマンガも「COM」で知りました。

 「COM」がなければこのブログもなかったかもしれません。という意味でもいろいろ感慨深い一冊。

 さて、もひとつ。

 読みものとしては、じつはこちらのほうがおもしろい。不定期刊の雑誌「スペクテイター」では、2009年に発行された20号から「証言構成『COM』の時代 あるマンガ雑誌の回想」という記事を連載しています。現在第四回、まだ終了していません。

●「spectator」20~23号(2009年~2011年エディトリアル・デパートメント、各952円+税、20号21号22号23号

スペクテイター Vol.20 From Oregon With DIY スペクテイター Vol.22 スペクテイター〈23号〉

 過去の記事の再録やインタビューから構成されていて、インタビュアーは赤田祐一。22号では矢代まさこ、樹村みのり、芥真木、たむろ未知、末永史らのインタビュー。最近の23号ではガンケ・オンム、吾妻ひでお、ふくしま政美、鈴木漁生、間宮聖士、辰巳ヨシヒロらが登場していて、いやもうこれは人選からして読みたくなるでしょ。

 将来、単行本にまとまるかもしれませんが、雑誌記事のレイアウトで今読んで楽しい。興味あるかたはこちらもどうぞ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 20, 2011

イマドキにして王道『アゲイン!!』

 先日始まった「仮面ライダーフォーゼ」見てます? 今のところ「学園内に限定して出没する怪人」対「学園内の平和を守るだけの仮面ライダー」。このスケールの小ささがたまりません。

 しかもジョックスとかギークとか、学園内ヒエラルキーの専門用語がふつーに使われてて、お子様たちはついてこられるんでしょうか。ここは現代の日本なのか。

 「フォーゼ」にはいじわるな学園クイーンが登場しますが、これがチアリーダー部キャプテンのおねえちゃんなのです。そうか、これがイマドキか。

 で、これ。

●久保ミツロウ『アゲイン!!』1巻(2011年講談社、562円+税、amazon

アゲイン!!(1) (KCデラックス)

 高校の卒業式の日。高校三年間を無為に過ごしてしまった主人公、今村金一郎は、階段からの転落事故によって、なんとタイムスリップ。精神だけが三年前に戻り、気がつくと彼は高校入学式当日の一年生に戻ってしまった!

 高校時代をもう一度、アゲイン、ですね。あのときああしていたら、違う高校時代を送ることができていたはず。だれもが夢みることかもしれません。過去の世界で金一郎が出会ったのが三年生の応援団長。書影の彼女です。りりしくて美人。

 主人公は三年後には廃部になってしまってる応援団を、そうさせないためにいろいろと奮闘することになります。

 って、あらすじだけ書くと、熱血サワヤカ系のマンガと思われるかもしれませんが、これがそうでもない。

 主人公は三年間、同級生の誰とも話さずに過ごしてきたという、筋金入りのヒネクレもの。いろいろと陰謀をめぐらすタイプの腹黒です。三年分だけ知識と人生経験が上回っている、という、ここが微妙かつ絶妙の中途半端な能力の持ち主。

 主人公といっしょにタイムスリップしてきた同級生(♀)がいるのですが、この子もけっこう天然ビッチ系。

 さらに当面の敵、もしかするとラスボスとなるのが、学園クイーンのチア部キャプテン。これがもうハニートラップを仕掛けまくるという腹黒極悪キャラです。

 奇しくも「仮面ライダーフォーゼ」と同じようなキャラ設定ですが、美人のチア部キャプテン=悪役って流行ってるんですか。

 登場人物のうち純心なのは美人の応援団長だけ。敵も味方も陰謀をはりめぐらせる学園内のタタカイが描かれることになりそう。なんつーか、ひねりまくったイマドキの学園コメディ。

 本作、週刊少年マガジン連載ですが単行本の判型が新書判じゃなくてB6判。内容も外見も青年マンガっぽいです。

 でもよく考えてみると、善と悪の知恵によるタタカイだから、ルパン対ホームズ、明智対二十面相、さらにはアトム対ガロンなわけで、由緒正しい少年小説、少年マンガの構造を持ってるのですね。

 さらにタイトルが「アゲイン」で主人公が若返る、これって楳図かずお『アゲイン』と同じです。まことちゃんが初登場した作品ですね。

 『アゲイン』は隠居していた65歳の沢田元太郎が高校生に若返ってムチャクチャなことをするお話でした。だから久保ミツロウ作品は本歌取り、という感じでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2011

未完成の魅力『からん』

 木村紺『からん』が終了しちゃいましたね。

●木村紺『からん』7巻(2011年講談社、686円+税、amazon

からん(7) <完> (アフタヌーンKC)

