« ゴージャス!「マキの口笛」 | Main | 「竹光侍」の絵 »

December 17, 2006

年末大掃除

 お寒うございます。きょうは久しぶりに書庫の整理をしまして、直接ゆかに積み上げてある本が何とかならんかと。ただしアッチのものをコッチに移すだけではどないもならんことは百も承知。こないだアニメのケロロでも苦心惨憺してましたが(「ケロロ ある男の戦い であります」の巻)、たとえ本棚をどれだけたくさん設置したとしても、スペースと物のバランスがくずれていてはどもならんのですよ。ケロロはいつかつくるかもしれないガンプラ。わたしはいつか読み返すかもしれない本。

 今回は、捨てる物は捨てようと。というわけで、雑誌中心に捨てることにしまして、けっこうかたづけましたよ。竹書房版スターログなんて読み返すことないだろうし。わたしSE/30以来のマックユーザーなのですが、なんでまた過去のハードとかソフトの説明書をいっぱい残してあるのか。

 ウチの書庫は10畳ありまして、壁に沿って天井に突っ張るタイプの本棚をぐるり四方に設置。部屋の中央部にも別の本棚。でも失敗したなあ。書庫をつくったときには(5年前)、背表紙を見せる収納、とか考えていたのですが、書庫に求められる最大のものは収納力。背表紙なんかどうでもよくて、前後二段の収納を基本にすべきでした。当初の作家アイウエオ順に整理、なんて計画はどこかにいってしまいましたよー。

 けっこう整理できて、今はちなみにこんな感じ(ゆかはまだ壮絶なので写しません)。Syoko002_1Syoko001_1

|

« ゴージャス!「マキの口笛」 | Main | 「竹光侍」の絵 »

Comments

 ぜひその壮絶な床が見たいですぅ(笑)
 処分したモノが直後に必要になる、ってこともよくある話ですが、まあ人生どこかでアキラメも肝心ですよね。
 それにしても専用書庫があるのは実に羨ましいです。

Posted by: とんがりやま | December 17, 2006 11:06 PM

ゆかはですねー、蟻塚のように平積みにした本の山のまわりに、縦にした本をに並べてあるという何が何やら状態です。今回の掃除でやっと高野文子「おともだち」(版違いで2冊持ってる)を発掘できました。

Posted by: 漫棚通信 | December 18, 2006 08:46 PM

大変でしょうねー、というのと、うらやましいな~、というのと複雑な思いで写真を見てる人も多いんじゃないでしょうか(笑)。僕も最近部屋が増えて、嬉嬉として本を並べなおしたり、えいやっと捨てたりもしてます。本の整理ってむちゃくちゃ大変で面倒なのにどっか楽しかったりして、何なんだろうっていつも思います。しかし、凄いなぁ・・・・。ウチなんか、最近まで雪崩状態で居住区域がどんどん狭まってましたから。

Posted by: 夏目房之介 | December 19, 2006 10:22 AM

おっしゃるとおり本棚の整理は楽しい作業でもあるのですけど、整理できた、と思ってもそれは一瞬のこと。新しい本を買ってくるとあっというまにまた積み上がってしまって、エンドレスに繰り返すことに。今回つくづく思い知りましたが、どこに何があるか解らん収納は、持ってないのといっしょですね。

Posted by: 漫棚通信 | December 19, 2006 05:54 PM

壁に沿ってある天井に突っ張るタイプのほうの本棚、すごい良さそうな本棚ですね。どこのメーカーのものでしょうか? もし分かるようでしたら教えていただけないでしょうか?

Posted by: イシハラ | January 05, 2007 02:52 PM

これは、鉄鋼大手のヨドコウが作ってたAラックというものですが、ヨドコウは家庭用製品から撤退してしまったのでもう発売されてないはずです。類似製品はあるかもしれません。スチール製品は丈夫で良いのですが、(1)組み立てが重くてたいへん。(2)薄型では前後二段にできず収納力が低い。(3)ペンキ塗りなので紙によってはくっついちゃう。というのが欠点です。もしわたしがもう一度書庫をつくることがあるなら、木製でもっと深い棚にするかも。

Posted by: 漫棚通信 | January 05, 2007 08:10 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 年末大掃除:

« ゴージャス!「マキの口笛」 | Main | 「竹光侍」の絵 »