« 水野英子のトキワ荘 | Main | 『このマンガがすごい!』がちょっと納得いかない件について »

December 11, 2009

ベストテンのシーズン

  年末になってマンガのベストテンが複数発表されてます。こういうのにいろいろ批判もあるのは承知してますが、わたし毎年楽しみにしてます。今年もとりあえず三つ。

●雑誌「ダ・ヴィンチ」2010年1月号(2009年メディアファクトリー、467円+税、amazon
●『このマンガがすごい!2010』(2009年宝島社、476円+税、amazon
●『THE BEST MANGA 2010 このマンガを読め!』(2009年フリースタイル、951円+税、amazon

ダ・ヴィンチ 2010年 01月号 [雑誌] このマンガがすごい!2010 THE BEST MANGA 2010──このマンガを読め!

 「ダ・ヴィンチ」1月号と『このマンガがすごい!2010』を買ってきました。わたしも投票させていただいた『THE BEST MANGA 2010 このマンガを読め!』が書店に並ぶのは週末か来週みたい。

 わたしにとってこういう年間ブックガイドの第一の利用目的は、読みのがしてるマンガのチェックです。

 いくらネットでアンテナはっていても、もれてしまうマンガはあります。自分の守備範囲外だろうと思ってパスするものも多い。というか、すべての作品を読むのは不可能ですし。

 ですからこういうベストテンを見ますと、まず自分が読んでないのがどのくらいあるかを調べます。これがあまりに多くなってくると、時代と離れてきたんじゃないかとちょっと反省するわけですな。

 今年でいいますと、「ダ・ヴィンチ」のベスト20はほとんどわが家にあります。まあ「ダ・ヴィンチ」の場合読者投票によるベストですから、評価が定まって売れてるものばかりですしね。周回遅れというか。

 選者が存在するベストテンは「ダ・ヴィンチ」と同じじゃ存在意義がありませんので、そこに注目。

 『このマンガがすごい!』のオトコ編ベスト20のうち持ってるのが14作。オンナ編ベスト20のうち10作。

 うーんわたし、今年はちょっとダメだったかな。これが多いのか少ないのかよくわかりませんが、どっちにしても年末、持ってなくて読んでみたい作品を買いに走ることになるでしょう。

 こういう本の、もひとつの読みどころは誰がどういう作品を推しているか。その手があったか、とか、それは反則、とかを楽しむわけですね。

 やっぱ年に一度のお祭りみたいなものですしね。これからゆっくり読ませていただきます。

*****

 とか書いてたら、フリースタイルから『THE BEST MANGA 2010 このマンガを読め!』が届きました。

 こっちの本になるとベスト20のうちわたしの持ってるのは17作となって、自分の好みと親和性が高くなってるなあ。選者の年齢構成の違いもあるかもしれません。

 宝島社のものとはずいぶん違う順位になりました。でもわたしとしてはこっちのベストのほうが納得できます。ベストテンのマンガ、それぞれ一部が収録されてますし、わたしも投票してます。興味のあるかたはぜひご一読を。

|

« 水野英子のトキワ荘 | Main | 『このマンガがすごい!』がちょっと納得いかない件について »

Comments

単行本さえ、たいして読めていない小生です。
宝島本では、オトコ編に書かせてもらっていますが、
シグルイ入れてしまったり(笑)

けっこう難しいですね。

Posted by: 長谷邦夫 | December 12, 2009 11:45 AM

みなさんの投票を見るのも楽しみです。あと、それは今年じゃなくて来年以降に回すべきじゃないかっ、とか文句いったりするのも。

Posted by: 漫棚通信 | December 12, 2009 11:17 PM

はじめまして。いつもマンガ選びの参考にさせていただいています。読むだけで満足の漫棚通信ブログ版読者だったのですが、この疑問をどこに持って行ったらいいかわからずコメント欄にお世話になることにしました。
2009年の総括の意味で、私も『ダ・ヴィンチ』を買ったのですが、コミックランキングの20位までにこうの史代さんの『この世界の片隅に』が入っていません。わたし的に今年の一番だと思っていたので驚きでした。20位までに入っていたものはほぼすべて持っており、納得のいくものであり、『ダ・ヴィンチ』読者の志向性と私の好みはそれほどかけ離れていないと思っていただけに不思議でなりません。
『ダ・ヴィンチ』のランキングの条件というか縛りに『この世界の片隅に』は当てはまらず対象外だったのでしょうか。
『ダ・ヴィンチ』を買ったのも久しぶりなのでわかりません。どなたか教えていただけませんか?

Posted by: barocco | December 21, 2009 02:08 PM

>この世界の片隅に
残念ながら、おそらく単に得票数が少なかった=他の作品に比べてあまり売れてない、ということなのでしょう。ダ・ヴィンチ20位が「あたしンち」なんですから、これはベストセラーランキングに近いものと考えるべきなんだと思います。

Posted by: 漫棚通信 | December 22, 2009 09:44 PM

なるほど。ありがとうございました。
「売れてる」のもみんな面白いものですが、
『この世界の片隅に』も、ぜひ売れてほしいものです。

Posted by: barocco | December 23, 2009 07:16 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ベストテンのシーズン:

» [漫画][映画][ブログ]♪「とかくこの世はベストテン 集計するやつぁ ごくろーさん!」(植木等調) [見えない道場本舗]
映画 ■「男の魂に火をつけろ!」 http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20091211 受付中の「映画ゼロ年代ベストテン」は、しめきりまであと今日を入れて10日となりました。 10本も思い浮かばない、という方は思いつくだけの本数でもかまいません。1本だけもいいですので、... [Read More]

Tracked on December 12, 2009 05:59 AM

« 水野英子のトキワ荘 | Main | 『このマンガがすごい!』がちょっと納得いかない件について »