« グレムリンの誕生 | Main | 復刻いっぱい »

January 28, 2006

「格闘探偵団」と自閉症

 小林まことがデビューから延々と描き続けている、プロレスラー東三四郎の物語。今回同時発売された「格闘探偵団」4・5巻で、探偵編終了です。

 プロレスがしたいのに、心ならずも私立探偵となってしまった三四郎、相変わらず暴れさせたら地上最強です。今後またレスラー復帰するみたいですけど、今、格闘技ブームだからなあ、も一度リングに上がった三四郎は見てみたい。

 4・5巻は「走れ!タッ君」とサブタイトルがついてます。今回三四郎とタッグを組むのが、10歳の自閉症児、タッ君です。

 タッ君はセンメンキとしかしゃべらない。一日二時間走らないと機嫌が悪くなる。水を飲むのが大好き、だけど飲みすぎると吐いちゃう。彼が誘拐されて三四郎が絡む展開です。

 自閉症の少年をマンガに登場させて、気負いなく、ごく普通に笑わせ、泣かせ、感動させる。手練の技であり、かつココロザシが高い。小林まこと、エライ。

|

« グレムリンの誕生 | Main | 復刻いっぱい »

Comments

私は児童相談所に勤めていて、自閉症のお子さんに、お会いする機会が多いのですが、小林まことの自閉症理解は、ほぼ正しい。最後の「この子は、いい人と悪い人を見抜く能力がある云々」(本が手元にないので、正確ではありません)は、ちょっと、障害者=善みたいな感じで、まちがい。脳に障害があるので、自分の行動の善悪もわからないのですから、善人、悪人の区別はつきません。しかし、「光とともに」よりも、何倍もいい。娯楽マンガに、「障害者」が、どんどん登場することが、「ノーマライゼーション」の推進につながると思います。なんてね。「リアル」もいいなー。

Posted by: momotarou | February 01, 2006 08:54 AM

コメントありがとうございます。マンガに限らずフツーというのがなかなかできないことなんですよ。自分の経験からしても、けっこうかまえちゃいまして、いつも反省してます。

Posted by: 漫棚通信 | February 02, 2006 08:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「格闘探偵団」と自閉症:

« グレムリンの誕生 | Main | 復刻いっぱい »