« 安彦良和の選択:アニメよりマンガ | Main | シガテラとは »

December 14, 2004

ぽっこかぼっこか

 モニタ上の字ではわかりにくいのですが、このタイトルは「pokko」か「bokko」かと書いてあります。何のことかというと。

 先日、わが家の同居人その3が図書館から借りてきた本に「学研まんが人物日本史 福沢諭吉」(1980年)というのがありまして、著者は太田じろう。あらー、なつかしい名前。あいかわらずうまい絵だなあ。学習マンガあなどるべからず。

 太田じろう:1923年東京生まれ。児童マンガで活躍し1959年第5回小学館漫画賞受賞。

 いっぽうBSマンガ夜話のあすなひろしの回の流れで、ネット上にある、みなもと太郎があすなひろしのことを語ったインタビューを楽しく読んでいたのですが、ここに太田じろうの名が。

・太田じろうは少年誌でお相撲さんの漫画を、幼年誌では「こりすのぽっこちゃん」を、「りぼん」では可愛いのを描き分けて(以下略)

 さてここで、あれ、みなもと太郎は「pokkoちゃん」と言ってますが、「bokkoちゃん」じゃなかったっけ、と。わかんなくなっちゃいました。そこでgoogleで検索してみました。

・こりすのぽっこ(pokko):12件
・こりすのぼっこ(bokko):10件
・こりすのぽっこちゃん(pokko):13件
・こりすのぼっこちゃん(bokko):0件

 ぽっこちゃん(pokko)派優勢です。いろいろ読んでみますと、

・1963年「小学一年生」には「こりすのぽっこちゃん(pokko)」というマンガが連載されていた。

・そのころに「こりすのぽっこちゃん(pokko)」というタイトルの絵本(鈴木出版)もあった。

・1958年には「こばと」という雑誌に連載されていたらしい。

・1959年の受賞作タイトルは「こりすのぽっこ(pokko)」派と「こりすのぼっこ(bokko)」派が拮抗している。でもなぜかタイトルに「ちゃん」はついてない。

・日本児童教育振興財団のサイトでは「こりすのぽっこ(pokko)」ですが、小学館のサイトでは「こりすのぼっこ(bokko)」と書かれています。ともに「ちゃん」はついてない。

 印刷物ではどうか。虫プロ「COM」1970年7月号に御本人のインタビュー記事が載っていました。

 高等小学校を卒業後、いわゆる「かき版屋」に就職。その後映画の看板描き。ほかにも新潮社や東宝の美術部に勤めたこともあるそうです。戦前には絵本の仕事も。

 戦後「漫画自由人」に参加。井上一雄の急死にともなうピンチヒッターで少年クラブに「お山のくろちゃん」を連載開始、人気を得る。この記事にはちゃんと受賞作は「こりすのぽっこちゃん(pokko)」であると書いてあります。民放テレビでも4年間人形劇として放映されたそうです。

 ネットでもやっと書影をみつけました(古書店のサイトなので、売れたら消されちゃうでしょうが)。1960年の集英社「こばと」第3巻第2号は「お正月増刊ぽっこちゃん号」、第3巻第6号は「春の増刊ぽっこちゃん号」と題されてます。

 やっぱり「ぽっこちゃん(pokko)」だったか。

 おそらく諸悪の根源は小学館のサイトです。ここが「こりすのぽっこちゃん(pokko)」を、「こりすのぼっこ(bokko)」しかも「ちゃん」抜きで誤記したせいで、ここから引用されるかたちでまちがいが流布したのでしょう。

 このような戦後マンガ史の重要メンバーの主要作品が、こんなことでいいのか。小学館、しっかりせんかっ。

|

« 安彦良和の選択:アニメよりマンガ | Main | シガテラとは »

Comments

victory!(笑)
ちなみにお相撲さんのマンガは「出世がんた山」
大田じろう氏は「なみだ目」の発明者であろうと
私は考えております。

Posted by: みなもと太郎 | December 16, 2004 01:34 PM

コメントありがとうございます。「なみだ目」といいますと、目と涙のしずくをつなげてひょうたん型に描く手法ですね。「福沢諭吉」でも数ヵ所出てきてました。

Posted by: 漫棚通信 | December 16, 2004 09:45 PM

あの「なみだ目」が次の世代の「よだれ口」なんかに応用されていくんですね。
大田先生はあの歴史シリーズで「吉宗」「西郷隆盛」も描かれています。「福沢諭吉」が多分絶筆になった筈です。漫画史に語り残したい巨人ですね。
では〆切り5時間前の修羅場なので(ナニやっとるんだ)。

Posted by: みなもと太郎 | December 17, 2004 12:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ぽっこかぼっこか:

« 安彦良和の選択:アニメよりマンガ | Main | シガテラとは »