« 『ライアーゲーム』敗者復活戦はちょっとヘンだ | Main | コリガン家の男たち »

June 29, 2007

鉄腕アストロ

 『鉄腕アトム』のハリウッド映画化はずいぶん前から言われてました。

 1999年に、ソニー傘下のコロムビア・ピクチャーズによる実写版『鉄腕アトム』映画化決定、2003年夏公開予定、なんつー発表がありました。2003年から一年間、フジテレビで放映されたアニメ『アストロボーイ鉄腕アトム』と連動した企画だったのでしょうが、いつのまにやら消えちゃいましたね。

 その後2004年には、ソニー・ピクチャーズがゲンディ・タルタコフスキー監督・脚本で製作、という計画もありました。こっちは監督が、実写とアニメーションをミックスしたものにしたがってたようです。

 昨2006年9月には、香港のImagiがフル3DCGでの製作、2009年公開を発表しました。

 で今回、「アニメ!アニメ!」のこの記事によりますと、おお、監督のインタビューがなされているではないですか。

 そこでさっそくImagiのサイトをのぞいてきました。(HOME→OUR FILMS→ASTRO BOY→Q&A with Director Colin Brady on "Astro Boy")

 まだまだデザインと脚本の段階らしいのですが、ちょっとびっくりしたのが、このインタビューで、監督は主人公をアタリマエのように「アストロ」と呼んでいるっ。

 いやそりゃま確かに、アメリカに輸出されたときから「Mighty Atom」じゃなくて「Astro Boy」になっちゃってたことは知ってましたけどね。こういうふうに改めてアトムをアストロと呼ばれちゃうと、なーんかこう、大切なものを奪われちゃったような感じ? 『鉄腕アストロ』かあ。

 英語版Wikipediaなどを見ても、主人公の名前はふつうにアストロなんですよね。今さらどうしようもないことなんですが、世界に進出することとは、何かを捨てていくことなのであります。

 日本での評判が、ゴジラのときのようにはなりませんように。あれはアトムじゃない、何か別のものだっ、なんてね。

 ただし、Imagiとしては『ガッチャマン』のフル3DCG映画(Imagi社のサイトでイメージボードが見られます。ベルク・カッツェが登場するのはマチガイないようです)公開のほうが2008年と早いので、もしこれが大コケでもしたら、アトムのほうはなかったことになるかも。

|

« 『ライアーゲーム』敗者復活戦はちょっとヘンだ | Main | コリガン家の男たち »

Comments

>もしこれが大コケでもしたら、アトムのほうはなかったことになるかも。

そんなら思いっきりコケテほしい(苦笑)

でもなぁ、外国では受けそうだよなぁ、ガッチャマン。
見得切ってカッコいいしー、女子も正しくミニスカで戦ってるしー。

どーか、勘違いしておくれ~。

Posted by: トロ~ロ | June 30, 2007 01:38 AM

アトムって確かあっちじゃ「おなら」って意味になるから変えたって話じゃありませんでしたっけ?
日本で言うとサンダーバードのティンティンちゃんのようなものですな。

Posted by: Dan | July 03, 2007 12:18 AM

初めまして
アトムがアストロボーイになったのは、たしか、既にアメコミのスーパーヒーローで「アトム」というのがいたからなのでは。
小さくて(文字どうりアトムサイズ)だけど力持ちのヒーローだったような。
JLAのメンバーだった事もあったような。
私は昔アニメ(日本語版の)を観た記憶があります。

Posted by: N | July 03, 2007 12:48 AM

これです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Atom_%28comics%29

Posted by: N | July 03, 2007 12:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鉄腕アストロ:

« 『ライアーゲーム』敗者復活戦はちょっとヘンだ | Main | コリガン家の男たち »