« ハードカバーとか限定版とか豪華版とか | Main | 「少年サンデー創刊物語」に疑問あり »

March 05, 2009

不条理日記ふたたび『地を這う魚』

 『失踪日記』以来の吾妻ひでお本は、オレンジ色ばっかりになってるわけですが。

     

●『失踪日記』(2005年イースト・プレス)
●『うつうつひでお日記』(2006年角川書店)
●『逃亡日記』(2007年日本文芸社)
●『チョコレート・デリンジャー』(2008年青林工藝舎)
●『うつうつひでお日記DX』(2008年角川文庫)
●『うつうつひでお日記その後』(2008年角川書店)

 『失踪日記』がヒットしたもんで、角川がマネして同じような色で本を出しました。続編と勘違いして手にとってもらいたい、という魂胆が見え見えでしたが、その次の日本文芸社も同じ色調。と思ってたら、さらに青林工藝舎までもこうきたか。各社さま、こうなったらもう吾妻本はオレンジで統一してくださいな。

 で、今回出版された新作も、当然のようにオレンジ色です。

●吾妻ひでお『地を這う魚 ひでおの青春日記』(2009年角川書店、980円+税、amazonbk1

 新刊にも「日記」というタイトルがついてますが、1950年生まれの著者が若き日を回想したマンガ。1960年代末に北海道から上京し、板井れんたろうのアシスタントをしながら、仲間とともにマンガ家をめざす日常を描いています。

 とはいいながら、この世界、マトモではありません。師匠の板井れんたろうは、ウマの姿をしています。友人たちはワニやサイやアリクイ。編集者はコアラやゴリラ。空中には異形の怪物たちが浮遊し、地には魚が這う。地名は「臀部」「畦畔ヶ谷」。建物もクルマもすべてが変形しています。

 ここは異世界。著者の心象フィルターをとおして見た東京です。一時荒れていた吾妻ひでおの絵ですが、本作はすばらしい。すみずみまで気合いがはいってて、絵も線も、色気たっぷりのなまめかしさであります。ヒトコマヒトコマ、ゆっくり読むべし。

 つまりこれは「不条理日記」のスタイルで描いた「まんが道」ですね。いや時代や登場人物たちの感性はもっと新しいので、味わいは「まんが道」より永島慎二「若者たち(黄色い涙)」に似てるかな。ただし「青春」のいらだちや煩悶を直截に描かないのは、吾妻ひでおの個性ですが。

 もちろん半自伝ですから、登場する実在人物の名もすごく興味深いものばかり。傑作。

|

« ハードカバーとか限定版とか豪華版とか | Main | 「少年サンデー創刊物語」に疑問あり »

Comments

お、これは買いですね!
週末の暇つぶしにします。
ありがとうございます!

Posted by: はんてふ | March 05, 2009 09:17 PM

「失踪日記」はおもしろかったですね。「うつうつひでお日記」もマンガ家の生活が書かれていておもしろかった。編集者との打ち合わせとか、アシスタントからアイデアを500円で買うとか。喫茶店でネームを考えるとか。
江口寿史の「中春こまわりくん」アシスタント日記と同じくらい面白い。

「地を這う魚 ひでおの青春日記」もおもしろそうですね。だがわたしは、本に金を使うのを自粛しょうと思っているのです。「侍っ子」も透明カバーをずらして、そっとページの一部を立ち読みして、(マンガの立ち読みは万引きと違い、警察に連絡されたりはしません。昔はもっと堂々とやっとった。)これはやっぱり買いかと自問している状態です。でも多分買うでしょう。ある日何か喜ばしいことがあって、あるいは逆に何か非常に哀しいことがあり、その弾みで。

Posted by: しんご | March 05, 2009 10:14 PM

買いました。素晴らしかったです。最後のあとがきまで堪能。でも、板井れんたろう先生とか編集の壁村さんとかわかるんですが、その頃の児童マンガ全部を読んでたわけではないので、「わてんちゃん」「わへー」「まっちゃん」「ゆきみちゃん」など誰がモデルなのかよくわかりません。(^^;

Posted by: not a second time | March 07, 2009 11:11 PM

>「わてんちゃん」「わへー」「まっちゃん」「ゆきみちゃん」など

それぞれ北海道からの上京組で武蔵野荘時代の仲間ですね。

伊藤(「ネムタくん」の“イトウ”のモデル)
和平(脇キャラ“ホオ骨”のモデル)
松久由宇
きくちゆきみ

なのかな。

Posted by: かくた | March 08, 2009 12:13 AM

あ、そうなのか。ありがとうございます。

Posted by: not a second time | March 08, 2009 10:26 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 不条理日記ふたたび『地を這う魚』:

» [漫画] 吾妻ひでおの新作「地を這う魚」は怪作 [Adminではないけれど [ブログ篇]]
漫棚通信が絶賛していたため、さっそく購入。 地を這う魚 ひでおの青春日記 作者: 吾妻ひでお 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング 発売日: 2009/03/09 メディア: コミック 吾妻ひでおがまた変化していた。もっとも、「ふたりと5人」で吾妻を好きになり、「パラレ... [Read More]

Tracked on March 12, 2009 12:59 AM

« ハードカバーとか限定版とか豪華版とか | Main | 「少年サンデー創刊物語」に疑問あり »