 堂々の完結、というわけではなく、いわゆる打ち切りです。いろんな伏線は回収されず、7巻に書かれた「幕切れ」という作者のことばからも無念さが伝わってきます。

 わたしこの作品が大好きでした。すごく意欲的で魅力的なマンガだったのです。

 京都にある女子校、望月女学院高等部の柔道部に四人の一年生が入部してきます。経験者はひとりだけで、あとの三人は初心者。初心者組のひとり、京(みやこ)がいっぽうの主人公。138cm、38kgと小学生並みの体格の京は、なんと舞妓さんでもあるのですが、驚異的な身体能力と直観像記憶(=映像記憶)能力の持ち主。本作は彼女が柔道の天才として目覚めていく物語です。

 物語の観察者/語り手となるのが、柔道経験者の雅(みやび)。彼女は人間観察における一種のスーパーマンで、あらゆる人間関係に関するトラブルを予測分析できてしまうというひと。

 このふたりが主人公です。この紹介でもおわかりになるように、ストーリーを追うタイプのマンガじゃなくて、ひととひととの関わり合いを描いていくマンガね。

 こういうマンガですから、その魅力はキャラクターが多彩さと複雑さ。たよりないようで芯がしっかりしてる一年生。心に傷を負った一年生。当面のライバルとなる二年生。さらに『花の応援団』の青田赤道みたいな大石センパイ(♀)。

 その他、学内にも学外にも、おとなも子どもも、ひとくせあるキャラクターばっかり登場してきます。まさに群像劇ですね。これって「学園スポーツマンガ」なのに、というか、だからこそ、だよなあ。スポーツマンガはこうじゃなくっちゃ。

 さらに本作の意欲的なところは、スポーツだけを描いているのではないところです。柔道の話だけじゃなく、スポーツと関係ないクラスメイトのエピソードも。教師たちや理事長、親たちも登場。そしてなんと、京都という街そのものも重要なファクターになっています。だって主人公、舞妓だし。

 まさに全方位をまるきり描こうとした意欲作だったのですよ。

 ただし完成され安定した作品ではないので、欠点もいっぱいありました。おちゃらけたギャグがいろいろあるのですが、なにかもうひとつスベってる感がぬぐえないとか、キャラの描きわけに難ありとか、雅の洞察力と行動力がスーパーマンすぎとかね。

 なかでも最大の問題点は、月刊雑誌に連載を開始してからまる三年たって、お話はまだ一年生の五月末だということ。ラスボスは千葉在住のインターハイチャンピオンであると明らかにされてますが、いったいいつになったらそこにたどりつけるのやら。

 全方位を描こうとした結果、作品内時間経過と連載スピードがアンバランスになってしまいました。

 しかしそういう欠点も含めて、意欲にまかせて突っ走ったという感じで、完成されてない魅力に満ちた作品でした。終了は残念ですが、数年間楽しませていただきました。ありがとう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2011

電子雑誌「僕らの漫画」の新しい試み

 昨年は電子出版元年と言われながら、マンガに関しては何かすっきりしない状況が続いてました。きっと、いかにして収益を上げるかというモデル構築が難しいのでしょう。ネット上では期間限定で無料公開、そして紙の書籍として販売、というパターンが多いのかな。

 過去の作品の二次利用なら「ebookjapan」や「Jコミ」があって、これはけっこう根付いてきたみたいですが、「新作が電子書籍の形で発表され、読者がお金を払ってそれを読む」というパターンはまだまだ一般的な習慣にはなっていないようです。

 でもチャリティならどうだ! と乗り出したのがこれ。

●「僕らの漫画

 短編アンソロジー、というかマンガ雑誌ですね、これを電子書籍で売り、収益は震災の義損金にあてられる。

 今のところプラットフォームとなるのはiPhoneとiPadだけですが、意欲的な試みだと思います。執筆メンバーも魅力的で、第三弾までのバージョンアップを含めて600円という価格も手ごろ。

 わたしも買って読んでみました。

 今回の掲載作品は八作品。すべてが震災に関連してるわけじゃなくて、積極的に震災をテーマにしてるのは三作品だけです。このバランスもなかなかいい。

 作品としては巻頭の手原和憲『You Never Walk Alone』と、巻末のとり・みき『Mighty TOPIO』が絶品。

 手原作品は、わたしおろかにも最初のほうでは題材がわかってなくて、途中でそれに気づいてびっくりした。短編のチカラを再確認させてくれる傑作。

 とり作品は、水木しげるミーツ鉄腕アトム。震災と原発事故を見て、「アトムの子」(by 山下達郎)世代みんなが思い浮かべた夢をマンガ化してます。

 「僕らの漫画」の今後のバージョンアップが楽しみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2011 | Main | October 2011 »