« 『ザワさん』が気になる | Main | カード番号流出!? »

August 07, 2009

酒井法子とは何だったのか

 それにしてもNHKの19時のニュースでトップてのはどうなんだ。

 一連の事件がどういう結末になるか、だれも知らない時点でもうしわけないのですが、「マンガ的には」酒井のりピーとは何だったのか。

 酒井法子の顔、とくにその目がすべて。彼女の目は大きすぎず小さすぎず、まさに微妙なバランスで形成されています。

 酒井法子が登場するまでは、日本のアイドルの目は大きければ大きいほど良いと考えられていました。また日本マンガの女性キャラも、ひたすら大きい目をめざしていたのです。

 ところが。酒井法子が登場し、その目を見たとき、日本人はアジア人として理想の目の大きさを発見したのではないか。

 彼女の目のバランスをマンガ化したのは、桂正和。彼が描くすべてのヒロインが、酒井法子です。

 1990年代以後、酒井法子が香港、台湾、中国で人気になったのも、彼女の顔の造作のためでしょう。わたしは、台湾人イラストレーター、陳淑芬/平凡が描く女性(ウチにも画集いっぱいあります)の目のバランスも、酒井法子だと思ってます。

 酒井のりピーの目のバランスは、東アジア人の感覚にストライク、でした。東洋の古典的細い目の美人でもなく、西洋的巨大目の美人でもなく、現代東アジア人の理想の顔。アジア人が自分たちの感性で、西洋に対抗する「美」として、アジアの理想の美とし発見したのが「のりピー」なのです。

 広末涼子も上戸彩も、みんなのりピーの子どもたち。酒井法子こそ、東アジア人が理想とする目を、初めて体現したヒロインであったと思ってます。

ZETMAN 9 (ヤングジャンプコミックス) 藍調―Blue Note―

|

« 『ザワさん』が気になる | Main | カード番号流出!? »

Comments

素晴らしい説だと思います。感心いたしました。

Posted by: 1092 | August 08, 2009 at 06:57 PM

>酒井法子が登場するまでは、日本のアイドルの目は大きければ大きいほど良いと考えられていました。

事務所の先輩である松田聖子の目は大きいですかー??
いい加減なこと言ってんな

Posted by: aaaaaaaaaawww | August 09, 2009 at 01:24 AM

>松田聖子の目は大きいですかー??
彼女の全盛期当時、目が綺麗という評価は全くなかったですね。

Posted by: sweetpea | August 09, 2009 at 01:45 AM

目が大きくないと絶対に人気が出ない
そう書いてあるようには見えないがどうか

Posted by: あ | August 09, 2009 at 01:51 AM

ネットの掲示板書き込みの1行に、
「桂正和が泣くぞ」というのがあって、
「え?」と思ったんですけど、そうですか。
ここを読んで諒解しました。
桂正和さんの作品の中の、あの美少女たちはみんな、
酒井のりピーだったんですね!
昭和を代表する美女の大原麗子さんは、目が大きい方だったのかな(?)。僕の幼少時のアイドルだった松島トモ子さんは両目がバッチリ大きかったですね。往年の宝塚スターはみんな目が大きかったですね。というか目の大きいメイクだったのか‥。
少女漫画はまだ目が大きいけれど、年齢層が高くなるに連れレディコミは目が小さく(リアルに)なって行くようですね。

Posted by: naojii | August 09, 2009 at 05:31 AM

「マンガ的には」と来たのでてっきり
聖闘士星矢とかジョジョ2部の話かと……!

