« すみません雑談です | Main | 『20世紀少年』最終感想 »

August 27, 2010

バルダツィーニのセックス・ファンタジー

 マンガとエロは親和性が高い、というわけではなくて、エロというのはどのようなメディアやジャンルにかかわらず、あらゆるものと親和性が高いものです。マンガ方面でも近代マンガ以前、カリカチュアと呼ばれていた18世紀のころから、エロを扱うマンガが存在しました。もちろん現代でも日本だけじゃなく、世界中にエロをテーマとしたマンガがあります。

 たとえばイタリアでは、1960年代にフュメッティ・セクシー・タスカビーリ(ポケット版成人マンガ)と呼ばれるエログロマンガが大流行しました。これらはいわゆる「俗悪」で安価なマンガでしたが、これに対抗して洗練されたエロ描写を追求するイタリア人マンガ家も登場するようになります。

 代表的なのはグィド・クレパクス Guido Crepax 。日本でも『ヴァレンティーナ』『ビアンカ』『O嬢の物語』などが邦訳されています。

O嬢の物語〈1〉 O嬢の物語〈2〉
(↑現在邦訳が発売中の『O嬢の物語』、書影クリックで日本アマゾンに飛びます)

 クレパクスの絵を知りたいかたはグーグル画像検索で「CREPAX」をどうぞ【エロ注意】(以下エロ方面の検索は、検索オプションのフィルタリングをはずしますと検索結果が少し変わります)。クレパクスはスタイリッシュかつ芸術的すぎて、あまりエロくはないかな。

 邦訳はありませんが、セルピエリ Paolo Eleuteri Serpieri もイタリアのビッグネーム。宇宙を舞台にしたSF、ドルーナ・シリーズが有名です。【追記:とか書いてたら、セルピエリはエロ以外で邦訳があるぞとツイッターで教えていただきました。地元の図書館が所蔵してるみたいなので、週末に読んできます】

 セルピエリの画像検索はこちら【エロ注意】。たいへん肉感的な女性を描くひとで、クレパクスと違ってエロ度高し。自身のサイトのギャラリーなどを見ればわかりますが、女性のお尻ばっかり描いてますな。

 さて、欧米ではそれなりに有名だけどおそらく日本ではほとんど知られていない、わたしが好きなイタリア人マンガ家、ロベルト・バルダツィーニ Roberto Baldazzini をご紹介しましょう。とか書いてますが、その筋のヒト(どの筋だ?)にはひそかに有名だったりして。

 とりあえず画像検索で【エロ注意】。 

 ひとつひとつの画像をよく見ていただくとわかりますが、彼女たちの多くは、一見女性のように見えても下半身にちんちんを持ってる。そう、バルダツィーニのエロマンガにはトランスジェンダーばかりが登場するのです。

 もっとも有名なのは「CASA HOWHARD」シリーズ。日本でもアメリカアマゾンから英語版、フランスアマゾンからフランス語版を取り寄せることができます。現在4巻まで刊行されていて、この秋には5巻が発売予定。

Casa Howhard Casa Howhard Volume 2 Casa Howhard Casa Howhard, Volume 4 CASA HOWHARD, Vol. 5
(左上から順に1巻から5巻、書影クリックでアメリカアマゾンに飛びます)

 「CASA HOWHARD」というのはアパートの名前。ここに住んでいるのは全員、おっぱいとちんちんを持ったトランスジェンダーたち。

 日本のエロマンガにも「ふたなり」モノがありますが、そこに登場する多くのふたなり娘たちは、おっぱいを持つ女性体型でありながらなぜか陰茎と膣と肛門を持ってる(じつはよく知らないのですが、わたしの読んだことあるのはそんなのが多かった)。

 でもいわゆるほんとのシーメールのかたたちは、膣はなくてそこにあるのは陰茎と睾丸と肛門ですよね。バルダツィーニの描くトランスジェンダーたちもそのタイプです。

 主人公は「CASA HOWHARD」の住人のひとりアンジェラ。彼女は体型も思考も女性そのものですが、ただし下半身だけは男性です。このアパートに住んでいるのは全員が同じタイプの若いトランスジェンダーばかり(えーと13人くらい?)。リーダー格のリズおばさんを中心に、彼女たちの生活、じゃなくてセックスが描かれます。

 ストーリーは、はっきりいいますが、ないっ。彼女たちの美しい姿態といろんなセックスをながめる「だけ」のマンガです。

 バルダツィーニの特徴は、そのシンプルな線です。日本のエロマンガは動線と擬音と叫びと汗と汁で成立していますが、バルダツィーニのマンガはむしろ静的でデザイン画のよう。

 第1巻はモノクロですが2巻からはカラーで発売されてます。現在アメリカアマゾンでは(出版元でも)英語版の1巻だけ品切れで、古書にむちゃ高価な値付けがされてますが、おそらくそのうち1巻もカラー化されて再発売されると思います。

 2巻はアンジェラたちがナンバーワン・トランスジェンダー・チームを決めるTV番組に出る話。3巻はアンジェラのおっぱいと乳首が巨大になってさあたいへん、という話。なんだろね。

