« 手塚治虫と医学専門部 | Main | 手塚治虫と学歴 »

May 03, 2005

手塚治虫と年令

(前回からの続きになります)

 手塚治虫は1928年(昭和3年)生まれですが、生涯、1926年(大正15年)生まれと自称していました。これはいつから何のために始まったのでしょうか。

 ネット上には、手塚が医専出身をごまかすために年令を詐称したなどと、おバカな話が出回ってますが、そんなことはありません。手塚のデビューは1946年1月。「小國民新聞」(のちの毎日小学生新聞)連載の「マァチャンの日記帳」です。そのときの作者紹介。

・あたらしく、あすかられんさいするまん畫(ぐわ)「マアチャンの日記帳」の作者手塚治蟲(てづかはるむし)さんは、みなさんと同じくりくり坊主で、十九歳のお兄さんです。毎日、大阪帝大醫學専門部に通學して、お醫者さんになる勉強をしてゐられますが、小さいときからまん畫が大好きで、國民學校二年生のときからいろいろのまん畫をかいて、たのしんでゐられました。あまり上手なので、みなさんのために、れんさいすることにしました。ほがらかなマアチャンをかはいがつてあげてください。

 このとき手塚治虫、17歳。中学は4年で修了してしまっていましたから、医専の同級生の中でも最も若い年令です。手塚は、デビューのときから、年令を2歳多く自称していたことになります。これは確信犯なのか、あるいは誤植をそのまま利用したのか。

 1945年、阪大医専部に入学したときの手塚の写真(伴俊男「手塚治虫物語」)や、1946年ごろ、友達とおちゃらける手塚の写真(泉谷迪「手塚治虫少年の実像」)が残ってますが、今でいうならフツーの高校生。むしろ童顔で、中学生といっても通るかもしれない。

 こういうトッポイ顔の17歳が、マンガ家として売り出そうとしてるわけですから、2歳、年を多く言うのもむべなるかな。もしかしたら、医専の年上の同級生と伍して酒を飲むときも、年令のサバ読んでたかもしれません。

 いずれにしても、手塚治虫はデビューのときの年令を使って、一生過ごすことになりました。

 以下次回。

|

« 手塚治虫と医学専門部 | Main | 手塚治虫と学歴 »

Comments

「マァチャンの日記帳」の1946年で「十九歳」というのは、数え年ということは考えられないでしょうか。

Posted by: fukueri | October 25, 2012 09:55 PM

昭和3年11月生まれで、昭和21年1月に数えで19歳。おっしゃるとおりですね。その後の手塚がずっと大正15年生まれと自称していたのは、そのあたりの勘違いを利用したのかもしれません。

Posted by: 漫棚通信 | October 25, 2012 10:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 手塚治虫と年令:

« 手塚治虫と医学専門部 | Main | 手塚治虫と学歴 »