« October 2009 | Main | December 2009 »

November 30, 2009

風呂マンガというジャンルの誕生?『テルマエ・ロマエ』

 いやー、おもしろいおもしろい。前代未聞の風呂マンガ。

●ヤマザキマリ『テルマエ・ロマエ』1巻(2009年エンターブレイン、680円+税、amazon

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)


 書影では、全裸のローマ彫刻像が風呂桶持って肩に手ぬぐい引っかけております。

 タイトルになってる「THERMAE ROMAE」というのはラテン語ですな。現代イタリア語などでは「テルメ」と発音されますが、古代ローマに存在した公共浴場のことです。英語版Wikipediaに図版がありますのでどうぞ。

 こういう建築物がいっぱいあったローマには当然、浴場専門の建築技師もいただろう、と。そして新しい風呂の形を求めて、日々精進していただろう、と。

 というわけで本書の主人公は紀元一世紀ローマ帝国の、進取の気性に富んだ浴場専門の建築技師。このあたりがすでにもう空前のずっこけ設定。

 彼が現代日本の銭湯にタイムスリップ。言葉の通じない古代ローマ人と日本人のコミュニケーションに関するギャグがいくつかあります。違う文化の「風呂」に触れて勉強した主人公、トラブルもなくすぐに古代ローマに戻り、日本銭湯ふうの風呂をつくり評判になる、というのが連載第一回のお話。なんじゃこりゃ。

 って、このまま第一回だけで終わってたら、一発ギャグみたいなものだったでしょうが、これを不定期ながら連載するのだからビームはえらい。

 この後、主人公はくりかえし昭和から現代の日本を訪れ、異文化の風呂を体験することになります。

 古代ローマの街並みや服装、風俗はかなり考証されて描かれてるみたいだし、外部の目から日本の風呂とはなにかをあらためて見ることにもなり、風呂とは何かの比較文化論みたいなものでもあり。

 コントとして読んでも楽しく、知的好奇心も満たされる。おもしろくてためになる、新しい学習マンガでもありますね。

 著者はイタリア留学の後イタリア人と結婚。現在はポルトガル、リスボン在住だそうです。ワールドワイドな風呂マンガ、というえらいものが誕生しました。

 タイムスリップという時空をこえる反則技を最初から使ってるのですから、こうなりゃもう、江戸の銭湯とか世界の風呂めぐりもやってくれないかな。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

November 25, 2009

新しい才能『虫と歌』

 アフタヌーンを定期的に買ってはいないので、これもジャケ買い。アフタヌーンのブランドもありますし、オビの「新しい才能!!」というのにもひかれました。

●市川春子『虫と歌 市川春子作品集』(2009年講談社、571円+税、amazon

虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC)

 短編が四つ収録されてます。一年に一作という発表頻度のようですが、どれもすばらしい。

 四作に共通した題材があって、一見ヒトのように見えますがヒトじゃないモノが登場します。じつは彼らは植物であったり昆虫であったりするのですね。つまり植物人間や昆虫人間です。

 植物人間と聞いてまず思い出すのは、手塚治虫『ロストワールド』だったりします。『ロストワールド』に登場する植物人間「あやめ」と「もみじ」は、そもそも創造者の性的対象としてつくられました。さらに飢餓状態のなかでもみじは人間に食べられてしまい、あやめは新世界の母になるというすさまじいストーリー。

 しかしヒトならぬヒトが登場する場合、その生と死は必ず問題となるはずです。

 ヒトの死とはなにか。では、ヒトならぬものの死とはなにか。さらに、ヒトとそうでないものの生の違いとはなにか。著者は手塚の正しい後継者としてこのテーマを展開してみせます。

 本書でヒトならぬものたちは、少年や少女の姿をしてそこに佇んでいます。描かれていることは、洗濯物を干したり、草に水やりをしたり、縁側で麦茶を飲んだりする日常の集積ですが、その裏には彼らの生や死、さらに性の大きな問題が見え隠れしています。しかも物語性と詩的表現をともにそなえている。新人にしてこれを成功させているのはおみごと。