 お話はどんどんファンタジー化していって、4巻になるとジャングルで失踪した友人を捜す探検に出かける「CASA HOWHARD」のみなさん。わたしはこの作品がもっとも好きで、ジャングルに未知の動植物や部族が登場しますがこれがみんなトランスジェンダー、というとんでもないもの。アンジェラたちがジャングルを進むときの服装も、手袋とブーツは身につけてても、必ずちんちんとお尻はほり出してるんだからなあ。

 秋に発売される5巻も表紙イラストを見ると、日本マンガふうの妖精(?)が登場してて、ますますファンタジー度が増してるようです。

 バルダツィーニにはもう一つ有名なシリーズがあって、そちらは「ベイバ Bayba」(フランス語では「Beba」)。

Bayba: The 110 Bj's Bayba, Domina in Red Bayba: Lady Brown
(左から1巻から3巻、書影クリックでアメリカアマゾンに飛びます)

 主人公のベイバもトランスジェンダー。小さなおっぱいと小さなちんちんを持った赤毛で魅力的な彼女は、娼館で男たちに縛られたり鞭打たれたりアレされたりコレされたりしてます。彼女は1巻のなかばでおっぱいを大きくして、ちんちんを切って完全な女性体型になっちゃったあと、110人の男を24時間でイカせるという新記録に挑戦する、というお話。

 野暮を承知で書きますが、1巻のサブタイトルの「The 110 bj 's 」の「bj 」てのは「Blow Job 」のことじゃないかと。ハンドジョブが手でナニすることで、ブロウジョブは口でナニすることね。

 「ベイバ」は全編これ緊縛と過激なSMとセックスシーンの連続です。

 ベイバのシリーズはより強くデフォルメされた絵柄。そして男性はすべて醜悪なブタとして描かれてます。ですからまるでアメリカのTVカートゥーンみたいな感じ。これでビザールで過激なSM世界がくりひろげられるのですね。

 1巻で完全な女性体型を得たはずのベイバですが、続く2巻と3巻で描かれるのは1巻の前日譚。おそらく作者は女性体型のベイバにはあまり興味がなくて、トランスジェンダー体型がすごく好きなんでしょう。

 続巻では男性読者にとってはさらに痛そうな(なんせベイバは下半身は男性ですので、陰茎と睾丸がおもいっきり縛られ引き延ばされつぶされそうになるわ、ちんちんには棒が突っ込まれるわ、肛門に巨大なものが挿入されるわ)シーンが連続します。

 もひとつ。少し古い作品ですが「キアラ・ローゼンバーグ」。これにはトランスジェンダーは登場しません。フランス語版は「Chiara Rosenberg: La Double Vie d'une dominatrice」、英語版は「She Dom: The Awakening Of Chiara Rosenberg」。

She Dom: The Awakening Of Chiara Rosenberg
(↑これは英語版書影。フランス語版書影はコチラ。フランスアマゾンに飛びます)

 英語版の古書には腰が抜けるほどの値段がついてますが(90ドル以上ってどうよ)、カラリングされ新たなページが描き足され、ごく最近ファイナルエディションとして発売されたのが上記リンクのフランス語版です。

 若く美しいローゼンバーグ夫人は、作家である夫と家庭ではドミネーションによるセックス関係にあります。セックス用語のドミネーションてのは日本でいうところのSMでして、彼女は裸で手を縛られてランニングマシンで走らされたり、外出時に浣腸されたり。

 あるパーティーで若いカメラマンと出会ったローゼンバーグ夫人は、彼と不倫関係になります。しかしその関係は家庭とは逆で、彼女は若者に対してセックス上の女王様としてふるまうようになる。三人の関係はどのように変化していくのか……

 とまあ、この作品にはきちんとストーリーがあります。セックス描写は後年の作品のような直接の挿入などは描かれてませんが、それはそれでなかなかオモムキ深いものがあったり。

 バルダツィーニが描くエロは、日本のエロマンガ愛好家にとっては動きや擬音が少なく、マンガを「読む」ひとにはもの足りなく感じるかもしれませんが、ゆっくりとエロい絵を「見て」楽しもうとするひとなら楽しめるのじゃないか。日本だったら、佐伯俊男とか宮西計三とか、かしら。

 バルダツィーニのサイトはコチラ

|

« すみません雑談です | Main | 『20世紀少年』最終感想 »

Comments

全然その筋のヒト(どの筋だ?)ではありませんがロベルト・バルダツィーニは知りませんでした。
ちょっと特化しすぎという印象です。

イタリアのその筋ではミロ・マナーラMilo Manaraとヴィットリオ・ジャルディーノVittorio Giardinoは外せないと思います。
クレパクスとバルダツィーニの間の世代でセルピエリと同世代ですね。
セルピエリ1944年生まれ
マナーラ1945年
ジャルディーノ1946年
マックス・カバンヌ1947年(フランス人ですが)
とみてみると黄金世代のような気がしてきました。

Posted by: 丁稚くん | September 03, 2010 06:05 PM

ご紹介ありがとうございます。カバンヌはエロくない作品の邦訳がありますね。マナーラの名は知ってましたがジャルディーノは知りませんでした。手に入れてみようかな。

Posted by: 漫棚通信 | September 03, 2010 07:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バルダツィーニのセックス・ファンタジー:

« すみません雑談です | Main | 『20世紀少年』最終感想 »