Posted by: TK | August 09, 2009 at 07:46 AM

酒井法子の話が、マンガの話と連動してるなんて初めて知りました。orz

Posted by: woody-aware | August 09, 2009 at 08:33 AM

私は酒井法子に同情を覚える。なぜなら私は15歳の時に親元を離れ23歳まで単身で海外に留学したが、そこを乗り切れたのはそれまでに私が受けた両親からの溢れるばかりの愛情と留学先に毎日のように電話や手紙をくれた母親の無償の努力だったと思う。

しかし酒井は物心がつく前に母親を亡くし、14歳までは暴力団組員の父親、継母や親類の間をたらい回しに育った。人としての土台を形成する大事な時期に無償の愛情を注ぎ、正しい秩序を教えてくれる親がいなかった。14歳から面倒を見た芸能事務所社長も無償の愛情で酒井を育てたのでは無く、将来のアイドル商品「酒井法子」が稼いでくれる大金に投資したに過ぎない。

結婚相手にも恵まれず、法子自信も理想の自分を演じきるのも限界で妄想の中に自分を住まわせてくれる麻薬に手を出してしまったのだと思う。

一番大事なのは成長期に受ける親からの無償の愛と正しい秩序を教わる事であると思う

Posted by: Meowchan | August 09, 2009 at 09:37 AM

今回の事件は彼女や事務所関係者にとっては不幸かもしれないが、「自分らしく生きる」為の再スタートのキッカケにはなるかもしれない。
本人の心がけ次第だとは思いますが。

Posted by: 77 | August 09, 2009 at 10:27 AM

■酒井法子容疑者逮捕:「あこがれなのに」疑問と失望の声-テレビや映画などで見る芸能人の表の顔と裏の顔とは違う!!
こんにちは。酒井法子の逮捕に関して、多くの人が疑問と、失望の声をあげているようですが、これこそが、現代日本の歪さを現しているのではないかと思います。こうしたことはの背景には、人は、誰もが社会の中において自分の役割を演じなければならないとい観念が希薄になっているのだと思います。私のブログでは、私自身の体験も含めて、こうした観念の再認識が必要であることを掲載してみました。ここに書くと長くなってしまうので、詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

Posted by: yutakarlson | August 09, 2009 at 11:51 AM

>「マンガ的には」酒井のりピーとは何だったのか。
…とあったので、彼女の描いたマンガに斬り込むのかーと思ってたら、ああ、対象としての、ですね。
お説は素晴らしい、慧眼です。マンガ界でもエロマンガ界でも、桂正和経由で多くの「のりピー」が再生産されているなあと感心いたしました。

Posted by: KY | August 10, 2009 at 12:56 AM

たしか、島本和彦の「逆境ナイン」のヒロインも酒井法子がモデルだったような。
 
関係ないですが、酒井法子の描いた漫画というのも、現在のアイドル、例えば中川翔子の描いた漫画と比べると時代の流れを感じますね。

Posted by: 小覇王 | August 10, 2009 at 09:53 PM

桂正和、のりピー大好きだったよね。

Posted by: 弄内洋太 | August 11, 2009 at 03:19 PM

今の世代に置き換えると上戸彩が吸ってましたってことになるのか?
確かに衝撃ニュースだ

Posted by: ふしだら | August 12, 2009 at 09:34 AM

目の「大きさ」より「中身」ではないでしょうか?
ちょうどいい「大きさ」でいうなら先輩の松田聖子も同じかと。
それより黒目がちな瞳のほうが重要かと思います。
黒目がちな瞳というのは西洋人にはあまりみられず、
小動物のような可愛らしさを喚起させるのではないでしょうか?
(子犬や栗鼠なんかは黒目がちですよね)
今ではカラコンで黒目を大きくできますが、
それでものりピーのような自然で可愛らしい目にはなりません。

Posted by: さえ | August 22, 2009 at 09:33 PM

岡田奈々はどうなるの?
目が大きいし黒目がち。
ノリピーより可愛いって思う。

Posted by: めめ | November 15, 2010 at 11:26 PM

なんだかんだ言っても
最後は好みの問題です。

Posted by: mihomamon | October 21, 2011 at 05:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38336/45862767

Listed below are links to weblogs that reference 酒井法子とは何だったのか:

« 『ザワさん』が気になる | Main | カード番号流出!? »