« 絶望先生の微妙なギャグ | Main | 第15回手塚治虫文化賞 »

April 25, 2011

谷口ジローの描く日本の風景『ふらり。』

 NHK「ブラタモリ」の人気もあるのか、古地図ブーム、江戸ブームだそうですね。現代と過去の地図を比較する、というのが流行してるみたいで、わたしも先日それを特集してる雑誌を読みました。みんな江戸時代の「風景」に注目して楽しんでる。

 で、谷口ジローの新作もそっち方面といえるかもしれない。

●谷口ジロー『ふらり。』(2011年講談社、876円+税、amazon

ふらり。 (KCデラックス)

 江戸時代後期、寛政のころ、江戸の街を歩く初老の男性。上品な物腰で脇差しだけを帯刀。武士ではなさそうです。彼はすでに隠居の身で街歩きが趣味と見え、江戸のあちこちに出かけていきます。しかしそれだけじゃなく同じ歩幅で歩く訓練をしているらしい、ちょっと謎の人物。

 作品内では最後まで主人公の名は明かされませんが、もちろん彼は伊能忠敬ですね。

 まだ日本全土の測量を開始する前、家督を譲り隠居してから趣味というか野望というか、江戸で天文学を学んでいたころの彼の日常生活スケッチ。

 主人公はちょっとぼーっとした人物で、夢うつつになっては動植物の視点で江戸をながめてる、という趣向です。鳥になって空から、亀になって水面から、江戸の景色が描かれます。

 谷口ジローが江戸時代の「風景」にいどんだ作品です。ここで描かれるのは、家屋や道、橋などの街並み、神社や桜、そして富士山です。

 もちろん描かれているのは、すでに失われた日本の景色です。現代人でこの風景を見た人は誰もいない。ですからそこに描かれているのは嘘、といえばそのとおり。しかしその嘘でどれだけ読者の郷愁をさそうことができるか。これがねー、すばらしい仕上がり。

 本書で著者は浮世絵などを参考に想像力をめいっぱい使って、かつて存在したかもしれない日本を描いてます。これまで山岳やアメリカ西部の大自然、ご近所の風景を描いてきた著者が、さらに歩を進めて、リアルと様式美を混在させた風景画に挑戦しました。

 すべてのページが美しい。絶品です。

|

« 絶望先生の微妙なギャグ | Main | 第15回手塚治虫文化賞 »

Comments

思わず書店で買い求めていました。漫棚通信さんのブログより早かったのは初めて! 
鳥や亀の視点になって、風景は素晴らしいですね。発想は火の鳥にありましたが、小林一茶との出会いも含めて、素晴らしいの一言です。
コンビニ本で石森章太郎氏の佐武と市が「歴史的傑作集」として出ていました。江戸の風景はこの作品から学んでいたんだなと思い出しました。

Posted by: not a second time | April 29, 2011 at 07:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38336/51493273

Listed below are links to weblogs that reference 谷口ジローの描く日本の風景『ふらり。』:

» ふらり。 [Comic Twitter !]
ふらり。 (KCデラックス)作者: 谷口 ジロー出版社/メーカー: 講談社発売日: 2011/04/22メディア: コミック ああ… 江戸が… こんなにも美しいとは これは贅沢だなあと思えるマンガでした。 谷口ジローさんのマンガを拝見するのは「犬を飼う」「孤独のグルメ」ときて まだ3冊目なのですが、今回ご紹介するマンガは「孤独のグルメ」に近い、 歩数を数えながら江戸の町を歩き回る一人の男の物語です。 ... [Read More]

Tracked on April 26, 2011 at 09:05 PM

« 絶望先生の微妙なギャグ | Main | 第15回手塚治虫文化賞 »