« メビウスのこと | Main | 犬に感謝『星守る犬』 »

July 12, 2009

狼と赤毛の踊り子

 宝島社のこれを買ってきて、家族で見てました。

●「ドルーピー DVD BOX」(2009年宝島社、933円+税、amazon

ドルーピー DVD BOX (DVD付)

 宝島社からは「トムとジェリー」「ポパイ」「ウッディー・ウッドペッカー」「ルーニー・テューンズ」「ベティ・ブープ」などの著作権保護期間切れのアニメーション・シリーズがいろいろと発売されてますが、これもそのひとつ。

 ドルーピーは、テックス・アヴェリーがMGM時代につくったキャラクターです。

 この2枚組DVDでは、27本の短編アニメが見られます。画質は悪いのですが、まあ安いからしょうがないか。

 「ドルーピー」というタイトルですが、ドルーピーのシリーズは半分だけで、あとはノンシリーズのMGMアニメーション。27本中26本がテックス・アヴェリー監督作品です。

 かつて30分番組「トムとジェリー」というのがありました。三本の短編アニメーションが放送されて、最初と最後が「トムとジェリー」、真ん中がそれ以外のMGMアニメーションでした。ここで見られたのが「ドルーピー」を含めたテックス・アヴェリー作品。会話の中で「トムとジェリーの真ん中」といえば、たいていはアヴェリー作品のことですね。

 テックス・アヴェリーがMGM時代につくったアニメーションは、性格の悪い登場人物たちがくりひろげる、狂騒的なギャグとシュールな肉体変形が特徴。「カフカを読んだディズニー」と呼ばれたこともありました。

 子どもたちも喜んでましたが、続けて見てると密度の濃さにもうへとへと。

 実はMGM時代のアヴェリー作品は、現在ネット上ですべて見ることが可能です。

 アヴェリーのMGM作品は、シネマスコープによるリメイクをのぞくと65本。今回のDVDで見られるのが26本。「Tex Avery's Screwball Classics 」という全四巻のVHSもウチにありますが、DVDとのダブリ以外が11本で計37本。

 はずみがついてしまい、ええい、残りの28本も見てしまえ。というわけで、ここ数日間、ネット上のアヴェリー作品をえんえんと見続けておりました。バカですねえ。

 で、わたしが好きで好きでたまらんのが、狼と赤毛の踊り子のお話です。色っぽいなあ。

 ジム・キャリーの映画「マスク」で、ナイトクラブで歌うキャメロン・ディアスを見たジム・キャリーの目が飛び出て、アゴが落ち、心臓が(文字どおり)飛び出る、というギャグがあります。そのモトネタがこれ。

 狼と赤毛の踊り子が登場するアヴェリー作品は全部で六つあります。

●おかしな赤頭巾 Red Hot Riding Hood (1943)

 「Little Red Riding Hood 」とは赤ずきんちゃんのことですが、ここに「Hot 」がはいると何やらすごくエッチな感触のタイトルになりますな。すべての原点がこれ。赤ずきんだから赤毛なのね。

 歌は「ダディ」にいろんなプレゼントおねだりするというもの。歌のとちゅうで「ウルフィ(狼さん)」とよびかけられた狼が舞い上がってます。

●アラスカの拳銃使い The Shooting of Dan McGoo (1945)

 ドルーピーシリーズの一篇。歌は「キュートな狼さん、わたしを強く抱いて。海軍よりも陸軍よりも海兵隊よりもあなたはステキ」というもので、軍隊慰問ショーふう。時代ですなあ。

●狼とシンデレラ Swing Shift Cinderella (1945)

 シンデレラなのにオープニングは赤頭巾で始まるという、セルフ・パロディみたいな作品。ミュージカルシーンは最も長くてデキがいい。「女の子はみんな狼さんに夢中」と歌ってます。

 この作品のオチも、シンデレラは夜の12時に航空機工場に急いで行かなきゃならない、というものですから、おそらく戦争中の作品。

●迷探偵ドルーピー西部の早射ち Wild and Woolfy (1945)

 ドルーピー・シリーズ。1945年につくられた狼と踊り子としては三作目。当時から人気あったのかな。今回はウエスタンショーで歌ってます。最後まで続くウエイターのギャグが最高。

●うそつきトム Uncle Tom's Cabaña (1947)

 アンクル・トムがナイトクラブをつくって、そこで色っぽいリトル・エヴァが歌うというとんでもないパロディ。さすがに肌の露出はひかえめ。狼ふうに耳が立ってるキャラは、「アンクル・トムの小屋」に登場するサイモン・リグリーという悪役です。

●田舎狼と都会狼 Little Rural Riding Hood (1949)

 最後はこれ。歌とダンスのシーンは「狼とシンデレラ」からの流用です。それでも都会狼と田舎狼の対比がおもしろい。

|

« メビウスのこと | Main | 犬に感謝『星守る犬』 »

Comments

「踊り子」のアニメーション担当はプレストン・ブレアですね。

Posted by: 神々の腋毛 | July 13, 2009 11:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 狼と赤毛の踊り子:

« メビウスのこと | Main | 犬に感謝『星守る犬』 »