« ちょっとは調べましょう | Main | 悲しき落丁本 »

December 13, 2008

自虐ネタ爆裂『がんばれ!猫山先生』

 医療マンガはすでにジャンルとして確立されてますが、やはり元祖は、手塚治虫の『きりひと賛歌』と『ブラック・ジャック』でしょう。これに続く医療マンガのほとんどは、もちろん熱血でヒューマンなものばかり。

 で、そういうのとはちょっと違うのがこれ。

●茨木保『がんばれ!猫山先生』1巻(2008年医事新報社、952円+税、amazonbk1

 主人公は民間病院に勤める内科の猫山先生と、産婦人科の奈良野シカオ先生。「日本医事新報」という医療従事者向けの情報誌に連載された四コママンガです。

 読者は内輪ばっかりのはずなので、ヒューマンな医療ドラマでもなく、医療崩壊を大上段に憂えるのでもなく、あるあるネタを中心に、医師の日常をゆるい笑いをまじえて描いたマンガ。

 のはずだったのでしょうが、これが日本の医療環境の悪化とともに、自虐ネタばかりが爆裂していきます。

 産婦人科医の奈良野先生は、勤務先の病院が産科を閉めてしまうのをきっかけに、開業。ところが悪徳業者にだまされるわ、患者は集まらないわ、ライバル医院は開院するわで、経営は火の車。開業医なのに他の病院の夜間当直アルバイトをしなきゃ、やっていけない。

 奈良野先生の顔がどんどん暗くなっていくのが、ブキミです。医院の経営に協力しようとする子どもたちがケナゲ。

 いっぽう内科の猫山先生、こちらも病院の経営改善のためリストラされそうになったりして、煮つまってきます。というわけで開業を決心するのですが、ここにも悪徳業者の魔の手が。

 というところで以下続刊。たしかにムチャおもしろいのですが、ここまで自虐的なマンガもめずらしいぞ。

 どういう感じのマンガか、医療系有名ブログ、NATROM先生のところで紹介されてますので、どうぞ。

 著者は現役の婦人科開業医です。マンガ家としては1989年にヤングジャンプ増刊でデビュー。『Dr.コトー診療所』の医学監修・作画資料も担当されてるそうです。現在、医療系雑誌にマンガ連載をなんと三本も持ってる、その筋ではかなり売れっ子のセンセですね。

 著者自身が二年前に勤務医をやめて開業してますから、奈良野先生の話は実話に近いのかしら? ちょっと心配になるなあ。

 著者は医学史に関する学習マンガも描いてます。こっちもそうとうにいいデキでして、読みやすいうえにおもしろくてためになる。興味のあるかたは手にとって損はないです。

●茨木保『まんが医学の歴史』(2008年医学書院、2200円+税、amazonbk1

|

« ちょっとは調べましょう | Main | 悲しき落丁本 »

Comments

>医療マンガのほとんどは、もちろん熱血でヒューマンなものばかり。

TONO氏の『犬童医院繁盛記』は医療ギャグマンガです.
「眠れぬ夜の奇妙な話コミックス」で3冊,「ソノラマコミック文庫」で2冊が刊行されています.
『犬童医院~』はできれば継続して書きついでほしい,とわたくしはおもっています.TONO氏の作品も,もっとひろく知られてほしいので,お知らせをかねてカキコミさせていただきました.

Posted by: ひでかず | December 13, 2008 09:11 PM

なるほど、医療コメディですね。そういえば『ののちゃん』に出てくる広岡先生も医療コメディか。

Posted by: 漫棚通信 | December 13, 2008 10:17 PM

自己レス。そういえば医師が主人公の古いマンガに、ちばてつや『ハチのす大将』という熱血医療マンガがありましたね。連載としては『ちかいの魔球』と『紫電改のタカ』の間になります。映画の若大将シリーズみたいで、好きだったなあ。

Posted by: 漫棚通信 | December 13, 2008 10:28 PM

ちょうどこの本、今日、買ったところです。
これから読みます!!

Posted by: ひざげり | December 14, 2008 06:48 PM

親戚の医者に見せてあげようと。両者まとめて(ここのアマゾン紹介から)買いました。
アマゾンで漫画を買うのは初めてだ…
医学史は村上もとか「JIN-仁-」
みなもと太郎「風雲児たち」
そして手塚治虫「陽だまりの樹」と
比較しながら読み比べるのが楽しみです。

Posted by: Gryphon | December 16, 2008 01:31 AM

ちょうどこの連載が始まった頃、機会があって医事新報を毎号読んでおりましたので、結構楽しみしてました。まさか単行本になるとは思いませんでしたが。

掲載誌の欄外にあったアオリでは、著者はちょうど奈良野先生と同じ時期に個人開業をしたものの、「患者一桁の日が多い」「貯金を食いつぶす日々」などと近況が描かれていたと記憶しております。かなり実体験が反映されているようです。

Posted by: Ishi | December 19, 2008 02:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自虐ネタ爆裂『がんばれ!猫山先生』:

« ちょっとは調べましょう | Main | 悲しき落丁本 »