« トシのせいかしら | Main | 佐川美代太郎のことを話そう »

September 17, 2006

ふたりでマンガ夜話やってます「あしたのジョーの方程式」

 島本和彦/ササキバラ・ゴウ「あしたのジョーの方程式」読みました。

 全190ページ、ひたすら「あしたのジョー」について「だけ」、島本和彦とササキバラ・ゴウが語りつくすという本でして、いや、ほんとひっさしぶりにマンガ夜話を見た気分。楽しい楽しい。

 あしたのジョーの謎と言えば、

(1)ラストシーン、真っ白になったジョーはどうなったか。

がまず出てきますが、わたしにとっては、

(2)なぜ、ジョーは葉子にグラブを渡したのか。

 こっちもよくわかんなかった。愛の告白? にしても何だかなあ。

 さらにこの本で検証される大きな謎が、

(3)なぜ、少年マンガなのに、ジョーは力石・カーロス・ホセに負けたままなのか。

であります。言われてみるまで気づかなかったけど、確かに少年マンガとして異例の展開です。実際に勝ったり負けたりのスポーツマンガを描いている、島本和彦ならではの疑問であり、設問設定です。著者自身が、編集者に「もっとライバルを出せよ。力石みたいな奴」と言われても、力石がマンガの登場人物としていかに特殊であるかを、身をもって知っているからこそ書けた本でありましょう。

 この本では、これらの謎や、(4)ジョーにとって『あした』とは何か、という大問題を、快刀乱麻を断つがごとく解き明かしてくれます。連載終了後、33年目にして。ずーっと頭の片隅で考え続けていたのですね。

 なんといっても、わたしにとって衝撃だったのは、(2)に対する回答でして、おおっ、そうなのか。葉子は腹の底では、ホセとの試合を望んでいたのかっ。葉子も、ジョー、力石、カーロスらと同じ、壊れた連中の一味だったのかっ。この解釈には驚いた。全「あしたのジョー」読者、必読。

|

« トシのせいかしら | Main | 佐川美代太郎のことを話そう »

Comments

さすが面白そうですね。今コンビニ本で刊行されているので、30年ぶりに買っています。すると息子たちが「おもしろい」ってはまっています。息子たちは島本フリークでもあるので、この本は全部読み終わらせて買わないといけないでしょうかね?

Posted by: not a second time | September 18, 2006 09:40 AM

親子でジョーを読まれるのは楽しそうですね。あちこち腑に落ちまくりの本で、オススメです。

Posted by: 漫棚通信 | September 18, 2006 09:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ふたりでマンガ夜話やってます「あしたのジョーの方程式」:

« トシのせいかしら | Main | 佐川美代太郎のことを話そう »