« クロマティ高校事件解決策 | Main | ホームドラマとマンガ »

July 06, 2005

「フーテン」のおわり

 永島慎二が亡くなりました。

 「フーテン」は、おそらくわたし持っているマンガのうち、最もくり返し読んだ作品です。一時は年に一回かならず読むようにしてました。わたしの手許にあるのは、1972年青林堂刊の上下巻のヤツ。豪華限定版の一巻本も発行されてますが、普及版の上下巻でもハードカバーで立派なものです。

 「フーテン」は1967年虫プロ「COM」で連載が始まり、1968年に永島の長期のアメリカ旅行をはさんで、1969年からは秋田書店「プレイコミック」に連載を移して1970年に終了。

 児童マンガ家・長暇貧治はマンガが描けなくなり、新宿でフーテンと呼ばれる若者たちと遊んでいます。時代は1961年から1963年。このころの長暇を中心に、周辺の若者たちをスケッチした作品です。若者の夢と彷徨を描いた作品として、先駆的かつ名作でありました。

 よく私小説的と言われますが、主人公がマンガが描けなくなったと言って悩むのが新しかった。ここまで女々しい主人公はそうはいません。かつて、わたしがこの作品に強くひかれたのも、この文士的女々しさが心地よかったからじゃないか。ニッポンのオトコノコは弱音を吐くのを禁じられていました。だからこそ、そのタブーを破るヒトビトがうらやましい。

 ただし、長暇貧治はマンガが描けない描けないと言っていますが、実際の永島は、この時期1961年から「漫画家残酷物語」の連作を開始しており、悩みながらも名作を描き続けていました。

 生活は苦しかったらしく、1964年から1966年までは虫プロでアニメ制作に参加。その後1967年からは、「COM」「ガロ」「週刊少年キング」の3誌に同時に作品を発表するという、メジャーとマイナーをまたにかけた活躍。さらに朝日ソノラマなどから単行本も次々と発行され、永島ブームが到来しまた。

 1970年7月、プレイコミックで「フーテン」が終了した時の文章。

この度、P・Cにて1年近く、れんさいさせて戴いた“フーテン”を未完ながら、一度おわらせたいと決心しました。
このところ、又体の調子をくずして、再度入院することとなり、その上、現在の私は作品を作る意欲にかけます。
このまま描きつづけることは、たとえできたとしても。それは惰性にすぎず、読者諸兄および自分にまでウソをつくと、イヤ、うそをつきつづけることになると考えるのです。

少しオーバーにいえば“フーテン”は私のライフワークになるはずでした。その“フーテン”をはなしなかばで投げだす漫画家としての私は、すでに職業漫画家としては失格で、今までも何回か作品なかばにして挫折して来ましたが、今度の場合その集大成とも、いえるのではないかと思います。

 少年キングの「柔道一直線」からの降板はこれより先、1970年春です。永島慎二はいつまでも「悩めるマンガ家」でした。

 1972年に少年向け短編で小学館漫画賞受賞。1980年代からはストーリーマンガからはほぼ引退状態となり、イラストや「旅人くん」などの4コマ中心に。晩年には、「フーテン」続編として虫プロ興亡記なども計画されていたようですが、果たせぬ夢となりました。

 ご冥福をお祈りします。

|

« クロマティ高校事件解決策 | Main | ホームドラマとマンガ »

Comments

フーテンは連作であっても短編で、
製作に限界があるのは短編作家の宿命とも
言えますね。ここから逃れる条件としては
★手塚のように短編のネタが桁はずれに多い
★アイデアに苦労しない長編を描く
★小説の漫画化など脚本を他に求める
ですが、彼はどれも合わなかった。
ワタクシ的には梶原ではなく、
たとえば漱石の「三四郎」を永島が描いていたら?という考えが浮かびます。

ご冥福をお祈りします。
作家は死んでも作品が生きているから
常人よりずっと幸福ですね。

Posted by: 砂野 | July 07, 2005 11:27 PM

COM、ガロ、柔道一直線と同時期、少年画報に梶原一騎原作で「挑戦者AAA(トリプルエース)」というのが連載されてまして、確かガン撃ちまくるスパイアクション。わたしは大好きだったんですけどねー。

Posted by: 漫棚通信 | July 08, 2005 07:39 PM

ガンアクションは貸し本期に描いているので、
回帰的安定感がありますね。

Posted by: 砂野 | July 09, 2005 09:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「フーテン」のおわり:

» 永島慎二さんの漫画 [uritarouのビブリオマニア生活]
 今朝の新聞報道で漫画家の永島慎二さんが6月10日に亡くなられたことを知りました。初めて永島慎二さんの漫画を読んだのは小学生の頃、「COM」に連載されていた「フーテン」だったと思います。ですが、その後は永島さんの作品はほとんど読む機会がありませんでした。「漫画家残酷物語」など、多くの作品に触れたのは、大人になってアニメ関係の仕事に関わるようになってからです。私よりすこし上の世代の先輩たちの間では、永島慎二さんはカリスマ的存在でしたから。永島さんの作品を読まないことには、会話に参加することが出来なかっ... [Read More]

Tracked on July 06, 2005 07:00 PM

» 追悼・永島慎二 [mm(ミリメートル)]
 {{19966,永島慎二}}さんが亡くなった。  マンガ家としては引退状態であった人だから、いまの若い人たちにはまったくなじみのない名前だろう。  間違えるやつが絶対出てくるだろうか... [Read More]

Tracked on July 06, 2005 08:31 PM

» 永島慎二さんの代表作は「柔道一直線」? [親を見りゃ、僕の人生こんなもの!]
リンク: NIKKEI NET:社会 ニュース.  私たちの世代は「スポコン」と [Read More]

Tracked on July 07, 2005 12:52 PM

« クロマティ高校事件解決策 | Main | ホームドラマとマンガ »