« 1973年の少年マンガ地図 | Main | 作者はいち子ちゃん「リトル・フォレスト」 »

September 04, 2005

今日はだらだらと

 エウレカとか見たりしてました。ブックオフで田中圭一「ドクター秩父山」(ぶんか社版じゃなくて古いスタジオ・シップ版のほう)とか、吉崎観音「アーケードゲーマーふぶき」(すがやみつるとの対談つき)をゲットしてちょっとうれしい。

 あと、「comic 新現実」のみなもと太郎「トーク版お楽しみはこれもなのじゃ」を読んでて、ぶっとんだことがひとつ。永井豪の怪奇モノの短編で、園田光慶そっくりの絵で仕上げをしてたのは、西郷虹星だそうじゃないですか。そうだよなあ、永井豪があんな絵描けるはずないもんなあ。西郷は「ぼくらマガジン」の「ハルク」描いてた、すっごく絵のうまいヒトです。

 このみなもと太郎の連載、むちゃくちゃ面白かったのですが、整理されてないトークだから話題あっちこっち飛んで、ちょっと読みにくい。来春、単行本化するそうですが、注釈むずかしいぞー。なんせ西郷虹星のところだけでも、永井豪の短編見せて、西郷作品見せて、西郷虹星の略歴書かなきゃ。読者には謎の言葉や人物が頻発するから、キチンと書いてたら本文より注釈のほうが長くなったりして。

 元祖のほうの「お楽しみはこれもなのじゃ」が単行本にまとめられたのは、連載終了後12年たってからでした。さて今度はどうなる。

|

« 1973年の少年マンガ地図 | Main | 作者はいち子ちゃん「リトル・フォレスト」 »

Comments

 永井さんの怪奇もの短編というのが、100ページ一挙掲載の『鬼』でしたら、西郷虹星さんと一緒に川手浩次さん(森田健次先生のアシスタント出身)も手伝ってました。

 当方のブログ連載でも、まもなく、以下のような、当時の話が出てきます。

* * *

『鬼』の方は、新進マンガ家で後に『週刊ぼくらマガジン』で『超人ハルク』を描く西郷虹星さん、まもなく『別冊少年サンデー』で児童文学作家の山中恒氏原作の『天文子守唄』を連載する川手浩次さんたちが手伝って、かろうじて、『少年マガジン』の目玉になっていた100ページ読み切りに穴をあけずにすませていた。
 ダイナミック・プロでは、石森先生のところで永井さんの先輩に当たる野口竜さん(まもなく『少年サンデー』でアリステア・マクリーンの『女王陛下のユリシーズ号』をマンガ化。ペンネームは野口太陽)や、その後、ダイナミックプロの中核のマンガ家になる石川賢さんが、仕事を手伝っていた。
 仕事場で、高下駄を履き、竹刀を持って、後輩をしごいていたのは、やはり、石ノ森章太郎先生のアシスタント経験があり、後に永井さんの作品『マジンガーZ』を『冒険王』に連載することになる桜多吾作さんだった。
 その取材の際に、永井さんのお母さんが一生懸命思い出しながら、正直に教えてくれた永井さんの食事のメニューに対する石垣純二氏のコメントは、「死にたくなかったら、早く結婚しなさい」だった。

 * * *

『鬼』の原稿が落ちる、落ちないで大騒ぎしていたとき、編集プロの仕事でダイナミック・プロに原稿取りにいっていました。「別冊・少年マガジン」に掲載されたマンガ家の仕事場風景と1週間の食事メニューの特集でしたが、ダイナミック・プロでは、仕事場のイラストなど描いている暇がなく、結局、ぼくが代筆することになりました。

 ……しかし、われながら、あちこちに顔を出してますね。この頃のマンガに関連した事件では、「アシュラ騒動」なんてのもありましたが、このときはジョージ秋山先生の助っ人アシスタントをしておりました。

Posted by: すがやみつる | September 05, 2005 12:56 AM

わっ、コメントありがとうございます。
すがや先生、やっぱり時空を越えて遍在されてるじゃないですか。「仮面ライダー青春譜」の今後の展開、楽しみにしております。

Posted by: 漫棚通信 | September 05, 2005 08:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今日はだらだらと:

« 1973年の少年マンガ地図 | Main | 作者はいち子ちゃん「リトル・フォレスト」 »