« 雑談で失礼 | Main | 「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」を読んだのだ!! »

May 30, 2005

「A」を叱る(やっと後編)

前編からの続きです)

 さて、2005年5月29日放映の日本テレビ「A」であります。「台湾でマンガ家デビュープロジェクト」の後編は、TV番組として面白いかどうかはまあ別にして、以下のような展開です。

 TV番組の企画で、台湾マンガ出版社訪問を続ける、27歳女性。2日目に訪れたのは、先端出版と、全力出版。前回、評価の対象にならなかった「リアリティのある大人向けギャグマンガ」はあきらめて、少女マンガタッチの母子モノを提出しました。

 実際の作品はコチラ

 絵のレベルはともかく、見開きの右ページか左ページか、タチキリが混乱しすぎてないかい。

 以前のギャグマンガを引っ込めて、ストーリーマンガに変更したのは作家の判断ですから、何も言うことはありません。彼女は徹夜で作品を修正し、翌日、これまで訪問した4社に修正したストーリーマンガを届けました。

 そして、最終日、ホテルのチェックアウト時間を過ぎてから、ホテルに青文出版社から電話がかかってきます。「採用じゃないけど、今後もサポートする」という内容でした。そして涙があってオシマイ。

 番組ホームページによると、後編はこんなふう。

 チェックアウト時間を過ぎてからの電話に作為はないのか(ま、あると考えるのがフツーか)。

 今回、最大の問題は、4社に同じマンガを送るという、二重投稿どころか、四重投稿という行為です。修正前に、それぞれの出版社が異なったアドバイスをすれば、どうするつもりだったのか。もし、複数の出版社が手を挙げてたら(ありえないことでしょうが)、どうするつもりだったのか。なーんにも考えてないな。

 さて今回の企画は、メデタシメデタシなのでしょうか。青文出版社は、彼女と本気でお付き合いするつもりなのか。結局、この結果ってペンディングでしょ。何も決まってないし、何も始まってない。

 マンガ家志望者の役にも立たず、台湾の出版社に迷惑かけまくり、しかも番組としては失敗で、視聴率も取れず。日本のTV局がでたらめやってるのは、日本人なら百も承知ですが、よその国まで行って、好き放題やってんじゃないよっ。

|

« 雑談で失礼 | Main | 「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」を読んだのだ!! »

Comments

ヤラセですね。
携行した作品は各出版社に
最初からすべて見せなければおかしい。
一本がダメと言われたらその場で別のを出すに決まってます。(日数がたっぷりある場合でも同じ。出し惜しみにメリットなし。)
本物なら番組から
出し惜しみしろと言われても従いません。つまり芝居であり、徹夜で描きなおしたというのも
嘘でしょう。そこだけ本当にやる意味が無い。
泣いたり抱き合ったりの演技は簡単です。
それでテレビの主役になれるんだからやりますよ。


Posted by: 砂野 | May 30, 2005 06:42 PM

バラエティなんですから、厳密な倫理までは求めませんが、全面的に演出をすればもっと面白くなったんじゃないでしょうか。いずれにしろ中途半端で悲しい企画でした。

Posted by: 漫棚通信 | May 30, 2005 09:14 PM

お初に書き込み致します。elielinです。
今日番組を見ました…あの…評価なんかしていませんよ。ただ「救いようの無い絵と比べて、ストーリーの方はまた着眼点が(台湾人の視点から見ると)独特なので、救えるかも」って言ったと思いますが。もっと男の先生というキャラクターを活用して、親子間の衝突をもっと何かがアクシデントを作って、構成を直してプロットで再提出を求めたんです…返って来たのが、番組HPにあるあれなんですが。辛うじて持っていた話の主軸である「参観日」もいつの間にどこかへ行った、あれを見せたら本当にがっかりしました。
簡単なプロットでもいいから、付けてほしかったです。それがない分、うちでデビューする意欲がないと、こちらが勝手に断定されてもしょうがないと思います。じゃ別に最後わざわざ来なくていいと思いますけどね…ただ印象を悪くするだけですし。
最初は、日本では描きたいものが描けない(例えば時代劇描きたいのに、占いや学習漫画ばかり描かさせている)漫画家、もしくは扱いたいテーマが日本で受けづらいとか(例えば東南アジアの歴史モノや差別関係の話)、もとエロ漫画家で他国でイメチェンしたいとか、変り種の漫画家さんを期待していましたけど(また番組を見ようとしたら自分もこのような内容が見たいですし)。せっかく国の超えた漫画繋がり企画なのに、本当に残念ですね。
漫棚通信さんのブログを読んで、本当にいろいろと勉強になります。これからもよろしくお願いいたします。

Posted by: elielin | May 31, 2005 01:58 AM

こんにちは。今回は、ほんとにご苦労様でした。もし次の機会があれば、そのときこそ何とか生産的な結果が得られるといいんですが。

Posted by: 漫棚通信 | May 31, 2005 02:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「A」を叱る(やっと後編):

» 漫画家志望番組「A」 [雑多作家のブログ]
http://mandanatsusin.cocolog-nifty.com/ [Read More]

Tracked on May 31, 2005 03:59 AM

« 雑談で失礼 | Main | 「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」を読んだのだ!! »