« マンガの中の中国人 | Main | 「夕凪の街」の日 »

November 20, 2004

出直してきたまい、クロマティ高校っ

 野中英次「魁!!クロマティ高校」11巻を読んでおりました。あいかわらずだなあ、はははは、へらへらへら。毎回のラストページの欄外にあるコメントも笑えるんだよね。担当編集者が書いてるんだっけ。と、このような文章が目に。

・たぶん体積は一緒だと思う。

 どういう話かというと、クロマティ高校に通学するロボットのメカ沢。こいつは円筒形の体をしておりまして、こいつが坂を転げ落ちて側溝にはまりこんでしまい、直方体になっちゃう、というマンガです。でもって、上記のコメント。

 ぶわっっっかもーーーんっっっ!!!

 メカ沢の身長が変化しないとしたら、体積は底面の面積の問題として考えることができます。つまり、円周と四角形の周囲の長さが同じ場合、どちらの面積が大きくなるか、ということ。

 たとえば半径rの円の円周は 2πr
 四角形が正方形であるとすると正方形の一辺の長さは 2πr/4
 円の面積は π×(rの2乗)
 正方形の面積は (2πr/4)の2乗
 これで 円の面積:正方形の面積 の比を計算すると
 答えは 4:π で、円の面積のほうが大きい。
 正方形が長方形になっても、面積は正方形よりさらに小さくなるばかり。
 やはり円の面積のほうが大きい。

 つまり直方体の体積のほうが円筒形より小さくなるのは、あったりまえだっ。

 だいたい円筒形をぶつけてひしゃげたとき、体積が同じと思うか? こんな小学生の問題を間違うようじゃ「面白くてためになる」講談社はいったいどうした。加藤謙一と野間清治が泣いておるぞ。小学校から出直してきたまいっ。

|

« マンガの中の中国人 | Main | 「夕凪の街」の日 »

Comments

いやしかし、メカ沢の内部に詰まっている機械量全体は変わらないのだから、どこかにその部分が移動しているはずであって・・・もともとメカ沢・オリジナルバージョンにはだいぶ空洞部分があったのか?

Posted by: グリフォン | November 21, 2004 06:54 AM

空洞部分どころか、何かにあたるとボコボコに変形するわけですから、ありゃ内部スカスカです。というか、メカ沢の内部にぎっちりメカがつまってたら、そっちのほうが気持ち悪いかも。

Posted by: 漫棚通信 | November 21, 2004 07:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 出直してきたまい、クロマティ高校っ:

« マンガの中の中国人 | Main | 「夕凪の街」の日 »