« マンガは伝統芸能化するのか | Main | 渾身の一作『ハルコイ』 »

May 31, 2008

永島慎二巡礼の旅

 永島慎二が梶原一騎の原作で『柔道一直線』を描いていたとき、「連載途中にバックレてアメリカに旅だった」という豪快な伝説があります。

 斎藤貴男『梶原一騎伝』(わたしの持ってるのは新潮文庫版、今は文春文庫)にもそう書かれてましたし、似たようなことはWikipedia にも書いてある。わたしもその線で信じてました。

 ところがこれがマチガイであると指摘してくださったのが、豆本出版「パロマ舎」を主宰されている、のまとし氏。かつて永島慎二の内弟子をされていたかたです。

 指摘されてから調べ直してみますと、永島慎二がアメリカ旅行をしたのは『柔道一直線』連載途中の1968年。このとき『柔道一直線』は五か月間休載され、永島が帰国した後さらに一年半連載が続いています。永島慎二が『柔道一直線』から離れるのは1970年になってから。

 というわけで、冒頭のアレはデマですので、みなさん、信用しないように。これについてわたしがかつて書いた記事はコチラ

 で、そのパロマ舎ののま氏が「巡礼・永島慎二先生を訪ねて」というリーフレットを制作されています。一冊八ページの小冊子で、現在第3号まで発行。

 第1号は、「萬雅堂」こと樋口雅一氏へのインタビュー。樋口氏は虫プロ時代の永島慎二を語ってます。

 2号と3号は、安松健夫(原征太郎)氏。「むさしの漫画ぷろだくしょん」時代の話です。このグループは、永島慎二、石川球太、中城健、杉村篤(コン・太郎、のちにイラストレーターとして活躍、かつて角川文庫の筒井康隆は全部このひと)、ほうさやま尚武(峰たろう)、安松健夫氏らがメンバー。

 永島慎二のイメージといいますと、わたしなぞはまず、苦悩するマンガ家。ここまでマンガに悩み、またそれをマンガ内で表明してきたひとはそうはいません。何度もおこなった連載中断も、その「表現」であると受けとめることも可能かも。

 ただ各氏の思い出を読みますと、永島先生、若いころはずいぶんとぶいぶい言わしてたようです。なんつっても「真っ赤なパブリカのコンバーチブル」を乗り回してかっこよく登場したりしてます。貸本中心に描いてた時代にオープンカーですよ。つくづく貸本マンガ界のスターだったんですねえ。

 あと若き日の永島慎二が、鈴木光明のところに殴り込みに行ったとか、仲間をぽかぽか殴ってたとか、すごく負けず嫌いだったとか。この三冊だけでも裏話がいっぱいで、永島慎二の意外な一面を見ることができます。 

 のま氏によると88人にインタビューするのが目標といいますから、これは壮大なプロジェクトです。

 このリーフレット、切手200円分で頒布されてるそうなので、興味のあるかたはどうぞ。パロマ舎の住所はこちらのページの下の方にあります。

|

« マンガは伝統芸能化するのか | Main | 渾身の一作『ハルコイ』 »

Comments

山本暎一著「虫プロ興亡記」によりますと、’64年初に虫プロの現場にアニメーターとして登場しています。
私がお目にかかったのは’65年ですから「ジャングル大帝」の演出を担当されてたころ。
スポーツカーで現れたのは、貸本時代というより、虫プロ社員での安定収入のなせる業?かもしれませんね。
当時の虫プロの駐車場には、ホンダS600、S800、トヨタS800、べレット1600GT、なんてのがゴロゴロ。
むろん持ち主は20代前半のアニメーターばかりです。

Posted by: manga-do | June 01, 2008 10:06 AM

虫プロの給与がよかったという話はほかでも聞きますが、そんなにスポーツカータイプが多かったのですか。ちょっと驚きです。

Posted by: 漫棚通信 | June 01, 2008 12:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 永島慎二巡礼の旅:

« マンガは伝統芸能化するのか | Main | 渾身の一作『ハルコイ』 »