« シートンいろいろ(その1) | Main | 永劫回帰のココチヨサ「ハチミツとクローバー」 »

April 21, 2005

シートンいろいろ(その2)

(前回からの続きです)

 谷口ジロー版ロボと、村野守美版ロボの類似点は以下のとおり。

 谷口ジローのロボでは、オープニング、ロボとその一味がウシを襲うシーンから始まります。その声を焚き火をしているふたりのカウボーイが聞いている。若いほうが、オオカミを追いかけようとすると、老人がムダだと言う。

 このシーン、まるきり村野版と同じです。原作はシートンの一人称ですから、こんな老人と若者のカウボーイコンビなど登場しません。

 セリフも似ています。谷口版の老カウボーイ。「あいつはただのオオカミじゃない」「悪魔がのりうつってるのさ」

 村野版では。「あれはただのオオカミではない」(略)「まるで人間をあざ笑っているばけものだ」

 次に、ロボの群がウシを襲うのをカウボーイが目撃するシーン。谷口版では、老カウボーイの回想として描かれますが、村野版では、別のカウボーイが酒場で回想する形です。で、彼らはともに、興奮してライフルでロボに発砲するのですが、原作では、この男は銃を撃たないのです。銃撃という演出が似ている。

 テキサスのタナリーという男が登場して、ロボを追いますが、彼の造形が似ている。通常より背の高いカウボーイハットと、皮製らしい上着。面長の顔にヒゲ。

 シートンがロボに罠をかけ始めて次々と失敗。ロボと一緒に行動しているメスのブランカをねらって罠をかける。谷口版では、シートンがこのように言います。「これが失敗したなら」「もう……」「私はロボを追うことはないだろう」

 村野版では。「もし今度の作戦でもロボに負けたら…」「残る手だてはわたしにない!」

 ともに、これが最後の作戦との決意を表明していますが、実は原作では、シートンはこれが最後だとは思っていません。この劇的なセリフの演出が似ている。

 谷口ジローのオリジナリティはどこにあるのでしょうか。大きくは3点。まず、パリのシートンを描いたこと。今泉吉晴の評伝によっています。

 次に、シートンが遠くからロボを目撃するシーン。これは原作や村野版にはない見せ場になってます。

 そして、ブランカやロボが罠にかかるシーンを描いたこと。原作では、シートンの一人称ですから、罠にかかった彼らを発見するシーンはありますが、罠にかかるシーンは直接は書かれません。

 ここは全編のクライマックスともいえるわけで、マンガならぜひとも描写したいところでしょう。谷口ジローの演出は、ブランカが罠にかかるシーンを7ページ、ロボが罠にかかり、その後、牛に襲われるまでを11ページかけてじっくり見せます。村野版は原作どおりに、そのシーンはあえて描いていません。(ほるぷ出版の宮田淳一版には、罠にかかるシーンは、あります)

 これらの谷口ジローのオリジナリティある構成は認めながらも、特にオープニング、ふたりのカウボーイのシーンが、村野守美版に似てるんだ。このくらいの類似がなんだと思われるかもしれません。同じ原作を脚色してるんだから、似ないほうがおかしいのかなあ。でもやっぱり、この類似は気になります。

 こうなると、ぜひとも1974年の「谷口治郎」版が読みたいところです。これではどうなってたんだろうなあ。でも、おそらく読むことは不可能。

 わたしの推理では、谷口版、村野版に共通する元ネタがあるんじゃないか。リライトされた小説か、アニメか、実写映画か。まさかマンガじゃあるまい。

 と、ここまでひっぱって書いてきましたが、今回、オチはありません。結局、これについては確認できませんでした。

 子供向けにリライトされた「ロボ」をいろいろ読んでみましたが、マンガのような脚色をしている作品は見つかりませんでした。アニメに関しては、1990年ごろ、複数の「ロボ」が発売されているようですが、未見です。

 あとは、実写映画。ディズニーが「狼王ロボ」(THE LEGEND OF LOBO)を1962年に制作し、1963年に日本でも公開、1973年にはリバイバル公開されてます。英語版のビデオを取り寄せることは可能なようですが、うーむ、考えちゃうなあ。

|

« シートンいろいろ(その1) | Main | 永劫回帰のココチヨサ「ハチミツとクローバー」 »

Comments

>でも、おそらく読むことは不可能。

そんなことないですよ。図書館で所蔵してる場合とか結構ありますし。
とりあえず、ここにはあるみたいですね。
http://www.library.metro.tokyo.jp/
(蔵書検索から谷口治郎で検索)

公立図書館どうしで相互貸し出しをやってる場合が多いですから、別の自治体に住んでいたとしても、地元の図書館の司書さんに相談してみてくださいな。
インターネットで調べてどこそこの図書館にはあったよ、と言えば借りれる可能性は高いですよ。

Posted by: soorce | April 21, 2005 10:47 PM

おおっ、その手がありましたかっ。コメントありがとございます。他地域の図書館からの取り寄せサービスはときどき利用してるんですが、マンガに関しては思い浮かびませんでした。問題はこのサービスを使ったとき、館外への持ち出し禁止だし、コピーにも制限あることですねー。

Posted by: 漫棚通信 | April 22, 2005 10:10 AM

こんにちは。初めまして!
狼王ロボ好きで調べていたら辿りつきました。
2005年という記事ながら、楽しく拝見し、
書き込みさせていただきました。

私が大切に持っている漫画版シートン動物記は
石ノ森章太郎さん著、堀江卓さん絵のもので
手塚治虫先生の書評もついているものです。
学研まんが名作シリーズ として昭和55年ころ出版されました。
ディズニーっぽい生き生きとした絵柄で
子供の頃何回も読み直して大好きな作品です。
もし、未読でしたら、こちらもぜひ読んでみてください。
オススメです^^

Posted by: ブランカ | February 18, 2013 07:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シートンいろいろ(その2):

« シートンいろいろ(その1) | Main | 永劫回帰のココチヨサ「ハチミツとクローバー」 »