« アメコミの戦後史 | Main | もしフルカラーマンガがあたりまえだったら »

June 24, 2006

すぎむらしんいちと組んだあの人

 「モーニング」で連載されてる、すぎむらしんいちの「ディアスポリス 異邦警察」が各方面で評判なわけですが、「映画秘宝」2006年8月号の大西祥平のコラムにこんな文章がっ。

ところで、脚本クレジットにある「リチャード・ウー」なる謎の人物……設定やネームの微妙なクセから推測するに、湯けむり温泉に浸かっていたあの人では!? と、まったく根拠なしに書いてみる!

 おおっ、そうなのか。湯けむり温泉に浸かってた人というのは、江口寿史と組んだとき説教しまくったというあの人で、「オールド・ボーイ」方面のあの人で、「ボーダー」方面のあの人です。いや、思い浮かばなかったなあ。

|

« アメコミの戦後史 | Main | もしフルカラーマンガがあたりまえだったら »

Comments

↑どうもちがうみたいですね。ディアスポリス1巻のカバー袖によりますと、リチャード・ウー=呉文明となってまして、これは「イリヤッド」の登場人物。となると、脚本は東周斎雅楽=長崎尚志かな。

Posted by: 漫棚通信 | September 29, 2006 08:47 PM

以下に詳細があります。
http://serifugyakuyunyuu.com/lines/keaton/katsu/kyoto-seika.html
http://serifugyakuyunyuu.com/lines/keaton/army/kyoto-seika061108.html

Posted by: 通りすがり | November 14, 2006 12:34 AM

「現代漫画博物館」の別冊にも、長崎尚志=リチャード・ウーとはっきり書いてありました。それにしても「ジナス」のビッグ・オーも長崎だったとは。

Posted by: 漫棚通信 | November 14, 2006 07:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference すぎむらしんいちと組んだあの人:

« アメコミの戦後史 | Main | もしフルカラーマンガがあたりまえだったら »