« 『鼻紙写楽』はどうなる | Main | 『劇画漂流』英語版 »

March 20, 2009

「秒速5センチメートル」に対する一般女子の反応

 新海誠のアニメ「ほしのこえ」は、いちおうハヤリモノということでDVDを持ってるのですが、その他の作品は見たことがありませんでした。そのうち「秒速5センチメートル」が先日BSで放送されてました。

 そこで本日は録画してあった「秒速5センチメートル」を見ておったわけです。真っ昼間からけっこう大音量で。休日だしいいじゃないか。

 で、うしろで見ていた女子三人が外野からうるさい。

 「なぜこういう暗いアニメを見るのか」「プリキュアとこれとふたつあったとして、こっちを選ぶのか」「ヤマがなくて単調」「セリフを聞いていられない」「心が暗くなる」「胃のあたりが痛くなる」「サブイボがたつ」「尻がかゆくなる」「たのむから夜中にひとりで見てくれ」

 じゃかましわっ。

 そういう側面がなくはないにしても、すばらしい風景描写とか、詩情とか、いいところがいっぱいあるじゃないかよう。

 しかし、もしわたしが独身男性であったとして、デートの際にこういう映画を選ぶのはたいへん危険であるというのはよくわかりました。

秒速5センチメートル 通常版 [DVD]

|

« 『鼻紙写楽』はどうなる | Main | 『劇画漂流』英語版 »

Comments

あー、うちもこないだのBS録画しましたが、まだ見てないんですよ。

女子のいないときにひとりで見たほうが安全みたいですね...
でも夜中に40男がひとりで見るってのもなかなかサムイかも?

Posted by: 赤ガエル | March 20, 2009 09:25 PM

浪漫の欠片も無いのか・・・・・・やはり女は実利なのか。
「メイちゃんの執事」でも見てろ!!

Posted by: トロ~ロ | March 20, 2009 09:54 PM

アニメ授業のさい『ほしのこえ』を
見てもらっています。
女子、多いんですが…(笑)

Posted by: 長谷邦夫 | March 20, 2009 10:47 PM

別に、女子(学生?)じゃなくても、妙な座りの悪さは感じるでしょあの作品には。
なんつーか、オタが無理して切ない話を書いてみました!みたいな?
もちろん、その手の気配おかなり消してるけど、そっち側じゃない人間は敏感に感じ取るものですよ。

Posted by:   | March 20, 2009 11:41 PM

どこかのサイトで読んだのですが、あの作品は結局のところ
“カワイコちゃんから好かれまくるけどあえて一人を選ぶ俺ってどうよ?”
という作者のオナニーっぽさが、ハマれない人にとって
鼻につくのではないかと書かれてました。
その感想で心のモヤモヤが晴れた気がしました。

Posted by: terai | March 21, 2009 03:26 AM

ここですね。
http://d.hatena.ne.jp/aureliano/20090313/1236945550#tb

Posted by: 丁稚くん | March 23, 2009 02:05 PM

結婚できないバブル世代の独身女が批判してもむなしく聞こえるだけだな。
「じゃあお前らはどうなんだ?」と・・・

そもそも自分達の一人称に「女子」とか言っちゃうババアに文句言われてもねぇ(冷笑)

内容そのものは中途半端な終わり方が悪いとしても、それ以外の描写で伝えるもの。要するに脳みそ単細胞には理解できない作品。

それに監督はあくまでも描写に拘っていて物語の流れにはそこまで力を入れていない。それを理解できない時点で自分達がイタイ人間だってのを気付いてないんじゃ批評する資格無し。

まぁ、いくつになっても結婚できない性格が粗雑な人間には理解できないわな。

この作品を理解するには少なくとも日本人特有の繊細さや曖昧な表現を感じ取る細やかな感覚がないと無理。

Posted by: DHL | September 23, 2010 03:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「秒速5センチメートル」に対する一般女子の反応:

« 『鼻紙写楽』はどうなる | Main | 『劇画漂流』英語版 »