 斜線をほとんど使わずに、張り込んだトーンの濃淡で表現する静的な絵。これも大きな魅力です。

 かつて「ガロ」に発表されていたいろいろな作品を思い出しました。『虫と歌』の巻末に収録されてる2ページのショートショートなんか、これはもう鴨沢祐仁だよなあ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 23, 2009

ちょっと雑談

 映画鑑賞の世界では、年間365本を見るというのがひとつの基準になってるらしいです。この本数をこえると周囲のひとびとにいばれる。

 むかし田舎の映画館では三本立て上映というのが普通でしたし、オールナイトの名画座では五ないし六本が上映されてました。ですから年間365本というのはそれなりにクリアできる数のはずでした。まして今やレンタルDVDがあるわけですから、努力次第でこれは可能。

 批評、評論の世界では、数は力であります。数を見てるひとはエライ。

 さて、マンガの世界ではどうか。

 わたしのようにネットでマンガに関する文章を書いているマンガ読みは、基本的に単行本でマンガを読んでるひとが多い、のだと思います。ですから年間にどれだけのマンガ単行本を買ってるかというのが、マンガに関する文章の信頼性を担保するものなのじゃないか。

 でね。実際にわたしんちでどのくらいのマンガを買っているかというと。

 数年間継続的にチェックしてみたところ、年間に70万円というのがわたしのマンガに対する支出でした。マンガ単行本一冊が500円弱から1000円超であることを考えると、単価1000円として700冊。

 わたしは平均一日に二冊のマンガ単行本を読んでいることになります。

 ただし、購入している量としては多いと思いますが、マンガ読書の絶対量として多いかというとそうでもないようです。

 わたしの同僚で毎日のように喫茶店で昼食を食べ、そのとき店に置いてあるマンガ雑誌を読んでいるというひとがいます。おそらく彼はわたしより多くのマンガに接しているのではないか。実際のところ、彼が読んでるマンガでわたしが読んでないものは多く存在します。

 日本マンガだけに限っても、評判になった作品のすべてを読むのは不可能です。わたしは世間のひとより比較的あちこちにアンテナはってるつもりですが、それでもある程度評判になってても読んでない作品は多い。

 たとえば『神の雫』なんか、自分でワインも飲むし大ヒット作品なんだけど、立ち読みした上でマンガ読みとしてはああいうのはパス、なんてね。

 世間にはそういう作品をすべて読んでる、あるいは自分で新しい作品を発見しているプロのライターのかたが多くいらっしゃるようです。そのかたがたに比べると自分などはダメダメなのを自覚します。

 いや何が言いたいかといいますと、すべてのマンガを読むことは不可能である。だからこそすぐれたマンガに対する批評(ネット上のそれを含めて)は必要である。という話なんですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2009

虚々実々『マンガ家夢十夜』

 長谷邦夫『マンガ家夢十夜』(2009年水声社、2500円+税、amazon)読みました。

マンガ家夢十夜

 漱石の『夢十夜』にあやかって書かれた、実在のマンガ家が見た(かもしれない)夢をつづった幻想小説集、というかモデル小説、というかパロディ、といっていいのかどうか。

 たとえば、井上雄彦が市川雷蔵ふうの眠狂四郎と遭遇する。つげ義春がつげ風世界を旅する。清水玲子が少女マンガ24年組の大泉サロンを幻視する。

 ううーん、こういう手があったか。

 かたちは幻想小説。でもパロディマンガをたくさん描いてきた著者ですから、根っこはやっぱり理知のひとだと思います。ですから、つげ義春があまりマンガを描いていないのになぜ生活できるのかという謎に対する驚愕のオチがあったり、作品内で萩尾望都『トーマの心臓』論が展開されたりして、夢の中で妄想と理知がせめぎ合っています。

 圧巻は、石森章太郎のお姉さんのことを描いたトキワ荘の章と、赤塚不二夫伝記映画のためのシナリオの章。内容はあくまでフィクションで夢想ではあろうと思いますが、小説内の登場人物はじつに多面的でわたしたちの知らない顔を持っています。これは彼らと生活を共にした著者だからこそ描けるのでしょう。

 しかしお年のことを言っては失礼かもしれませんが、長谷先生の創作意欲はますます盛んで驚くばかりです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 15, 2009

