« 別冊太陽 子どもの昭和史 | Main | 版型はそろわない »

March 29, 2006

マンガにかかる費用

 本年も年度末につき、ここ一年間に使ったマンガ関連費用を計算してみました。家計簿ソフトをまめに使用してるとこういうこともわかります。

 本年は、77万4822円。

 昨年が79万5332円で、その前が71万0890円でしたから、ほぼ横ばい。これは、同居人から渡されるコヅカイの金額がここ数年変わってないから、当然と言えば当然ですが。

 同居人は、わたしがアマゾンとかでカードを無制限に使ってるように非難しますが、でもそこはそれ、一年通すとそれなりの金額に落ち着いてるじゃないですか。けっこう物欲を抑えてるのがよくわかる。エライぞ>自分。

 これが多いか少ないかは、家庭内で意見の対立があるところであります。ただし、マンガに関する文章の本も多いから、全部純粋にマンガじゃありませんけどね。確実なのは、書庫のスペースが間違いなく狭くなっていくという事実。そこは考えないことにしてます。

|

« 別冊太陽 子どもの昭和史 | Main | 版型はそろわない »

Comments

私の年間のこづかいよりも多くの金額を購入にあてておられますね。まんが評論家などの仕事をされているのですか。それなら必要経費ですが。
 わたしは、このブログで紹介されていた「13号発進せよ」を買おうかどうしょうかと迷っております。アップルBOXクリエートに比べれば5分の1ですから。大分安く、結局買うのだろうと思いますが。

Posted by: しんご | March 31, 2006 03:19 AM

書庫の問題は同じです。古いものほど捨てられず・・・高校生と中学生の息子と嫁までマンガを買い始めた今日この頃・・・
最近は透明のプラスティック棚を買い、そこにも入れております。透明なので中に何が入っているかすぐに分かります。
マンガに使っているお金はいくらだろう?年に10万もないでしょうが・・・・復刻本を集めるとなると、すぐに1万ですよね。コンビニ本でいいから、昔1960年代のマンガを出して欲しい。コンビニ本は単行本より読みやすいので、持ってても買ってしまいます・・・。増えるはずだ!!!!

Posted by: not a second time | March 31, 2006 06:52 PM

コメントありがとうございます。
>必要経費
ステキなヒビキですねえ。ずっと勤め人で、確定申告したことは数回しかありません。買った本とかクルマを経費で落としてる人を見ると、ああ、うらやましいったら。ちなみに評論などとはとんでもない、単なる趣味人です。
>コンビニ本
徳間の「ワイルド7」は、ササキバラ・ゴウ編集で決定版ともいえるものでした。他にも嶋中書店のものはかなりすぐれたラインナップだと思います。

Posted by: 漫棚通信 | March 31, 2006 09:26 PM

「病気になったら薬を飲む、本は私の薬だ」というような言葉が出てくる、マンガか、エッセイを読んだ記憶があります。唐沢俊一か、唐沢兄弟だったような気もするが。
私も、病気なので、読みもしない本を買って、妻に怒られますが、 昨年の本代は、マンガ以外も含めて、34万円ほどでした。

Posted by: momotarou | April 04, 2006 12:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マンガにかかる費用:

« 別冊太陽 子どもの昭和史 | Main | 版型はそろわない »