« 全員一番バッター | Main | 吉田光彦「ばく食え」←どうして文庫なの »

October 26, 2004

Nessun dorma, nessun dorma...

 「Nessun dorma」とはプッチーニのオペラ「トゥーランドット」の中で歌われるアリア(だそうです)。「誰も寝てはならぬ」と訳されます。

 舞台は昔々の中国・北京。放浪の王子カラフは、この国の姫トゥーランドットに求婚しますが、3つの謎を解かなければならない(かぐや姫とか長靴をはいた猫みたいですね)。この謎解きに失敗すると殺されてしまうのです(なんちゅう姫や、殺人鬼やん、こんなのに求婚すんなよ)。見事に謎を解いたカラフですが、トゥーランドットは納得しません(やなヤツやねー)。そこでカラフは逆に、自分の名を当てる事ができたら結婚しなくてもいいよと、姫に提案します。姫は北京の民に命令します。世を徹して男の名を調べ上げよと(中国人もタイヘン)。つまり「誰も寝てはならぬ」ですね。

 カラフは夜中にひとりで歌います。

「姫は誰も寝てはならぬと言うてんねけど、ボクの名前はまあわからへんわね。朝になったらボクの勝っちゃ」

 このあとカラフを慕う娘が捕えられ責められますが、カラフの名を言わないように自ら命を絶っちゃいます。これを見たトゥーランドットは改心して真実の愛に目覚め、カラフと抱き合って終わり。「彼の名がわかりました。彼の名は『愛』です」(ちょっと待てーっ、今まで殺された求婚者や死んだ娘の立場はどうなるっ)[参考:青池保子「エロイカより愛をこめて」皇帝円舞曲]

 とまあこういうお話ですが、このアリアのタイトルを拝借しているサラ イネス「誰も寝てはならぬ」第2巻が発売されました。なんでまたこのタイトルなのかしらん。

 大阪出身のゴロちゃんとハルキちゃん。東京赤坂の零細デザイン事務所の社長とイラストレーター。関西弁でもっちゃりと展開するひたすらお気楽な日常。それぞれの回のタイトルがSS31「さあさあソレやん」とかSS36「公園でウダウダ」とかSS39「んなワケないやろが」ですからねー。お気楽でしょ。でもわかんないのがこの「SS」。何のこと?

 いいなあ、楽しいなあ。人であるなら悩みも苦しみもあるはずなんですが、それがすべて会話の中で昇華されていく感じ。このマンガの中はこの世の楽園か。前作「大阪豆ゴハン」との違いは、ゴロちゃんバツサンの独身、ハルキちゃんバツイチの独身なんで、男女のオハナシが多いところですね(というか、どうも恋愛がテーマのマンガらしい)。でも登場人物がみんなオトナですから、からっとしてる。

 サラ イネスは前作ではサラ・イイネスとなのってましたが、改名してます。このナカグロのあるなしに何かこだわりがあるようで。

|

« 全員一番バッター | Main | 吉田光彦「ばく食え」←どうして文庫なの »

Comments

 突然ですが、ご連絡致します。
>でもわかんないのがこの「SS」。何のこと?
 実は私もはっきりとはわからないんですが、WRC(世界ラリー選手権)で、スピードと時間を競うステージの事らしいです。
 
 ようしらんけど。

 ちょっとした疑問が何かの手助けになればと思いました。ではごきげんよう。

Posted by: ウンコー | November 23, 2006 09:29 PM

ラリーのスペシャル・ステージ=「SS」? そりゃわからへんわー。

Posted by: 漫棚通信 | November 23, 2006 11:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Nessun dorma, nessun dorma...:

« 全員一番バッター | Main | 吉田光彦「ばく食え」←どうして文庫なの »