最初に買ったマンガ

 先日BSマンガ夜話を見ていたら、吉崎観音は初めて買ったマンガを覚えているという話題が出てました。はて、自分はどうだったかなと思い出してみますと。

 自分がものごころついたころ実家には横長変形判の単行本、横山隆一『フクちゃん』が存在してました。ぺらぺらの悪い紙だったような記憶が。当時は毎日新聞に連載されてましたね。ただしこの本はわたしのものじゃありません。ウチの親父はマンガ読みませんから、親父の兄弟のだれかのもの、だったはず。

 わたしの子ども時代はマンガ月刊誌の黄金時代ですから、就学前から月刊誌を買ってもらってました。「少年」「少年画報」「冒険王」「まんが王」「少年ブック」などですね。ただし最初に買ってもらった雑誌はさすがにわかんないなあ。集英社「日の丸」は一冊だけ持ってたのを覚えてます。この雑誌の休刊が1963年でしたから、それより前にはマンガ読んでたということになるか。

 当時は雑誌に連載されたマンガが単行本になるのはきわめてまれなことでした。わたしが初めて買ったマンガ単行本は、これはもうまちがいなく光文社のカッパ・コミクス版『鉄腕アトム』。1964年のことです。

 B5判で100ページちょっとの薄い本ですが、二色や四色ページもあって130円。月一回発売される月刊形式で、コラムや短編小説も掲載されてたし、表4にはお菓子の広告がありましたから、単行本というより総集編雑誌というべきかもしれません。

 光文社からはこの形で『鉄人28号』や『ストップ!にいちゃん』も出ましたし、他社からも同じB5判で『伊賀の影丸』『狼少年ケン』なども刊行されました。カッパコミクスは1966年まで続きます。

 1966年にコダマプレスから「ダイヤモンドコミックス」の名で新書判コミックスの刊行が始まりました。以後1968年までに各社からつぎつぎと新書判コミックスの発売が開始されます(秋田書店:サンデーコミックス、小学館:ゴールデンコミックス、朝日ソノラマ:サンコミックス、集英社:コンパクトコミックス、講談社コミックス、少年画報社:キングコミックス、虫プロ:虫コミックス)。貸本じゃない一般書店向けのマンガ単行本の発行点数が急速に増加したわけです。書店にも「マンガの棚」ができるようになります。

 わたし自身が意識してマンガを買いだしたのもこの時期。だもんで、自分で買った最初の新書判コミックスは当然、秋田書店サンデーコミックス第一号の石森章太郎『サイボーグ009』であると、長いこと思いこんでました。

 ところがさっき書庫をのぞいてみると、『サイボーグ009』1巻の発行は1966年ですが、わたしが持ってるのは1969年発売のもの。あれれれ。

 どうも1968年の小学館ゴールデンコミックス版『鉄腕アトム』とかのほうを先に買ってたみたいです。記憶はまったくあてになりませんな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 11, 2009

アチラ版少女マンガ『GIRL(ガール)』

 ジュリアン・タマキ/マリコ・タマキ『GIRL(ガール)』(2009年サンクチュアリ出版、800円+税、amazon)について。

GIRL(ガール)

 著者はカナダ在住、日系三世のいとこ同士のふたり。

 トロントの女子校に通う日系少女のお話。少女の日常をフィクションで描く、というのは日本マンガのお得意ですが、それ以上にジミでリアルな作品。モノクロで描かれたオルタナ系のマンガです。

 原題は「Skim」。スキムミルクのスキムですな。主人公の体形が太めで名前がキムバリー・ケイコ・キャメロンであるのをもじり、友人たちは彼女をスキム(低脂肪)と呼んでいます。まあイジメに近い呼び名なんでしょう。

 彼女はいわゆるゴスです。魔法使いにあこがれ、実際に森で魔術を試したりしている。両親はすでに離婚。母親と一緒に住んでいますが、母親は元夫のグチばかり。学校の友人たちはスキムから見ると偽善者。同級生男子が自殺したり、そのガールフレンドが屋上から転落したりという事件が起こります。うつうつした日々が続きます。

