« このまんが道は邪道だ『描かないマンガ家』 | Main | 八周年 »

August 12, 2011

あの日に帰りたい『ヅッカヅカ』

 吉田秋生『海街diary 4 帰れないふたり』(2011年小学館、505円+税、amazon)が発売されましたね。

海街diary 4 (flowers コミックス)

 今回の書影イラストは鎌倉、鶴岡八幡宮の大イチョウです。2010年の春に大風で倒れて、その後、新しい芽が出はじめたこともニュースになりました。

 この物語世界では、イチョウはまだ倒れていません。おそらく震災もない。

 著者によると、すでにもうなくなってしまったイチョウを表紙にしたのは「再生の願いを込めて」だそうです。

 震災とは無関係のマンガなのに、今年発売されることには特別の意味がある。読者も作者も震災を意識してしまうのですね。

 この巻では登場人物たち、みんなこれまで引きずってきたものを捨てて新しい旅立ちをしようとしています。安心して読めて、あたたかい気持ちになれる一巻。

******

 さて、こちらの作品では登場人物がみんな幸せそう。

●はるな檸檬『ヅッカヅカ ZUCCA×ZUCA』1巻(2011年講談社、933円+税、amazon

ZUCCA×ZUCA(1) (モーニングKCDX)

 四コマないし数コマのマンガで描く、宝塚ファン、マニア、ヲタのかたがたの、あるあるスケッチ。ネット連載なのでオールカラー。おどろくなかれ、ほぼ毎日連載です。

 すみません、わたしTVで宝塚の舞台が流れてても途中でチャンネルを変えちゃいますし、宝塚に行ったときも手塚治虫記念館だけに寄って帰ってきちゃった人間なので、ヅカファンの気持ちがよくわかりません。

 さらに周辺に宝塚ファンがいないので何ともいえないのですが、宝塚ファンというのは幸せそうで、ええねえ。

 いちばん典型的なのはこういう回。喫茶店でスケジュール帳をチェックする女性。明日は観劇。明後日は観劇のあと、友人たちとコンサートのビデオ鑑賞会。その次の日はスターを囲むファンの集い。来週は「ヅカ」カラオケで、来々週は宝塚で観劇。「こんなに幸せで」「いいのかな?」

 自分をふりかえって「こんなに幸せでいいのか」なんて思ったことはないので、彼女たちがうらやましいったら。そんな彼女たちですが、望んで得られない苦しみはもちろんあります。ヲタですからね。

 シアワセとフシアワセの落差もふくめて、楽しそう。笑わせていただきました。

 こんなマンガですが、違和感のある回がありました。1巻には収録されてない回ですが、今ならネット上で読めます。

 「第116場ケンカ」。女子高生がケンカしている。どうも「瀬奈じゅん」さんの代表作は何か、について言い争っているらしい。それを聞いてたベンチのおっさんが、「日本って」「平和だなあ…」

 何を今さら、というか、どこかで読んだことがあるようなオチです。ただしこれが発表されたのが2011年5月11日。

 この日、日本は平和だったか。そんなはずはありません。震災よりちょうど二か月。いしいひさいちが『ののちゃん』で震災を遠回しに描いたのもこの日でした。

 『ヅッカヅカ』のこの陳腐なマンガも、震災と関連してると考えるなら、ぜんぜん違う顔を見せることになります。

 あの平和な日に帰れたら。鎮魂と再生を願うマンガがここにも。

|

« このまんが道は邪道だ『描かないマンガ家』 | Main | 八周年 »

Comments

「宝塚」と聞くと、ひさうちみちお「恋のタカラヅカ」(「マンガ宝島」初出)を思い出します。
俺って平和だなあ……(笑)。

Posted by: かくた | August 12, 2011 09:11 PM

宝塚劇場につめかけたファンの前で、「真央のおめ○」という落書きが書けるかどうかで勝負する話ですな。>恋のタカラヅカ

Posted by: 漫棚通信 | August 12, 2011 10:53 PM

関東の宝塚ファンが念願かなって関西に来て、阪急河原町駅(地下です)から十三で乗り換えて宝塚へ向かおうという時、ヅカ・スターの写真が駅コンコースの柱という柱に飾ってあるのを見て、
「ああ、もうここから宝塚が始まっているんですね、いいなあ」と、幸せそうに言った、という古い新聞記事を思い出しました。

Posted by: トロ~ロ | August 14, 2011 03:15 AM

イチョウの絵がうれしくも儚いね。

鶴岡八幡宮の、ですね。ホントあの事件は悲しかった・・・。
でも物語の登場人物の新たな旅立ちと同じように、イチョウも新芽が
出てきたそうなので、物語も続いてくれるとウレシイですね。

海街に出会うまで知らなかった吉田さん。
ご自身に興味が出てしまいましたよ。
そしたらあるもんですね、吉田さん解説サイトが。
http://www.birthday-energy.co.jp/

この10年間はメッセージ性に磨きがかかって完成期、とのこと。
特に今年は総決算らしいので、もっと作品に磨きがかかるかな。

今年、がんばって~。

Posted by: ひろゆっきー | August 15, 2011 11:19 PM

思い入れがそこまでなく
売るのも嫌なら、いわゆる自炊
裁断機とスキャナ(ScanSnapなど)おすすめします。

蔵書が多いなら死にそうですが

Posted by: nktm | August 17, 2011 09:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あの日に帰りたい『ヅッカヅカ』:

« このまんが道は邪道だ『描かないマンガ家』 | Main | 八周年 »