« 色の衝撃『バットマン:キリングジョーク 完全版』 | Main | 『ジャングル大帝』と白いライオンの謎 »

January 29, 2010

フランス語で「マンガ家」は

 個人的にちょっとした発見。

 スヌーピーの作者であるチャールズ・M・シュルツを英語版Wikipedia で調べておりましたところ、シュルツは「アメリカのcartoonist 」であると書かれてました。

 現代の英語で「cartoonist 」は、いわゆる滑稽な「カートゥーン」の描き手じゃなくても使用されていて、「comic artist 」とほぼ同義です。ですから日本語の「マンガ家」=「cartoonist 」=「comic artist 」と考えていいでしょう。

 ところがフランス語Wikipedia に行ってみますと、シュルツは「コミック・ストリップの脚本家であり画家(scénariste et dessinateur )」と紹介されてるのですね。ずいぶん面倒な表現をしてるじゃないですか。

 ためしにフランス人のメビウスを調べてみますと、これも「バンド・デシネの画家であり脚本家」。アメリカ人のフランク・ミラーも同じです。

 日本では「マンガ家」とされることが多いレイモン・ペイネやジャン=ジャック・サンペは、「イラストレーター」。サンペなどは英語版Wikipedia に行きますと「cartoonist 」に分類されてるんですけどね。

 タンタンの作者エルジェをはじめとして絵とストーリー、両方やってるひとは多いはずですが、彼らのようなビッグネームは「○○(作品名)の著者」と紹介されてます。

 というわけでフランス語には、「絵とストーリーの両方を担当するマンガ家」に相当する言葉が存在しないようです。これにはちょっと驚いた。

|

« 色の衝撃『バットマン:キリングジョーク 完全版』 | Main | 『ジャングル大帝』と白いライオンの謎 »

Comments

はじめまして。いつも興味深く拝見しております。私はフランス語の教師をしています。
BDは、ご存知のようにbande dessinéeの略ですが、後半の単語は、dessinerという動詞の過去分詞です(BDを直訳すると、「描かれた帯」ということになります)。この動詞の名詞が、日本語にも入っている「デッサン」dessinで、従ってそれを描く人dessinateurは、本来は「デッサン画家」ということになり、絵の具を使って描くいわゆる「画家」peintreとは、指す内容が異なります。
ところで、Petit Larousse illustréという、毎年改訂される百科事典/固有名詞事典があるのですが、ここで「漫画家」は、絵とストーリーの両方の作家はdessinateur et scénariste、絵のみの場合はdessinateurでほぼ統一されているようです。

Posted by: seigneur | January 29, 2010 10:03 PM

古い表記で、作・画というのがありますけど、
あれは何を意図していたんでしょうね。
おフランス気取りってことでもないでしょうし。

Posted by: lucia | January 29, 2010 11:21 PM

>「絵とストーリーの両方を担当するマンガ家」
そういえば逆に日本では作画のみを担当する「作画家」「漫画化家」という言葉がないですよね。

Posted by: ashihata | February 09, 2010 02:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フランス語で「マンガ家」は:

« 色の衝撃『バットマン:キリングジョーク 完全版』 | Main | 『ジャングル大帝』と白いライオンの謎 »