 スキムは女教師に恋をして彼女をストーキングしたり、友人にさそわれて他校の男子と会ったりしますが、彼らがいわゆるオタクであったりして、さえないことおびただしい。

 という、まったく花のないマンガ。デートの前に鼻の下のヒゲの処理をするシーンがあったりしますから、日本の少女マンガがあえて描かない部分にも踏み込んでます。

 コマ構成などは日本マンガに近い部分もあります。ヒトコマにフキダシひとつかふたつ。フキダシのないコマもはさまってこれがくり返され、ワンシーンに多くのコマが費やされる。こういうのはアチラのマンガとしてはめずらしく、日本読者にも読みやすい。

 驚くべきは日系少女の造形で、のっぺりした顔と太めの体形をみごとに表現していて、白人と描きわけてます。こういう描き方をする日本マンガはまったく存在しませんから、じつに新鮮でした。対して白人少女の顔は古典的カートゥーンアニメーションによくあるような造形で、これにもちょっと驚いた。

 小さな事件が起こり小さな変化はありますが、終幕にいたっても何の解決があるわけでもありません。それが現実。主人公の悩みは、おそらく性差、国籍をこえて青少年が抱える普遍的なものでしょう。

 絵はびっくりするほどうまく、少女たちの微妙な感情は背景や風景をとおしても描写されます。こういうのは絵そのものの力に劣る日本マンガは不得意ですね。

 惜しいのは印刷で、線が線じゃなくてドットの集合になってること。原書もそうなのかしら。筆で薄墨ふうに描いてるからしょうがないところもあるのですが、やっぱ線は線として印刷されてるのが読みたいです。

 世界にもいろんなタイプのマンガが登場していることを感じさせる、優れたマンガだと思います。

 本作は2008年のイグナッツ賞のグラフィック・ノベル部門を受賞しています。イグナッツ賞(Ignatz Awards)というのは英語圏のオルタナ系コミック/カートゥーンに与えられる賞です。イグナッツとはアメリカの古いマンガ『クレイジー・キャット Krazy Kat』に登場するネズミの名前。クレイジー・キャットはイグナッツ・マウスをダーリンと呼んで愛していますが、イグナッツはそれに答えてクレイジーにレンガを投げ続ける、というシュールな関係を描いたナンセンスマンガです。

 『クレイジー・キャット』は大衆的な人気を得たマンガですが、オルタナ系の賞にイグナッツの名を冠しているのはおもしろい。とくに本作のスキムは、イグナッツやクレイジーに何となく似てる感じがするのです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 08, 2009

やな気持ちになってください『芋虫』

 江戸川乱歩『芋虫』は雑誌「新青年」昭和4年1月号に発表されました。まあ知らないひとのほうがめずらしいでしょうからネタバレしますが、戦争で四肢を切断され耳も聞こえず口もきけなくなった元軍人と、彼を介護する妻の関係を描いた短編。

 肉体を破壊され、おそらく精神も障害されている夫。彼を介護しながら嗜虐に満ちた性生活に溺れる妻。人間の悲劇と愚かさが性の快楽と表裏に表現されてます。発表当時から好評で、乱歩自身も代表作と考えてました。自作解題では「私の代表的短編集には必ず編入した」と書いていますし、英訳もされてます。マンガ方面では、山上たつひこ『光る風』のいちエピソードのモトネタですね。

 で、昨年江戸川乱歩『パノラマ島奇譚』をマンガ化した丸尾末広が『芋虫』もマンガ化。

●丸尾末広/江戸川乱歩『芋虫』(2009年エンターブレイン、1200円+税、amazon

芋虫 (BEAM COMIX)

 前作『パノラマ島奇譚』は、乱歩の夢想した空想世界をスケール大きく可視化して、たいへん楽しい作品になりましたが、今回は逆に密室の情事、精神の深みの狭いところにもぐりこんでいくような作品。エロいですが、読んでて気が重くなるのもたしかです。

 傷を受けた男の顔、姿を目をそむけずに描写し、さらに加虐かつ被虐的な性交渉シーンも性器や室内の小物までこまかく描きこんであります。さらに原作にはない、日常の食事や排泄のシーンなども描かれます。

 丸尾末広の圧倒的な画力は、幻想的でありながら肉体や生活のリアルを読者の眼前に展開。読む人間をなんともいえず、やーな気持ちにさせるったらありません。

 ただこのやーな気持ちというのは、肉体の欠損とは何か、ヒトとは何かということを読者に考えさせられるからでもあって、ああ、説明しづらいっ。ともかく読後感最悪の、ひとをやな気持ちにさせる、傑作です。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

November 06, 2009

楳図かずおの四コママンガ入門

 昨日よりNHK教育テレビで始まった「趣味悠々 楳図かずおの今からでも描ける!4コマ漫画入門」(全8回)の第1回を見ました。発売中のテキストはこちら↓

●『楳図かずおの今からでも描ける!4コマ漫画入門(NHK趣味悠々)』(2009年日本放送出版協会、1000円+税、amazon

楳図かずおの今からでも描ける!4コマ漫画入門 (NHK趣味悠々)

 本来は中高年向けの「趣味で」描く四コママンガ講座。わたしもりっぱな中高年ですので、視聴する資格はあるでしょう。でも子どもが見てもおもしろいと思いますよ。

 趣味の四コママンガといっても、最近はネットを使えば人に見せることはいくらでも可能ですし、自分でもやってみようというひとは増えてるのかもしれません。

 第1回は、キャラクターをつくろうの巻。なるほどー、やっぱキャラクターからはいりますか。四コマであっても、とにもかくにもこれが楳図マンガの基本なのね。

 まずキャラクターの姿、性格、行動パターンを箇条書き。顔のりんかくが決まったら、眉、目、口の位置を福笑い方式で決定。カラダは二から四頭身で、手足は勢いよくポーズを決める。あと、サンプルを見ながら服装を決めると、あら不思議、生徒のふたり(松本明子とシャ乱Qのまこと)が描いたものも、りっぱにマンガのキャラクターとして成立するものですね。

 次回からもキャラクター中心のマンガづくりが指導されるようです。

 オマケ的には、この番組、スタジオじゃなくてすべてあのまことちゃんハウスで撮影されてまして、これが楽しいったら。

 蜷川実花が撮影したまことちゃんハウスの写真集『UMEZZ HOUSE』はゲージツ的すぎて、何が写ってるのかわからない困った本でしたが、こちらはTV画面のすみっこにちらちら見える部屋の細部がたいへんステキです。

 テキストのほうも、楳図かずお作品の紹介とか習作四コママンガとか載ってて読むところ多いし、なかなかけっこうでした。

 毎週木曜日22時より放送中。再放送は翌週木曜日昼0時よりとなっております。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 03, 2009

近況など

 年末に発売されるフリースタイル「このマンガを読め!2010」の年間ベストテンに投票させていただきました。

 ベストテンというのはお祭りであって、楽しくやればいいというのはわかってるつもりなのですが、こういう経験は初めてだったのでずいぶん緊張しましたよー。

 昨年の宝島社「このマンガがすごい!」のオトコ編トップは『聖☆おにいさん』、オンナ編トップは『坂道のアポロン』でした。ところが、そっちではまったく無視されてた『ママはテンパリスト』が「このマンガを読め!」でトップをとるという展開。うわ、びっくりした。

 これは発行年月日の問題ではないので、完全に選者の好みによります。ちなみに昨年の「このマンガがすごい!」の投票者数はオトコ編79人、オンナ編79人。「このマンガを読め!」のほうは50人でした。

 わたしにとってこういうベストテンは、読みのがしてるマンガをチェックするために機能してたのですが、自分が投票するとなるとまた別ものですねえ。

 投票するほうの気持ちとしては、

●ひとと同じものを挙げてるだけではおもしろくないよなあ。
●かといって、レアものだけに投票するのもヘンだし。
●今年を代表するマンガを取り上げる責任というものがあるのじゃないかしら。
●でも長編連載だけ推してたら毎年同じものになっちゃうし。

 とまあ、どうどうめぐりで迷う迷う。

 さて漫棚通信の今年のベストは。迷いに迷った結果は、いずれ発売されるものをお読みください。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« October 2009 | Main | December 2009 »